NFT

デジタル資産 NFTを購入するときの選び方とは?4つの視点

NFT

 

今回の記事は、デジタル資産であるNFTを購入する理由と選び方について紹介をします。

実際にNFTを購入した経験としては、「ただのデジタルではない」と感じています。

NFTはただの画像?JPG?

という議論がよく起こっていますが決してそうではないです。

NFTを自分のETHから購入し、所有することはクールなことであり、ファッションです。

そして所有したデジタルの資産を誇らしげに示しているように感じます。

NFTのことがよく分からない人やNFTの世界へに興味を抱いている人にとっては、デジタル上の作品は本当に価値があるの?という印象を抱きます。

最初は、皆同じです。

次の画像はOpenSeaのグラフです。

2021年からNFTの伸び率が急激に上がり続けています。

https://dune.com/rchen8/opensea

 

これだけ注目をされているNFTについて、少しでも「NFTに興味がある」「購入する準備を進めたい」という方はNFTコレクションを選択する記事として役立ちます。

具体的に4つの理由から解説しますね。

この記事で分かること

• 人がNFTに魅力を感じる理由

• NFTを購入する理由

• 好きなNFTに投資する

• NFTに愛着を持つ

 

人がNFTに魅力を感じる理由

なぜ、人々はNFTに魅力を感じて熱狂するのか?

それは、"ロマン" です。

また次のような理由がありますね。

カルチャー(文化)

コミュニティー(社会)

コネクション(繋がり)

ホルダー(愛着)

 

NFTを実際に購入するとコミュニティーの中で人との繋がりが無限大に広がります。

そしてNFTを自分のお金で購入すると「愛着」が出てきます。

これって物凄く不思議な感覚です。

ただのデジタルに愛着が出るんですね。

本当に不思議です。

ご自身のお金を使って実際に購入すると「なるほど!こういうことか!?」と体感できるので最初は300円ぐらいの安いNFTを購入するといいです。

NFTがたくさんの人々にとって誇らしげになった理由の1つは、「新しい人間同士のコミュニティー(社会)」が生まれてきます。

しかも、NFTはグローバル展開がされているため、海外の方達とすぐに繋がることができます。

普段、生活をしているだけでは海外の方とコミュニケーションを取る「きっかけ」があまりないです。

NFTは、次のような要素を感じます。

• お互いに作成したNFTを購入する

• お互いに送り合う

• キャラクターのことを話し合う

• NFTの作成方法を教え合う

不思議な感覚ですがNFTを通して人間同士の「ポジティブなコミュニケーション」が始まります。

NFTは、人と人とを繋げる現代社会の新しい「コミュニケーションツール」になっていますね。

 

NFTを購入する理由

前提としてNFTを購入する理由は、人々の価値観や主観に基づいています。

いくつか理由をあげていみますので参考にしていただけると幸いです。

 

1. 美しさ

NFTを購入するほとんどの人は、作品の美しさに感銘を受けて購入します。

2021年に国内や海外を含めて多数のNFTコレクションが世の中に生まれました。

この中でもAzukiの作品やClone Xの作品はクオリティーが高く、作品全体の美しさを感じる方は多いです。

AZUKI


Clone X

出典:公式サイト

OpenSea:https://opensea.io/collection/clonex

 

2. 感情的な共感

NFTは、人との特別な意味や関連性をもたらし、感情を揺さぶる愛着があるため購入するきっかけになります。

普段、ネット、テレビ、WEBサイトで見ているデジタル上の作品に対して感情が揺さぶられることは、少ないと思います。

右から左へ流れていく感覚です。

不思議なことに、NFT上のデジタル作品は自然と感情が入ります。

なぜ感情が入るのでしょう?

1つは、ブロックチェーンという分散型台帳に刻まれる「永続性」です。

よく言われる言葉として、「ネット上のデジタル画像は右クリックでコピーができる」と揶揄されます。

NFTに関しては、ブロックチェーン上のトークンと紐付けることができるため、「誰が作成したのか?「誰が購入したのか?」

すべてにおいて透明性があり、確認することが可能になっています。

こちらのEtherscanからすべての履歴が見れるので時間あるときにでも確認してみてくださいね。

そして、NFTに感情的な共感を感じる1番の理由は、作品を生み出した作者の「想い」「背景」「人生観」を表現しているからです。

NFTは、人間本来の存在意義まで考えさせられます。

 

3. 社会価値

人は、人から受ける社会的行動に価値を感じやすいです。

たとえば「この作品は持っていると利益が出たりブランド価値がある」という社会の中で感じる。

このような理由で購入する人もいます。

NFTは、社会の中で募金として活用されたり「ファンクラブ会員権」として発行されるなど、徐々にですが社会と密接につながっています。

人と社会との距離が近づいているNFTは、誰でも購入するきっかけの選択に入ってります。

 

4. 希少性

NFTは、基本的に同一、同類の作品はない「唯一無二」として、世の中で1つしかないです。

人々は、同じものがないことに対して希少性や魅力を感じます

実際の社会においては、「モノ」「コト」の真正性には、NFTを購入した所有者が手にするステータスになっています。

※真正性とは、人、物、データ、音楽、記録、動画などが、何であるかの記述や主張、本物であることを確実にしたり証明できる性です。

NFTの真正性とは、作品を収集する多くの人にとって自己承認欲求を満たしてくれる素晴らしい技術です。

今までは現実世界の「モノ」「コト」に価値を出すということに限定されていました。

デジタルに価値を付けるのが難しく、真正性をデジタル上で主張できるのがNFTです。

真実が深くなり、所有者が手にする社会的ステータスも大きくなます。

NFTに金銭を払っても良いと感じる人々が増えれば価値も必然的に高くなります。

 

好きなNFTに投資する

結論から先にいうと、好きなNFTに投資をすることです。

なぜ、投資をするのでしょうか?

興味を持った作品や利益を感じる刺激的なものは投資として期待しているからです。

他の方が購入したコレクションは影響力により、「期待されている」と人は認知するので欲しいという欲求が出ます。

それは、間違った方法です。

NFT、暗号資産の世界では、「DYOR」という言葉をよく聞きます。

これは、他の人が投資で利益を出したからといっても同じように成功するわけではないからです。

投資したタイミングや社会情勢、暗号資産のボラティリティなどさまざまな要因が重なるため、再現性は非常に難しいです。

自分が投資したいプロジェクトは、次のような事柄に注力が必要です。

• 運営者

• トークノミクス(トークンエコノミー)

• ユーティリティ

• 実績

• 繋がり

• 本気度

• コミュニティ

 

NFTは「運営者と同じぐらい優れている必要がある」という言葉があります。

NFTに投資するのは、コレクションを展開している背後の人間に投資していることになります。

毎日のように作品が生まれてくるため、運営の人たちが情熱を注いでいるのかを調査して知る必要があります。

購入したNFTのトークン経済とは何かを理解するのも重要です。

投資したNFTに多くのインセンティブを与えてくれるのか?

通常はコレクションのホワイトペーパーに明確にNFTの目的、機能性、配分などを記述されています。

ブロックチェーンの種類も理解することが必要不可欠であり、利用方法にも影響が出てきます。

種類によっては、NFTを展開する方向性が変わってくるため、イーサリアムはETH、バイナンスチェーンはBNB、ポリゴンチェーンはMATICなど暗号資産との関わりはよく知られています。

それぞれのブロックチェーンの特性を理解した上で投資をするのが大切です。

最後にNFTは、コミュニティと密接につながっているため、情報の共有を含めて無視することができません。

優れたプロジェクトは、支援するコミュニティ形成が必要です。

NFTメンバーのコミュニティは、主にDiscodへと集まっているため、最適な場所を見つけることで時間を過ごします。

これは、時間の無駄ではなく、大切な方法です。

 

NFTを購入するときの選び方とは?まとめ

NFTを購入するときの選び方について4つの視点から解説をしてきました。

再度、復習をしてみましょう。

• 人がNFTに魅力を感じる理由

• NFTを購入する理由

• 好きなNFTに投資する

• NFTに愛着を持つ

 

最後にNFTは、可能性を感じる作品を購入する。

投資として自分のお金から出す場合は、感情を切り離して市場に注力する必要があります。

儲けに走るだけではなく、賢く投資をしてください。

NFTを購入する準備はできてます?

WAGMI

スポンサーリンク

-NFT