ブログ

ブログ記事が書けない悩みを解決する10のポイント

ブログ

 

ナカムです。

 

悩み
ブログの記事で何を書いたら良いのか悩む…

途中で止まってしまう…

 

ブログを書く「コツ」はないかなぁ…
悩み

 

ナカム
ブログの悩みを持っている方は多いです。



率直に記事を書く才能などは関係ないです。

ブログの文章を書くには、記事全体の作成に慣れていく必要がありますので具体的に解説をしていきす。

この記事で分かること

  • 記事を書くコツ
  • 記事の事前準備
  • 記事が書けない解決方法

 

ブログの記事を書くにはコツをつかむ

最初は2000文字を目安に目標を立て、5000文字以上の安定した文章を書けるためのポイントを紹介します。

ブログで書く記事の準備と流れは次の通りです。

• ブログで書く記事を効率的に進める

• ブログで記事を書くにはポイントをおさえる



最初は効率的に進めるのが大変です。

誰でも始まりは苦労します。

ただ、何事もポイントを押さえるだけです。

コツをつかむと、後は繰り返し続けるだけなので悩みは時間と共に減ります。

記事を書くための悩み


例えば、多くの方は次のような悩みが多いでしょう。

悩み

• テーマが決まらない

• 何を書いたら良いのか分からない

• 記事の文章が思うように書けない

 

また、一人で悩んでいると記事を書くことが嫌になり、ブログを途中で辞めてしまう。

嫌になって、記事を書けないことにイライラする。

状況は何も変わらないです。

このような悪循環だけは避けたいので解決方法について解説していきます。

 

記事が書けない解決方法

本質を掘り下げていくと、書けないのはなぜか?

文章が書けない原因を深掘りして明確にするのが重要です。

書けない理由については、文章を書くためのテーマが決まらない場合と文章のアウトプットができない

この2つが多いでしょう。

それぞれの悩みは別物のため、要因を分離して対処の突き詰め作業を行います。

テーマを決めるには頭の中を整理する。

また、アウトプットができない場合は情報収集に時間を使と効率的に作業が進むでしょう。

文章を書く作業は幅広い構成の集合体が合わさって完成します。

記事を書くポイントは次の通りです。

• テーマを決める

• 情報収集をする

• 情報を整理する

• 記事を明確にする

• 構成を考える

 

このように文章を書くためのまとめが記事として作品になります。

記事が書けなくなった時は、要因をそれぞれ分離しながら目的達成する際の問題を見つけていくことで作業の明確な答えが出ます。

記事を書く作業に注力するだけでは根本的な原因が分かりません。

また、原因を突き詰めていくと文章作成の準備が足りてないことに気づくでしょう。

 

ブログの記事を書く5つの準備

ブログに記事を書くには準備が何よりも重要です。

どのような作業でも準備がないと前に進みません。

必ず、途中で停滞します。

記事の作成に行き詰まった場合は準備・段階のどこに「原因」「要因」あるのかを探す必要があります。

作成に慣れている方は、頭の中でポイントをつかみながらスムーズに進めています。

抽象的な原因を見える化へすることによって、記事作成で行き詰まった原因が明確になるでしょう。

次に記事を書く前の準備について5つ解説します。

テーマを決める

まずは、ざっくりと大きな一つのテーマを決めます。

例えば、趣味・好きなこと・SNS・仕事・生活などで興味を持ったジャンルは何でもOKです。

テーマさえ決まれば、記事を書く道筋ができます。

後は、正しく手順通りに進めると稼げるブログが作れるでしょう。

情報収集をする

まず始めるのは書きたいテーマの中身を調べます。

情報がないと記事の内容が抽象的になり、だらだらと一つの情報について書き続けてしまい、途中で嫌になってストップします。

一番、多いパターンです。

また、集めた情報量が多くなると要点がズレてしまい、記事全体のバランスが崩れてくため、集めた情報は頭の片隅に置いときましょう。

情報の収集方法については次を参照にすると解決します。

• 疑問に感じたこと

• 身近な人から質問されたこと

• SNSで見たこと

 

このような情報収集を習慣化するとネタに困ることが減るでしょう。

忘れそうな場合は簡単なメモを箇条下記にしておくことで後から振り返ることができます。

とりあえず、メモです。

 

情報を整理する。

調べた情報の中で自分が印象に残ったことを箇条書きにします。

まずは情報の整理からです。

情報の収集後に頭の中が乱雑した状態では文章を書いても要点が分かりません。

そうなると、誰も見てくれませんので情報を集めただけの無駄な労力になります。

また、箇条書きにするネタがない場合は書きたいテーマの情報収集が不足している可能性があるため、「もう一歩」踏み込んだ情報を探します。

誰へ向けての記事かを明確にする

ブログの記事は「見てくれる1人へ向けて」書きます。

インターネットは世界中、繋がっているので幅広い方がWEBサイトを見ます。

ただ、多くの人に見て欲しい欲求だけでは誰も読んでくれません。

その辺り「一人の読者へ対して書く

これが何よりも大事です。

読者と言っても広いので、大まかに決めると良いでしょう。

• 年齢層

• 性別

• 悩み

• 答え

 

この4つが大事です。

読者の悩みと解決方法を妄想するのがポイントです。

特に、リアリティは重要です。

これをペルソナと言います。

 

構成を考える

最後の準備は記事全体の構成を決めます。

重要なのは、読んでくれる読者の「悩み」「答え」です。

読者の悩みや問題・課題などに寄り添いながら答えや結果・結論をまとめます。

どうすれば上手な構成が作れるのか?

悩んでいる方は、先に「答え」を出します。

次に「答え」から悩みを中心とした様々な問いを導き出していくと良いでしょう。

逆算の思考です。

場合によっては「結論」を先に書き、ストーリー性を持たす記事も有りです。

また、だらだらと「悩みごと」を書いても読んでいる読者が飽きてしまい、ページから出ていく可能が高くなります。

簡単なのが「起承転結」です。

「起」:背景や事前情報

「承」:本題や導入部分

「転」:できごとや展開

「結」:対処や結論

 

まずはこの形を取り入れると構成に悩むことが減るでしょう。

記事が書けない悩みを解決する5つのポイント

準備と全体の構成が決まったら後は実際に記事を書きます。

文章全体のテーマや内容は決まっているので幅を広げていくだけです。

もう一つは自分の「型」を作ると執筆が徐々に早くなります。

記事作成は一つのことに集中する

記事を書く作業はなるべく、集中して進めます。

文章を書いている時にSNSをチェックしたり、文章の肉付けをするための意味調べなどは、後まわしです。

画像やサムネイル・アイキャッチなどは記事の作成が完成してからでも充分、間に合います。

他の作業が加わると効率が悪くなるので記事の執筆中は同時進行を控えめにしましょう。

注意点としては、人間の集中力は長くても90分が限界です。

15・45・90の法則があります。

人間にとって深い集中を持続できる時間は、たったの「15分」です。

理想としては、15分×3本=45分の集中を繰り返すとリズムよく作業ができるでしょう。

小学校・中学校は45分、50分授業ですが、大学になると授業は90分を取り入れています。

15分×3本を2セット=90分は大人が集中できる時間の限界です。

ご自身の集中時間をつかむことは大切ですね。

無理して作業を詰め込みすぎると途中で嫌になるため、適度な休憩を取りながらの方が効率は上がります。

再度、お伝えしますが文章の記事作成を優先にし、他のことは全て後回しです。

とりあえず書く

構成を考えた記事でも書いている途中、ストップする箇所が出てくることはあります。

このような時に悩んでも時間の無駄です。

とりあえず書けそうな所から先に書き出していきましょう。

構成全体がしっかりと作り込まれていれば、記事の作成が多少前後しても後からの手直しで完成はします。

また、事前に決めた文章が途中で脱線しても気にしないで書くことが第一優先です。

記事を書き続けると肉付けが膨らみます。

そうすると「より良い」内容へ繋がります。

最初に決めたテーマのベースさえ守れば良いです。

記事の内容に少しズレが生じても気にしないで後から修正を加えましょう。

文章の書き方

文章は「長く書けば良い」訳ではないです。

読者にとって、「面白い」「悩みが解決できた」などの有益になる、読みやすい文章を心をがけます。

ポイントは5つです。

• 答え(結論)

• 要点

• 理由

• 具体例

• 要点(まとめ)

 

最初の要点が長いと離脱されやすいので、まずは手短に500〜1000文字以内を目指して書きます。

このような文章作成を意識すると読者にとって読みやすさが上がります。

追加で微調整をすると、満足度が高まるでしょう。

記事の作業量を増やす

ブログの記事は誰でもある程度の作業量が必要になります。

テーマの選定から文章の作成内容まで慣れてくると時間は短縮しますが、最低として20記事を書いてみると、「どのように書くのか?」明確になってきます。

記事を書くことで一番、重要なことは、見てくれる方の悩み問題を解決する記事です。

また、ブログの書き方などを調べているとSEOが検索に出てきます。

キーワードを調べて検索上位に持ってくる。

キーワードの検索

キーワード

Googleトレンド

ラッコキーワード

 

この、SEOは記事を書く対策でも外せないですが、何よりも読者の満足度を上げることが最重要です。

キーワードばっかりに気が取られては、読者の満足度が上がりません。

SEOは、そこそこにして読んでくれる方のことを想像しながら書くことが大事になります。

記事作成の極論です。

• 1人が求めていること

• 1人に突き刺さること

• 1人の問題解決

 

率直に、読んでいるのは「1人」です。

この1人のために、読みたいと感じてもらえる記事を作らなければいけません。

記事を見てくれないのは読者が求めている内容が書かれていないので、下調べが重要です。

記事のチェック

記事の作成が終われば、最初からゆっくりと読み直しをします。

文章の内容に辻褄が合っているか、指摘箇所はないか、誤字脱字はないかなどのチェックを行い、何度も直すべき箇所を確認します。

記事を書いている時は集中しています。

手直しで特に多いのは、文章の主語と述語が前後している。

「何が」「どうする」これだけは抑えて書かないと、読んでいる読者は理解が全くできません。

結構、重要です。

また、パソコンで作成した記事を画面の小さいスマホで読んでみると、違った見え方がします。

その他としては、紙に出して読んで見るのも有効です。

文書は見る「大きさ」「角度」によって見え方が変わってきます。

声を出して音読するのも良いでしょう。

口に出すと、文章の構成に違和感を感じることがあります。

自分の一番ベストな方法でチェックをすると良いでしょう。

記事は構成を手順通りに進める

ブログの記事を書くには、準備と解決策を手順通りに正しい道筋で進める。

誰でも一つの作品が作れます。

道筋

• テーマを決める

• 調べる

• キーワードにかける

• 構成作る

• 書く

 

どのような作業でも、8割は準備で完成します。

準備と言うのは記事全体の構成です。

構成ができていない状態で書き始めると途中で挫折をします。

記事構成がないと最終のゴールが見えません。

目的地がない場所を永遠と迷子になっているのと同じです。

つまり、構成は重要な土台です。

ブログを書くために行動することは「構成を固める」「文章を書く」

この2つを順番に進めるのが大切です。

結論:構成でほぼ決まりです。

 

ブログが書けない解決策まとめ

ブロブの悩みと解決について解説をしてきました。

記事を書く作業は、手順通りに進めると誰でも身につきます。

後は続けていくことで習得できます。

気難しく考える必要はありません。

ポイントは、一つです。

1人のために、誰でも分かりやすい明確な日本語を使うこと。


これだけです。

途中で投げ出したい時もあるでしょう。

嫌になった時は休んだり、気晴らしに遊んで発散するとアイデアが浮かんできます。

挫折も良いです。

気長に楽しみながら続けていくことが大切です。

記事作成の参考にして頂けるとありがたいです。

ブログを始めるなら

「Xserver」は、国内最安値に挑戦しているNo.1のドメイン登録サービです。

独自ドメインと合わせて、WordPressのインストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを取得

スポンサーリンク

-ブログ
-