Amazon

本を読むのが苦手な人も楽しめるAudible(オーディブル)を解説

2022年5月3日

Amazon

 

今回は、本を読むことに苦手な人や忙しい現代人にとって向けた内容です。

社会人になると、「なかなか時間を取ることが難しいなぁ」と感じる方は多いと思います。

仕事、家事、通勤、通学の合間に「好きなタイミング」で読書ができ、移動中に本を持ち歩くことなく「好きな場所」で本が読めるAudible(オーディブル)はおすすめです。

「本を読む」から「本を聞く」に自分の好みで変えてくれる人気のサービスです。

本は読む方が合っているという方はも読み放題のサービスありますので、ご利用してくださいね。

12万以上聴き放題

「Audible」30日無料体験!

200万冊以上が読み放題

「Kindle Unlimited」30日無料体験!

 

本記事で分かること

•  Audible(オーディブル)とはなに?

•  Audible(オーディブル)お得に使う方法

•  Audible(オーディブル)の費用は?

•  Audible(オーディブル)の使い方とは?

 

Audible(オーディブル)の「疑問」「不安なこと」について解説します。

• Audible(オーディブル)を使ったことがないからよく分からない…

• Audible(オーディブル)を使って苦手な本を読まなくても知識をつけたい!

という方は、記事を参考にAmazom Audible(オーディブル)を試して、有意義な生活を過ごすのはいかがでしょう。

Amazonのサービスや買い物に「Amazonギフト券」のチャージはすごく便利なのでお好きなタイミングでお使いくださいね。

なお、コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます。

 

Audible(オーディブル)とはなに?

 

Audible(オーディブル)とは、Amazonの音声朗読サービスです。

月額1,500円で場所や時間を選ばずに好きなタイミングで本の内容を聴くことができます。

Amazonの電子書籍を読み放題できる「Kindle Unlimited」の朗読版がAudible(オーディブル)ですね。

作業中や家事、布団で横になっているときなど聴きながら読書が気軽にできる、「ながら読書」できます。

本読むための時間を作らなくても、読書できるので嬉しいサービスですね。

 

Audible(オーディブル)のおすすめ読書

• 在宅デスクワーク

• 家事の最中

• ランニング

• お風呂のリラックスタイム

• 布団の中

• SNSの最中

• 通勤

• ゴロゴロ中

 

時間、場所にとらわれずに何かをしながら本を読めるし、知識も増えるので使い勝手がいいです。

聴くことから本に触れることができるAudible(オーディブル)は、嬉しい限りですね。

 

Audible(オーディブル)は初回30日無料なのでお得!

先に「Audible」のお得な情報をお伝えします。

初回登録は、30日間無料の体験が可能です。

特別なキャンペーン中は、2ヶ月間無料になることもあるのでお得です。

Audible(オーディブル)の会員になってみたけども「サービス内容が不安」「使ってみて合わなかったら契約解除はできるのかな?」などを考え中の方でも無料期間中であれば自由に使えるため、安心してくださいね。

 

Audible(オーディブル)のサービス内容

Audible」のサービス内容、料金、特典については次の通りです。

Audible(オーディブル)
料金 月額1,500円
無料期間 30日(特別キャンペーン2ヶ月)
会員 定額聴き放題
サービス内容 12万冊以上の対象作品

アプリで聴けるサービス

プロのナレーターが朗読

 

Audible」は月額1,500円(税込)の会員登録することで、12万冊以上のオーディオブックが定額の聞き放題になります。

 

対応端末について

対応している端末は、多いので好きな場所で活用することが可能です。

※同時に複数端末での利用はできませんのでご注意くださいね。

次の端末から利用できます。

 

スマホ:iPhone/Android

パソコン:Windows/Mac

タブレット:iPad/Android

その他:Apple Watch、Amazon Echo(Alexa)

 

アプリはこちらになります。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

 

次は、Audible(オーディブル)のメリットデメリットについて紹介します。

先にデメリット

実際に使って見た感想を交えたデメリットです。

Audible(オーディブル)のデメリット

デメリットについては次のことがあります。

書籍の本とはまた違った使い方が望ましいかもしないですね。

1. 専門書は理解が難しい

2. 図解、イラストが無い

3. すべての書籍がボイスブック化されていない

 

1. 専門書は理解が難しい

Audible(オーディブル)は、内容が難しい専門書の相性が少しいまいちです。

2.の図解、イラストが無いということにつながりますが朗読として耳から聴く読書は、イメージを持つのが難しいです。

なので、Audible(オーディブル)の専門書を利用する場合は、「Kindle Unlimited」で文字の本を読んでから「Audible」を使って再度理解する「復習型」というのがおすすめの活用方法です。

 

2. 図解、イラストが無い

図解、イラストが無いことについては、1番のデメリットです。

小説、ファンタジー、対話形式などの本では、読者がイメージを持ちながら世界観を楽しむことができるので割と相性がいい作品です。

1. の方で紹介した通り、専門書の相性がいまいちなのでAudible(オーディブル)は、作品を選んで活用する朗読サービスになっています。

使い方を2つ案内しますね。

• 「文字の本を読む」→「Audibleで聴く」

• 「試し聴き」→「文字の本を買う」→「Audibleで聴く」

Audible(オーディブル)は、文字の本とAudibleをうまく活用しながら知識の向上として使える朗読サービスです。

 

3. すべての書籍がボイスブック化されていない

Audible(オーディブル)は、12万以上の作品が対象です。

ただ、すべてのAmazon販売書籍ではないため、少し物足りないとうことを感じます。

そのあたり、徐々に作品数は増えていくでしょうし、Audible(オーディブル)を利用するには、「現在の作品」から楽しむを心がけた方がいいです。

 

Audible(オーディブル)のメリット

Audible」のメリットについて紹介をしていきます。

1. どこでも読書ができる

2. 本を持ち運びから解放される

3. 本との距離感が近くなる

4. 目の疲れがない

5. 本棚の場所がいらない

 

1. どこでも読書ができる

Audible(オーディブル)の1番といえるメリットは、「どこでも読書ができる」ことです。

たとえば、Audible(オーディブル)のおすすめ読書

• 在宅デスクワーク

• 家事の最中

• ランニング

• お風呂のリラックスタイム

• 布団の中

• SNSの最中

• 通勤

• ゴロゴロ中

 

このようにどこでも聴きながら場所を選ばない読書ができます。

何かの作業をしながらの「ながら読書」の相性が抜群にいいのがAudible(オーディブル)の特徴です。

 

2. 本を持ち運びから解放される

「Audible」では、遊びに行く道中、通勤、通学の移動中に本をカバンに入れて持ち歩くことがないです。

これは、スマホを使って文字の本を読む「Kindle Unlimited」と同じですね。

音楽を聴くときのように、「音で聴く朗読」では、スマホとイヤホンがあれば、どこでも気軽に読書できるので荷物も減らせて、すごくおすすめです。

 

3. 本との距離感が近くなる

文字の本が苦手な方は、「Audible」を活用すると本の距離をぐっと近づけてくれます。

本を読むというのは、少し敷居が高いと感じている方も一定数います。

おそらく、次のような準備が面倒だと感じているかもしれないですね。

1. 場所の確保

2. どこかに座る

3. 本を手に持つ

4. 文章を読む

 

本は、手に持ちながら準備が必要なので「気軽に読む」ことが難しいです。

しかも、何かの作業している手を止めてしまうので、時間の確保を別途用意しなければいけません。

その点、、「Audible」は、場所を選ばないで「他の作業をしながら読書」が可能になっています。

 

4. 目の疲れがない

「Audible」は、本を読んだりすることがないので目の疲れが軽減できます。

現代の社会では、パソコン作業やスマホの画面を見る時間が増加傾向です。

本を読むには、小さい文字を何時間も読み続けることになるので気がつかないうちに目が疲れます。

朗読として聴く読書は、目の疲れを解放してくれる優れた読書方法なので、おすすめのサービスです。

 

5. 本棚の場所がいらない

読書が好きな方は、本の置き場所に悩まれている方は多いでしょう。

「Audible」は、本を保有することがないため、自宅のスペースを占領することないです。

生活をしていると、徐々に物が増えていきますよね?

本を購入した後に本棚の場所を確保するなど、収納先に悩んだりすることもなくなります。

スマホ+イヤホンさえあれば、本の置き場所を気にすることから解放されます。

 

Audible(オーディブル)の使い方手順

次に「Audible」の使い方を紹介します。

たとえば、Audible(オーディブル)のおすすめ読書

1. 無料体験に登録する

2. Audible(オーディブル)アプリをダウンロードする

3. 作品をダウンロード

 

こちらがアプリになります。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

 

手順は、3つだけなのですごく簡単です。

 

Audible(オーディブル)の登録

1. 「無料体験を試す」をクリックする。

※画面上は、2ヶ月のキャンペーン中です。

 

2.Amazonへログインする。

 

4.「無料体験を試す」をクリックする。

 

Audible(オーディブル)の支払い方法

「Audible」の支払い方法はAmazonに登録しているクレジットカード、デビットカードのみです。

Amazonギフトのチャージ、コンビニ払い、銀行引き落としなどの利用はできないので注意が必要になります。

もし、クレジットカードをお持ちでない方は先に作ってから登録をしましょう。

いくつかおすすめのクレジットカードを紹介しますね。

リクルートカード JCB:高還元率1.2%

ENEOSカード;ガソリン値引き

出光クレジット「The Gold」:ガソリン値引き

楽天プレミアムカード:楽天グループの使用でお得

 

Audible(オーディブル)を快適に楽しむイヤホン

もっと、快適にAudible(オーディブル)を楽しむ方法は、ワイヤレスイヤホンで環境をつくるのがいいです。

Audible(オーディブル)の素晴らしいところは、「どこでも好きな場所で本を聴くことができる」ですね。

何かの作業中、自宅の家事、布団の中でゴロゴロしている時間にワイヤレスイヤホンを使うと凄く便利になります。

おすすめのワイヤレスイヤホンはこちらです。

Apple AirPods Pro

AirPods(第3世代)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-C500 BZ

Sony/ソニー WI-C310 カナル型 ワイヤレス

安心の「Apple」「Sony」ワイヤレスイヤホンは音質もいいのでぜひともどうぞです。

 

Audible(オーディブル)まとめ

本を読むのが苦手な人も楽しめるAudible(オーディブル)について解説をしてきました。

音で聴く読書はいかがだったでしょう?

もともとは、本を手に取りながら読書をすることが多かったです。

Audible(オーディブル)を知ってから、「ながら読書」の便利に慣れてしまい、この記事を書きながら本を聴いている状態です。

もう一度、Audible(オーディブル)のメリットについて復習をしてみますね。

1. どこでも読書ができる

2. 本を持ち運びから解放される

3. 本との距離感が近くなる

4. 目の疲れがない

5. 本棚の場所がいらない

 

なによりも、どこでも読書ができる気軽さがいいです。

聴く読書のサービスに合うかどうか悩んでいる方は、無料体験期間で利用してからでも可能です。

Audible(オーディブル)が気になっているときに、いつでも気軽に申し込んでみてくださいね!

最後によく買い物で使うAmazonのお得な「Amazonギフト券」のチャージもお忘れなくです。

スポンサーリンク

-Amazon