仮想通貨

世界最大規模の取引所「コインベース」取り扱い仮想通貨と口座開設方法

仮想通貨

 

ナカムです。

 

ナカム
この記事では世界最大規模の仮想通貨取引所コインベースについて解説をします。

 

この記事で分かること

  • コインベースについて
  • コインベースの取り扱い仮想通貨
  • 入出金は日本のメガバンク対応
  • コインベースのサービス
  • コインベースの口座開設方法

 

 

Coinbase(コインベース)とは?

アメリカのが日本で8月19日に仮想通貨(暗号資産)取引サービスを開始しました。

取引所のサイトやアプリのダウンロードが公開されています。

金融機関としては、日本のメガバンク「三菱UFJ銀行」をパートナーとし、同行の銀行口座から入出金が可能になります。

また、三菱UFJ銀行からクイック入金ができるため、仮想通貨の購入が手軽にできるでしょう。

 

 

Coinbase(コインベース)の会社について紹介します。

coinbase
会社名 コンイベース・グローバス
本社所在地 カリフォルニア州サンフランシスコ
市場情報 NASDAQ:COIN
設立 2012年6月
業種 金融
代表者 ブライアン・アームストロング
主要株主 DFJ

Andreessen Horowitz

Tiger Global

Management

IVP

三菱UFJ銀行

Yコンビネータ

公式ウェブサイト Coinbase

 

 

【Coinbase紹介プログラム】

現在、Coinbaseで口座を開設して暗号資産¥10,945以上売買すると、¥1,095分のビットコインを無料で獲得できます。(※売買額・無料獲得額については常に変動がある為、上下致します。)

公式Coinbaseサイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

コインベースの仮想通貨はこちらから購入

¥1,097分のビットコインを無料で獲得しよう♪

 

Coinbase(コインベース)は2012年6月にサンフランシスコで設立。世界100カ国以上で仮想通貨の取引所を営む。

2021年4月には、アメリカンのナスダックに上場し、株価も上昇中です。

日本では少額からPayPay証券を通してCoinbase(コインベース)の株式が購入できるため、株式の上昇も期待ができます。

 

iOS・Androidアプリも提供

Coinbase(コインベース)は、日本でのサービス開始と同時に「iOS・Androidアプリ」の提供も始めています。

新規口座開設はアプリからもできるようになっており、パソコンやスマホのWEBからも新規口座開設の手続きが行えます。

また、本人確認の手続きを行った場合は免許証・マイナンバーカードの撮影が必要になります。

 

アメリカでの取り扱い通貨は83

すでにアメリカでは、取り扱い通貨が「83」にのぼっています。預かり総資産額は1800億ドル((約19兆7500億)です。

※Coinbase(コインベース)IR資料より

現在、日本のCoinbase(コインベース)で取り扱っている仮想通貨は次の通りです。

• BTC(ビットコイン)

• BCH(ビットコインキャッシュ)

• ETH(イーサリアム)

• LTC(ライトコイン)

• XLM(ステラー)

 

日本でも今後は、取り扱い通貨を増やしていく予定です。

【Coinbase紹介プログラム】

現在、Coinbaseで口座を開設して暗号資産¥10,945以上売買すると、¥1,095分のビットコインを無料で獲得できます。(※売買額・無料獲得額については常に変動がある為、上下致します。)

公式Coinbase紹介サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

コインベースの仮想通貨はこちらから購入

¥1,097分のビットコインを無料で獲得しよう♪

 

コインベースのサービス

アメリカでは、購入時にApple PayやGoogle Payを決済の手段として選べるサービスがすでに始まっています。(Google Payは2021年秋の予定)

日本においては、取引所のサービス開始から三菱UFJ銀行とパートナーを組み、同行のオンラインバンキングから手軽にクリック1つで日本円入金ができる「クイック入金」機能を取り入れています。

 

NFT最大の大手に投資

Coinbase(コインベース)は「Coinbase Ventures」を子会社として立ち上げて積極的に仮想通貨関連企業へ投資しています。

投資先の中でも、NFT(非代替性トークン)のマーケットプレイス最大大手として知られている「オープンシー」やNBAのNFTトレカ売買で注目を集めた「ダッパーラボ」、仮想通貨レンディングを提供してDeFiの大手になった「コンパウンド」にポートフォリオを組んでいます。

 

コンベース・コマース

アメリカのCoinbase(コインベース)では、ECコマース大手の「ショッピファイ」と連携を取り、ショッピファイの加盟店が仮想通貨を代金として受け取れる「コインベース・コマース」のサービスを展開しています。

 

コンベースの口座開設方法

Coinbase(コインベース)の口座開設方法について解説します。


  • step.1

    coinbaseサイトへ入る。


  • step.2

    「始める」をクリックする。


  • step.3

    「性」「名」「メールアドレス」「パスワード」を入力する。

    ※パスワードは大小英語、数字の組み合わせ。


  • step.2

    「口座を作成する」をクリックする。


  • step.3

    次に電話番号を入力してSMSに届いた7桁のコードを入力する。


  • step.4

    「送信」をクリックする。


  • step.5

    「開始する」をクリックする。


  • step.6

    「本人確認の手続きを行う」画面で「続ける」をクリックする。


  • step.7

    該当欄にチェックを行い「送信」をクリックする。


  • step.8

    「性」「名」「性のカタカナ」「名のカタカナ」「生年月日」を入力後に「続ける」をクリックする。


  • step.9

    「郵便番号」「都道府県」「市区町村」「番地」「建物、部屋番号(オプション)」を入力後にチェックマークを入れて「続ける」をクリックする。


  • step.10

    Coinbaseを「利用する目的」「主な収入源」「就業状況」「投資可能な資産額」について、それぞれ回答する。


  • step.11

    「本人確認書類を認証する」画面で「続ける」をクリックする。


  • step.12

    スマートフォンで写真を撮るの画面で「続ける」をクリックする。


  • step.13

    「運転免許証」or「マイナンバーカード」を選択後、チェックマークを行い「次へ進む」をクリックする。


  • step.14

    カメラ起動画面で「次へ」をクリック後に本人確認書の「表面」「厚み」「裏面」を撮影する。


  • step.15

    「Liquidによる本人確認」画面で「Liquidで認証を行う」をクリックする。


  • step.16

    LIQUIDの読み込みを少し待ちます。


  • step.17

    「現在身分証明書を審査中です」画面が表示された後、審査を待ちます。


  • step.18

  • 完了

 

日本のサービス展開

今後は、日本に合わせたサービスや商品の導入を順次行う方針があります。

また、日本のコインベース株式会社を通してコインベースがグローバルで展開している取引板で仮想通貨(暗号資産)を売買できるようになるでしょう。

実質的にグローバルなプラットフォームにアクセスができるようになります。

日本の法令が許す限り、様々なサービスの提供を進めているコインベースは将来的に期待ができる仮想通貨の取引所です。

 

【Coinbase紹介プログラム】

現在、Coinbaseで口座を開設して暗号資産¥10,945以上売買すると、¥1,095分のビットコインを無料で獲得できます。(※売買額・無料獲得額については常に変動がある為、上下致します。)

公式Coinbase紹介サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

コインベースの仮想通貨はこちらから購入

¥1,097分のビットコインを無料で獲得しよう♪

スポンサーリンク

-仮想通貨
-,