NFT

Discordのセキュリティを高める「二要素認証」と「DM」設定を解説

NFT

 

ナカムです。

本日は「Discordのセキュリティを高める方法」を解説します。

本記事で分かる内容

•  二要素認証の設定方法

•  DMの設定方法

上記の設定をすることでDiscordのセキュリティを高めることが可能になります。

なぜ、セキュリティを高める必要があるのでしょうか?

結論:アカウントの防御力アップと自己防衛のためです。

実は、フィッシングサイトにログインした後、「Discordアカウントの情報を盗まれる」ということがあります。

これは、非常に恐いです。

アカウントの情報を盗まれると、どうなるのでしょうか?

最悪は、「Discordのアカウントを乗っ取られて悪用される」ということが起きます。防御力を高めるためにも「二要素認証」と「DM」の設定をおすすめします。

 

□安全対策

DiscordのアカウントとDMのセキュリティを高める方法について解説していきます。

Discordアカウントの対策は、「二要素認証」設定をすることです。万が一、パスワードだけ盗まれても二要素認証を設定していることで「ログイン時に電話番号の確認を取る」という仕組みからアカウントを守ることができます。

DiscordのDMは、公式を装ったアカウントからフィッシングURLを送ってくることがよくあります。こちらも設定の見直しについて解説していきます。

最初に、Discordの「二要素認証」設定方法についてです。

 

○Discord「二要素認証」

パソコンからの設定で解説していきます。

1. Discord、下部の「ユーザー設定」をクリックする。

 

 

2.「マイアカウント」をクリックして下部の「二要素認証を有効化」をクリックする。

 

3. 「パスワード」を入力する

 

「はい」をクリックすると次の表示に変わるので、上から順番に進んでいきます。

 

4.「AuthyまたはGoogle Authenticator」をダウンロードする。

※今回は、「Google Authenticator」を使っていきます。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

5. 「Google Authenticator」アプリを起動して「右下のプラス」をクリックする。

6. 「QRコードをスキャン」をクリックして、先ほどのQRコードを読み込みます。

 

7. Google AuthenticatorにDiscordが登録されるので、ランダム6桁の数字を確認する。

※右側のマークは、ランダム6桁の数字を表示している有効時間です。クリックすると数字がコピーされます。

 

8. パソコンの画面に戻って「コードでログイン」に6桁の数字を入力する。

 

9. 「二要素認証がアクティベートされました!」の表示が出れば完了です。

※「SMS認証を有効化」と「バックアップコードをダウンロード」は、必ず行っておきましょう。

 

10. 「二要素認証を解除する」をクリックすると、解除ができます。

二要素認証の設定は以上になります。次は、DMの設定についてです。

 

○DMの設定

1. Discord、下部の「ユーザー設定」をクリックする。

 

 

2. 「プライバシー・安全」をクリックする。

3. 「安全第一」をクリックする。

 

 

□Discordのセキュリティを高める「二要素認証」と「DM」設定まとめ

最後に内容の要点をまとめます。

本記事で分かる内容

•  二要素認証は必ず設定する

•  DMは「安全第一」に設定する

上記の2つは、Discordを安全に使っていく上ですごく大切です。必ず、設定をしておきましょう。

今回の解説は以上です。

それではまた。

スポンサーリンク

-NFT