ビジネス

現代社会のサラリーマンと様々な働き方について

ビジネス

nakamuです。

現代社会は変化が激しい時代となっている状況です。

その辺り、サラリーマンとして働くのか?

それとも別の働き方をするのか?

幅広い働き方などについて”働くとは?”を考察したいと思います。



サラリーマンとは?

何処かの会社で雇われながら会社勤めとして、安定的に給料を貰う雇用形態です。

一括りに、サラリーマンと言えども様々な雇用形態がありますので、白黒はっきりとした職業ではない場合もあります。

日本では一番多い雇用形態と言われています。

サラリーマンの雇用形態メリットデメリット

簡単に雇用形態の説明とメリットデメリットなどをお話します。

サラリーマン、いわゆるサラリー制度とは、何よりも安定が一番です。

安定的に給料が貰えるとライフサイクルも安定します。

やはり生活が安定すると、ご自身のメンタルも一番安定しますので、不安な生活を防げるのがメリットです。


様々な働き方について

人は不安な生き物です。

誰しも、安定を求めているのでサラリーマンとして働いている人は多いですが国によってはフリーランス、自営業が多いのも見受けられます。

また雇用と言えども、様々な業種、業態、職種があります。個人的にはサラリーマンも一つの雇用形態だと思います。一概にサラリーマンとして働くのは人それぞれです。

何故かと言うと、世の中は様々な働き方と様々なお金の稼ぎ方があるからです。

働き方としては雇われのサラリーマン、独立、フリーランス、自営業、個人事業主、法人設立(株式会社、有限会社、合同会社など)アルバイト、パート、派遣などなど様々な仕事としての働き方があり、その辺り全て、ひっくるめると一重に「仕事」です。

それぞれの働き方としては、一長一短が必ずあります。

サラリーマンとしての働き方

まずはサラリーマンについてです。

サラリーマンを深掘りしていくと、正社員、派遣、契約社員、パートなどの雇用形態があります。

その中でも、一番安定をしているのが正社員です。

海外のサラリーマンはジョブ式が多いので正社員と言えども簡単に雇用が切れます。

転職も積極的です。

海外の正社員に対して、日本の正社員は基本的に終身雇用を前提として雇用している為、簡単に切る事が出来ません。

恐らく、世界を見渡しても一番安定しているのが日本の正社員サラリーマンだと思います。

日本のサラリーマンは最強です。

契約社員としての働き方

次に契約社員についてです。

契約社員はご存知の通り、契約次第で雇用を切れる事が出来ます。

万が一、会社に取って不都合などが合った場合、契約を切る事が出来ます。ただ、契約社員も結果を出せば莫大なお金と長い年数を勝ち取る事が出来ます。

その辺りはプロ野球選手、プロサッカー選手などと雇用形態が近いかもしれません。

派遣としての働き方

次に派遣です。

派遣とは、別の会社から派遣される雇用形態です。

別の会社から派遣をされるので、会社としてはそこまで様々な面倒を見なくても良いので凄く楽に感じます。

派遣も契約なので、契約が満了すれば終了となり、また別の派遣先へ移動となります。

その辺り、派遣として働いる人は正社員程、責任感を感じなくて良いと言うメンタル防御になるの、それぞれの働き方としては楽な仕事の取り組みだと思います。ただ、ここ数年、エンジニア不足が合間って、派遣も高スキルの方がいます。派遣法も改定が進んでいるので、一つの働き方としては良いかもしれません。

パートとしての働き方

次にパートです。

正社員程、責任感を負わなくても良いですが雇用を簡単に切れないので安定的にお金を稼ぐ事が出来ます。

ただ、様々な仕事を周りから頼まれるので柔軟な思考が必要不可欠です。

位置付けとしては、正社員の補完的な役割だと思います。

正社員程、責任は負わなくても良いですがお金は安定的に入ります。

パートもそれぞれ合う合わないがありますので、ご自身の働き方を選ぶ方が良いでしょう。

フリーランスとしての働き方

次にフリーランスです。

フリーランスは字の語とく、”フリーに働く”と言う事です。

人は誰しも自由に働きたいものです。

例えば、自由な時間に自由なタイミングで仕事が出来ればメンタルも体も楽です。

一番のメリットは自分のペースで仕事が出来る働き方でしょう。

ここ数年、日本もフリーランスとして働く人達が増加しています。インターネットが普及して「何処でも」「いつでも」場所を問わず仕事を完結が出来る時代となっている為です。後は、ブラック企業など、会社に雇われとして雇用されると、サービズ残業・休み無い・福利厚生無し等、デメリットとなる方が世間では多く見られる状態となっています。

その辺りも踏まえて、フリーランスで自由に働く方が増えつつあります。

ただ、フリーランスは自由と引き換えに安定性と世の中の信用力がまだまだ低いです。

簡単に言う所、与信力が低いので金融機関から融資を受けるのが難しいです。

フリーランスでも安定的にお金が稼げる状態までなると与信力は確実に上がります。

何事もコツコツと仕事を取り組むしかないです。

フリーランスも日本の制度がまだまだ遅れていますが、確実に増えていますので今後は良い方向へ向かうでしょう。



個人事業主としての働き方

次に個人事業主です。

フリーランスと被る点が多数あります。

理由として、フリーランスで働く人達は、確定申告がご自身で必要です。

税務署に出す書類としては、フリーランス=個人事業主として提出をします。

個人事業主と言えども、個人の名前を使う方もいますが、ご自身の働き方として屋号を提出する事が出来ますので会社気分が味わえます。

屋号を取った個人事業主はあくまでも個人事業主なので、株式会社を設立した会社とはまた別となります。

それぞれの働き方について

このように様々な働き方が世の中にはあります。

安定的に給料として働きたい方はサラリーマンが合っているでしょう。

ガツガツ自分でお金を稼ぎたい。自分のペースで仕事がしたい方はフリーランス、独立、自営業などが合っているでしょう。

正社員程、責任感を感じなく、ゆっくりと働きたい方は派遣、パートなどが合っているでしょう。

人それぞれ、働き方の捉え方と価値観が違いますので、ご自身に合った仕事と向き合う事が大事だと思います。

スポンサーリンク

-ビジネス