【株式】ソフトバンク[9434]業績・配当・投資収益

株式

株式

nakamuです。

nakamu
nakamu

ソフトバンク株式会社の投資収益です!!



ソフトバンク株式会社の株式、事業、業績、配当の記事です。

会社として分かりやすいのは、携帯電話の事業ですが、最近ではインターネットを使った多種多様な企業です。

=Softbank

ソフトバンクはソフトバンクグループと親子で上場している会社です。

ソフトバンクの事業柱はモバイル通信料です。

2018年12月19日に東京証券取引所1部へ上場。

個人の投資家向けへ行われた新規株式公開(IPO)は1,500円から徐々に株価を下げています。

株価が割安です。

高配当が魅力と感じた為、2018年から少しづつ買いましを継続中です。


ソフトバンク


ソフトバンク株式会社の業績について

国内の携帯電話会社です。

直近の業績です。

決算短信

有価証券報告書・四半期報告書

グループ構造

Z HOLDINGSのYahoo!やPayPay、LINEが有名です。

ここ数年、携帯電話事業以外の事業領域が広がっています。



価値創造のプロセス

通信、ヤフーを柱にし、新領域として、無形資産へ事業を伸ばしています。

最近では、SDGsの観点から、自然資本への投資も抜かりがないです。

携帯電話事業では=SoftBank、Y!mobile、LINE MOBILEの通信料金、年齢層など、広範囲に顧客を掴んでいます。

なお、LINE MOBILEに関しては、SoftBank on LINEが2021年3月より始まることが発表されました。



Softbank on LINE

=Softbank

Y!mobile


持ち株は118株

現在118株を保有中です。

平均買付株価は1,374円、投資元本は163,227円。

保有の理由は以下の3点です。

・割安株

・高配当

・インターネットとDX事業


①:割安株

ここ数年の株価です。

IPO1,500円で購入した方は、株価が上がってないので、売りに出す人達が多いでしょう。

ソフトバンク株式会社の株価

ソフトバンク(9434)

②:高配当

配当は、上がり続けて、2021年3月期 1株86円です。

懸念点は、配当性向が高いので、今後の減配が少しだけ心配です。

配当が6%を越えている株は少ないです。

このまま、高配当を維持して欲しいです。

配当権利日

期末配当金3月末

中間配当金9月末

③:インターネットとDX事業

ソフトバンクは子会社であるZホールディングス株式会社のヤフーに期待をしています。

コロナ禍でインターネットとDXが加速的に進んでいます。

特にBtoBの企業向けDX導入は堅調です。

例えば、ビッグデータ、ネットショッピング、AIなどのインターネット関連は、生活と仕事で欠かせないものです。


個人向けではキャッシュレス決済のスーパアプリ「PayPay」が中心となり、多角事業へ突き進んでいます。



2021年からZホールディングスのサービス名称がPayPayへ統一します。

名称の統一によって、一つの経済圏が出来上がり、消費者は今後、お得なサービスを受けることができます。


配当について

中間配当金は、110株を保有時で1株当たり、43円です。



ソフトバンク株式会社の配当金。



中間配当金は、110株×43円=4,730円

配当金の税引き後は3,801円

110株の時は、買付平均単価は約1,385円でした。

投資152,350円

半期の利回り:43円÷1,385円(110株)×100%=3.1%

決算年月2021年3月は中間(43円)と期末(43円)となる為、年間配当金は86円です。

現在118株を保有中です。

平均買付株価は1,374円(118株)、投資元本は163,227円

予測の年間利回り:86円÷1,374円(118株)×100%=6.2%

ソフトバンクの主力柱である、携帯電話事業については、政府の料金値下げ要望があり、docomo、KDDI、楽天モバイルと競争激化です。

利益が減ると、配当性向の心配があります。

6%以上、高配当の為、株価の動向を注視しながら買い増しをします。

今後の動向を見守りましょう。


 

オススメ証券会社



もし、少額から株式投資をお考えの方はこちらのLINEポイントを投資として運用が出来るLINE証券は大変オススメです。

余ったポイントから数百円で有名企業の株主となり、投資がお手軽に出来ます。

少額なので誰でも不安なく資産の運用が出来る為、投資初心者には大変ありがたいサービスとなっています。

まずは投資について知識を少しづつ増やしながらコツコツ少額でのポイント投資を始めていくと、将来に対しての不安が解消されるでしょう。

また、LINEPayで簡単に入金が出来ます。

もちろん、LINEポイントが使えます。

LINEポイント1ポイント=1円から利用が出来ますので不安な型でもポイント投資から、気軽に始められます。

LINE証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

しかも、1株から配当金を受けとれます。

スマホ特化のシンプルな取引画面のため、複雑な操作で迷うこともないです。

少額からのポイント投資で初めてのデビュー。

コツコツと貯金のように積み立てて、給与またはバイト以外のお金を増やす、資産形成はいかがでしょうか。

口座開設は無料なので、まず開設をして少しづつ使ってみましょう。

LINE証券