NFT

【基礎 】NFTマーケットプレイスのX2Y2とは?特徴と使い方を解説

2022年8月22日

NFT

 

ナカムです。

本日は「NFTマーケットプレイスのX2Y2」を解説します。

本記事で分かる内容

•  X2Y2の特徴とは?

•  「X2Y2トークン」とは?

•  NFTマーケットプレイスの使い方

まずは、「X2Y2の中身」から学んでいきます。どのようなNFTマーケットプレイスなのか?結論は次の通りです。

結論:X2Y2は、「X2Y2トークン」を活用したNFTマーケットプレイスです。

ざっくりいうと、OpenSeaと同じようにNFTの取引を行うことができる場所です。

X2Y2:https://x2y2.io/ja

Twitter:https://twitter.com/the_x2y2

 

おすすめの取引所
国内取引所 bitFlyer
国内取引所 Coincheck
国内取引所 Huobi Japan
海外取引所 Binance
海外取引所 BYBIT
海外取引所 Coinbase

 

次は、X2Y2がNFTマーケットプレイスを立ち上げた理由について解説していきます。

X2Y2は次のようなビジョンを掲げています。

ビジョン

私たちX2Y2 は、真に分散型の NFT 市場を構築し、それをコミュニティに還元するというビジョンを共有しています。

参照:X2Y2 DOCS

現在、「NFTといえば?OpenSea?」というぐらい、OpenSeaは最初に名前が出てくる人気のNFTマーケットプレイスです。

しかし、突然のシステムダウンや対応のすれ違いなどにストレスを感じる方は多いと思います。

OpenSeaは、既存の企業のように中央集権に近い側面が度々、議論されています。その辺り、X2Y2 は、真に分散型の NFT 市場を構築する。

つまり、DAOを目指しているNFTマーケットプレイスです。

 

□X2Y2とOpenSeaの比較

X2Y2とOpenSeaの2つを比較して見ていきます。どちらもイーサリアムのNFTを主力としているNFTマーケットプレイスです。

X2Y2 OpenSea
ウォレット  

MetaMask

Coinbase Wallet

SafePal

MathWallet

TokenPocket

Trust Wallet

imToken

 

MetaMask

Coinbase Wallet

Trust Wallet

Portis

Wallet Connect

Phantom

Glow

ブロックチェーン Ethereum/ETH Ethereum/ETH
Ethereum/Arbitrum
Ethereum/Optimism
Solana/SOL
Polygon/MATIC
Klaytn/KLAY
Avalanche/AVAX
BNB Chain/BNB
取引手数料 0% 2.5%
独自トークン 有り 無し
取引方法 固定・オファー・オークション 固定・オファー・オークション

 

参考:ブロックチェーン一覧

•  イーサリアム/Ethereum:トークン ETH

•  イーサリアム/Ethereum:トークン WETH

•  イーサリアム/Ethereum:トークン Arbitrum

•  イーサリアム/Ethereum:トークン Optimism

•  ポリゴン/polygon:トークン MATIC

•  ソラナ/solana:トークン SOL

•  クレイトン/Klaytn:トークン KLAY

•  アバランチ/Avalanche:トークンAVAX

•  BNBチェーン/BNB Chain:トークンBNB

 

X2Y2とOpenSeaで対応しているウォレット、取引手数料、取引方法については、どちらもほとんど同じです。しかし、対応しているブロックチェーンは、OpenSeaの方が多いです。

これでは、競争力が弱いです。ということでX2Y2は、マルチチェーンNFTマーケットプレイスであるtofuNFTとの戦略的パートナーシップを発表しました。

tofuNFTには、BNB、Polygon、Avalanche、Astar、Moonbeam、および Arbitrum、Optimism、zkSync (発表予定) などのさまざまなレイヤー 2 チェーンに対応しています。

X2Y2とtofuNFTの戦略的パートナーシップは、お互いに手を取り合いながら競争力を付けていくでしょう。

詳細は、こちらの「tofuNFT Announces Strategic Partnership with X2Y2」参考にしてくださいね。

tofuNFT:https://tofunft.com/

Twitter:https://twitter.com/tofuNFT

次は、具体的にX2Y2の中身を解説していきます。

 

○X2Y2は2022年2月16日にNFTマーケットプレイスを開始

X2Y2は、2022年2月16日にNFTマーケットプレイスを本格的に開始しました。開始に合わせてNFTマーケットプレイスのOpenSeaに対してヴァンパイア・アタックを仕掛け、OpenSeaのユーザーにX2Y2トークンをエアドロップしました。

※ヴァンパイア・アタックは、暗号資産/Web3特有の手法です。ある種のインセンティブ (通常はトークン) を提供することによって、競合他社のユーザーを自社のプラットフォームに吸い上げる手法を指します。

 

エアドロップは、X2Y2トークン全体の供給量10億枚のうち12%に相当する1.2億枚を当てます。

出典:X2Y2 Tokenomics

総供給の割合 合計 X2Y2
エアドロップ 12% 120,000,000
開発チーム 10% 100,000,000
財務とエコシステム 10% 100,000,000
プレセール 1.5% 15,000,000
流動性管理 1.5% 15,000,000
ステーキング報酬 65% 650,000,000
総供給量 100% 10億

エアドロップの施策も好印象を受け、順調にユーザーを増やしている状況です。

 

□ロードマップ

次は、X2Y2の短期的、中期的、長期的、ロードマップを見ていきます。

短期的

•  OpenSeaユーザー向けのX2Y2エアドロップクレーム

•  X2Y2トークンステーキング

•  一括出品

•  メール通知

•  コレクションの希少性の統合

•  一括購入

•  コレクション作成者向けの管理ページ

•  アイテムを非表示/秘密にする

•  OpenSea との統合

•  競売

•  プライベートセール

•  ERC-1155 サポート

•  価格と最低価格の分析グラフ

•  NFTコレクションのカテゴリ

•  より良い検索

•  ENS 統合

•  属性の下限価格

•  NFTプロジェクトの立ち上げのためのツール

 

中期的

•  X2Y2 公式 NFT の高度な機能

•  特定の特性を持つ NFT リストの通知

•  機密機能

•  より多くの X2Y2 トークンの使用

•  コレクションの確認

•  コレクションの立ち上げとプロモーション

 

長期的

•  市場向けの 3D/VR 没入型 UI/UX

•  レイヤー 2 展開

X2Y2では、上記のロードマップを進めています。そして、「開発チームは、コミュニティから提案された多くの必要な機能を備えた、より完全な市場を目指しています」ということをロードマップの中で掲げているのは素晴らしいです。

次は、X2Y2の特徴を具体的に見ていきます。

 

□X2Y2の特徴とは?

主な特徴は次の7つです。

X2Y2の特徴

•  NFTはイーサリアムのみ対応※

•  日本語対応

•  X2Y2トークンを活用

•  ステーキンング報酬

•  NFT Loan(ローン)

•  売買の取引手数料はOpenSeaよりも低い

•  購入者はプロジェクトのロイヤリティを選択可能

•  カート機能

上記の特徴を解説をしますので、ゆっくりと見ていきましょう。

 

□NFTはイーサリアムのみ対応※

X2Y2の対応しているNFTは、イーサリアムのみです。なので、Polygon、Solanaの取引を考えている方は、OpenSeaを利用することになります。

とはいえ、世界中のNFTはイーサリアムが主流なのでX2Y2の活用はありです。

※補足としてX2Y2の出品では、OpenSeaからイーサリアムNFTを出品している場合、「インポート機能」を使えば簡単に出品できます。

とはいえ。X2Y2はマルチチェーンNFTマーケットプレイスであるtofuNFTとの戦略的パートナーシップを組んだので、イーサリアム以外のチェーンも対応してくるでしょう。

詳細は、こちらの「tofuNFT Announces Strategic Partnership with X2Y2」参考にしてくださいね。

 

○日本語対応

出典:X2Y2

NFT、仮想通貨(暗号資産)は海外のサービスが多いため、英語が主流です。X2Y2は、日本語に対応しているので英語が苦手な方でも助かります。

日本語に対応しているX2Y2は助かります。

 

□X2Y2トークンを活用

X2Y2では、トークンノミクスとして「X2Y2トークン」を発行しています。トークンを活用しながら報酬を得ることができるNFTマーケットプレイスです。

プラットフォームでX2Y2トークンを賭けるユーザーは、賭け金に比例するすべてのNFT取引の手数料の○%を受け取ります。

確認方法は、最初のトップ画面右上に表示されている「報酬」をクリックします。

出典:X2Y2

 

次に、X2Y2 リワードの画面に移動します。「トレーディング/ガス」の中で確認が可能です。

「トレーディング/ガス」

出典:X2Y2

 

□ステーキンング報酬

X2Y2では、プラットホームの中にステーキング機能を実装しています。保有している「トークン」を増やすことが可能になっているNFTマーケットプレイスです。

先ほどの「X2Y2 リワード内に入ると、真ん中に「コンパウンダー / ステーキング」の表示があります。

コンパウンダー / ステーキング

出典:X2Y2

コンパウンダー / ステーキング」を上手に活用しながら報酬を増やしてくださいね。

ステーキング報酬 参考:X2Y2 DOCS

※補足として、X2Y2トークンは、「報酬」→「X2Y2購入」→「Uniswap」から手に入れることが可能です。

その前に、「ウォレットに追加」をクリックしてウォレットにX2Y2トークンを追加しておきましょう。

出典:X2Y2

 

□NFT Loan(ローン)

出典:X2Y2

X2Y2ではNFTを担保として使用し、他の貸し手からETHを「借りる/貸すことができます。これは、X2Y2のNFT Loanと呼ばれています。

 

X2Y2に記載されているNFT Loanの目的としては、次の通りです。

NFT Loanの目的としては、P2P(ピアツーピア)NFT Loan機能によってさらに証明され、優良 NFT やその他のホットなトレンド コレクションの市場流動性を解放することを目的としています。

適格なコレクションのNFT保有者は、X2Y2ユーザーによるローンの申し出を受け入れることが可能です。

 

○Loanの仕組み

Loanの条件は、Loan提供者によって完全に決定され、パラメーターにはローンの価値、返済額、期間、および APR が含まれます。

Loanの申し出が受け入れられると、ETH が借り手に転送され、担保として使用される対応する NFT が契約にロックされます。

NFT の所有者または借り手は、NFT を取り戻すために、借りた金額に加えて以前に同意した利子を返済する必要があります。

有効期限までにこれを怠ると、担保付き NFT の所有権が貸し手に付与されます。

 

○対象NFT

対象となるNFTは、次の通りになります。

0N1 Force、Art Blocks V1、Art Gobblers、Azuki、BEANZ Official、Bored Ape Kennel Club、Bored Ape Yacht Club、CLONE X - TAKASHI MURAKAMI、Cool Cats NFT、CryptoDickbutts、Doodles、ENS: Ethereum Name Service、FLUF World、Goblintown.wtf、Invisible Friends、KILLABEARS、mfers、Moonbirds、Mutant Ape Yacht Club、Otherdeed for Otherside、PXN: Ghost Division、Quirkies Originals、Renga、The Sandbox、VeeFriends、World Of Women

出典:X2Y2

 

○NFTでETHを借りる

出典:X2Y2

担保として使用できるNFTは、次の条件を満たす必要があります。

•  NFT コレクションはホワイトリストにあります。

•  NFT は、X2Y2 または他の市場 (OpenSea など) で盗難または削除されたものとしてマークされていません。

•  NFT は有効なLoanのオファーを受け取りました (これは、一部の貸し手が ETH を貸したいと考えていることを意味します)。

 

○NFT担保を選択する

1. NFT Loanの下部にある「Connect wallet to proceedをクリックします。

 

2. 次に「OKをクリックします。

 

3. ウォレットが立ち上がるので「署名をクリックします。

4. 保有している作品を選択し、「Set termsをクリックします。

 

5. 次に「BORROWの数字を入力し、「日数を選択後に「SET」をクリックします。

 

○Loanの確立方法

Loanの申し出を受け入れることで、次のような NFT Loanを確立します。

•  ETHをウォレットに送金します。

•  期限までにETHの金額(借りた金額 + 利息)を返済する必要があります。

•  Loanを完済するまで、NFTを担保として契約にロックします。

•  期日までにLoanを完済できなかった場合、貸し手にNFT担保を取得する権利を与えます。

 

○Loan オファー

Loanの申し出は、貸し手がNFTの価値に基づいてETHを貸与する意思表示を示す方法です。

X2Y2では、ターゲットの種類に基づいて、2種類のLoan オファーがあります。

•  1 つのコレクションのすべてのアイテムに適用されるコレクション オファー。コレクションのアイテムを 1 つ所有していれば、誰でもコレクションのオファーを受け入れることができます。

•  単一のアイテムに適用されるアイテム オファー。オファーを受け入れることができるのはアイテムの所有者だけです。

 

一般的なオファーには、次の条件が含まれます。

•  Loanの価値。貸し手が貸そうとする ETH の量。

•  返済額。借り手が返済しなければならない ETH の額で、借りた額と利息で構成されます。

•  間隔。借り手がLoanを完済するのにかかる時間。

•  年率 (APR)。金利と手数料を含む借り手へのLoanの年間コストで、パーセンテージで表されます。これは、Loanの価値に対してどのくらいの利息が発生するかを測定するために使用されます。

•  有効期限。オファーは、有効期限が過ぎると無効になります。

 

○ETHの借方

ETH の借入を開始するには、Loanの申し出を受けた NFT の 1 つを見つける必要があります。

NFTの詳細ページのLoan セクションを確認できます。

ホワイトリストに登録されたコレクションの NFT がある場合は、NFT の詳細ページを開いてLoanのオファーを確認できます。

それ以外の場合は、所有している他のコレクションがホワイトリストに追加されるまで待つか、上記のコレクションから NFT を購入する必要があります。

 

○オファーを受け入れる

複数のオファーを利用できる場合がありますが、Loanの値、APR、および期間が異なります。一番合ったものを選んでください。

受け入れるオファーを決定したら、その右側にある [借りる] ボタンをクリックし、もう一度条件を確認して、下部にある [借りる] ボタンをクリックしてオファーを受け入れ、ローンを確立します。

トランザクションが成功すると、NFT はコントラクトでロックされ、ETH がウォレットに入金されます。

 

進行中のLoanは、プロフィール ページの [Loan] タブで閲覧できます。

右側の [返済] ボタンをクリックしてローンを完済し、NFT を取り戻します。

期限前であればいつでも返済できますが、返済額は変わりません。

期日までにLoanを返済しない場合、Loanは期日後に債務不履行になります。

Loanを返済して X2Y2 経由で NFT を取り戻すことはできず、貸し手は NFT を自分のウォレットに取り戻すことができます。

 

○ETHを貸して利息を得る

X2Y2では、個々の貸し手は、コレクション全体または単一のNFTにLoanのオファーを送信できます。

Loanのオファーには、次の条件が含まれます。

•  Loanの価値。貸し手が貸そうとする ETH の量。

•  返済額。借り手が返済しなければならない ETH の額で、借りた額と利息で構成されます。

•  間隔。借り手がLoanを完済するのにかかる時間。

•  年率 (APR)。金利と手数料を含む借り手へのローンの年間コストで、パーセンテージで表されます。これは、Loanの価値に対してどのくらいの利息が発生するかを測定するために使用されます。

•  有効期限。オファーは、有効期限が過ぎると無効になります。

※借り手はいつでもあなたの申し出を受け入れ、すぐにLoanを組むことができます。

※期間が異なる限り、複数のLoanオファーをコレクションまたは単一のアイテムに同時に送信できます。これにより、ETH 資金の使用率が大幅に向上します。

 

○コレクションのホワイトリスト

現時点では、ホワイトリストに登録された限定されたコレクションのみが貸出のオファーに対応しています。

これは、貸し手の損失につながる可能性が高いボラティリティの高いコレクションを避けたいためです。

 

○Loanのオファー

コレクション ページで [Loanのオファーを作成] ボタンをクリックしてコレクションにオファーするか、NFT 詳細ページで単一の NFT にオファーすることができます。

オファーを行う前に、NFT Loanが借り手に受け入れられると、次のことが行われることに注意してください。

•  承認した金額の ETH をウォレットから借り手に送信します。

•  借り手の NFT を担保として契約にロックします。

•  借り手が期日までにLoanを完済できなかった場合に、NFT 担保を取得できるようにします。

NFT Loan:DOCS

 

□売買の取引手数料はOpenSeaよりも低い

取引手数料は、OpenSeaの2.5%よりも低い「0%に設定されています。

手数料については、2.0%→0.5%→0%へ減少しています。ただし、市場の状況によっては変更されるかもしれないので情報を追っていくのが必要です。

手数料が0.5%へ減らすときは下記のように公式発表から発表がありました。

2022年は弱気相場の影響は続くと判断されているので、5月1日以降の手数料は、0.5%に設定されました。

参考:X2Y2 DOCS

※補足として、X2Y2 市場での取引から収集されたすべての ETH 手数料は、24 時間ごとに適格な X2Y2 ステーカーに分配されます。

 

□X2Y2の手数料とは?

手数料については、次の通りになります。

市場手数料を獲得

•  リリースは、さらに 24 時間にわたって線形形式で行われます。

•  報酬はWETHにあります。

•  報酬の有効期限はありませんので、いつでも請求できます。

 

市場手数料報酬については、毎日の市場手数料配分の計算から以下のケースが考慮されます。

•  ステークされたX2Y2トークンの合計。

•  ロックされたX2Y2トークン。ILO で販売されているトークン、開発およびチーム シェア (初日は 0% から始まり、徐々に入ります) を含みます。

参考:X2Y2 DOCS

 

□買い手と売り手の取引報酬

買い手と売り手の報酬は次の通りになります。

出典:X2Y2

•  0.01 ETH 以上の価格での購入のみがポイントを獲得します。

•  AYOR NFT を保有していない購入者の場合、購入ごとに 1 ポイントに相当します。

•  非ILO AYOR NFT (#1000-9999) ホルダーの場合、購入ごとに 2 ポイントに相当します。

•  ILO AYOR NFT (#0-999) ホルダーの場合、購入ごとに 4 ポイントに相当します。

•  各購入者アドレスは、1 日あたり 20 ポイントを超えることはできません。

 

ポイントの配布時期

•  ポイントは購入後10分以内に付与されます。

•  各ユーザーの合計ポイントは、1 日の終わりに X2Y2 の報酬に変換されます。

 

報酬の分配

•  売り手と買い手の両方の取引報酬は、翌日の午前 0 時 (UTC) に計算および配布され、午前 3 時 (UTC) 頃に取引報酬ページで請求可能になります。

参考:X2Y2 DOCS

 

□購入者はプロジェクトのロイヤリティを選択可能

X2Y2では、8月26日に購入者のプロジェクトに貢献したいロイヤリティの額が選択できるようになりました。

※その後、ロイヤリティの選択性が廃止になりました。

ロイヤリティは、NFTプロジェクトが完売した後もクリエイターに2次流通として手数料が発生する料金です。たとえば、OpenSeaでは、プロジェクト側のコレクション設定で「〜10%」までロイヤリティの設定が可能です。

X2Y2の仕様変更にともない、クリエイターは購入者が自分のNFTを購入する際に課金される手数料を設定することができます。

しかし、ロイヤリティの選択については、さまざまな議論が起こりました。次の日には、アップデートを進行中という発表をしています。

こちらがTwitterの発表投稿です。

1. 1/1 のアートや類似の作品にはロイヤリティを適用します。

2. 「保有者のみ」の投票システムを実装して、保有者がグループとして、オプションのロイヤルティを有効/無効にするかどうかを決定できるようにする。

X2Y2の新しいアップデートにより、プラットフォーム上の購入者は、NFTプロジェクトに貢献したい金額を自由に設定できるようになりました。

ただし、デフォルトの金額はクリエイターのリクエストに基づいて設定されていますが、バイヤーが簡単に調整することができます。

 

○ロイヤリティの仕様変更※

X2Y2から突然、ロイヤリティについて以下のとおり、仕様変更のアナウンスがありました。

"TL;DR X2Y2は全てのコレクションにロイヤリティを強制的に徴収します。"という発表です。

そして、ロイヤリティの選択は無くなり、元の仕様に戻ったということです。

 

□カート機能

X2Y2では、カート機能が付いています。ネット通販の楽天市場やAmazonみたいに欲しいNFTを「カート」に入れてから購入することが可能です。

 

1. コレクションのNFTから「カートへ追加」をクリックする。

出典:X2Y2

 

2. トップ画面の「カート」をクリックする。

出典:X2Y2

 

3. 固定価格の購入は、「ETH」をクリックし、次に「買う」をクリックする。

※カート内のNFTを削除したい場合は、「ゴミ箱マーク」をクリックする。

出典:X2Y2

 

□購入手順

購入の手順は次の通りになります。

今回は、Ledger Nano X Black on BlackのNFTを購入した流れから紹介します。

 

① 「Buy now」をクリックします。

出典:X2Y2

 

② 「Buy」をクリックします。

出典:X2Y2

 

③ ガス代と合計の価格を見た後に「確認」をクリックします。

 

○報酬の「X2Y2 Token」を回収

NFTを購入後に報酬として得ることができる「X2Y2 Token」の回収方法を解説していきます。

 

1. ホーム画面の右上「マイメニュー」をクリックします。

 

2. マイメニュー下部のX2Y2「回収」をクリックします。

 

3. X2Y2リワード画面へ移動するのでX2Y2 Tokenの報酬を確認し、「回収」をクリックします。

 

4. Ready to claim(請求)の表示がされるので、「claim(請求)&stake(賭ける)」 or 「claim(請求)」を選択し、クリックします。

 

5. ウォレットが起動するので「確認」をクリックします。

 

6. stake(賭ける)」を選択した場合は、X2Y2リワードのコンパウンダー / ステーキングで確認ができます。

 

□X2Y2の取引アイテム

X2Y2では、NFT化できるコンテンツであれば、基本的にどのような作品でも取引可能です。以下の作品が出品されています。

 

○CLONE X

X2Y2:CLONE X

 

○Azuki

X2Y2:Azuki

 

○CryptoNinja Partners

X2Y2:CryptoNinja Partners

 

○CNP Jobs

X2Y2:CNP Jobs

 

○ENS

X2Y2:ENS

 

○STEPN Shoeboxes

X2Y2:STEPN Shoeboxes

次は、NFTマーケットプレイスの使い方を解説していきます。

 

その前にX2Y2での取引は、イーサリアムの仮想通貨(暗号資産)が必要です。まだ、イーサリアムを持っていない方は国内取引所の口座を開設し、ウォレットへ送金する必要があります。

X2Y2の取引前に行う準備は次の6ステップです。

1. 暗号資産取引所で口座開設

2. イーサリアム/ETHを購入

3. ウォレットのMetaMaskを作成

4. MetaMaskにイーサリアム/ETHを送金

5. X2Y2にMetaMaskを接続

6. X2Y2でNFTを購入

NFTを購入するためには、国内の暗号資産取引所でイーサリアムを購入をする必要があります。次にイーサリアムを受け取るためのMetaMaskを作成します。

事前に2つの作業を完了させておきましょう。

暗号資産取引所の口座開設、イーサリアムの購入、MetaMaskの作成方法と送金方法については、「【ウォレット基本】MetaMask(メタマスク)の登録方法&使い方を解説」に詳しく書かれているので参考にしてくださいね。

取引所の口座開設は、2014年に設立して以降、ビットコイン取引量 国内 No.1※を継続「bitFlyer」がおすすめです。

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyer

国内暗号資産取引所 bitFlyerの口座開設はこちら

補足として、普段の買い物でbitFlyerクレカを使用すればビットコインが貯まります。

大変、お得なクレジットカードなのでこちらもおすすめです。

 

国内の取引所を運営しているコインチェックは、お得なキャンペーンを定期的に行っているので、忘れないうちに口座開設をしておきましょう。

コインチェック国内暗号資産取引所 コインチェックの口座開設はこちら

 

□NFTマーケットプレイスの使い方

X2Y2のNFTマーケットプレイスについて使い方を解説します。準備までの手順は、次の通りです。

※途中のプロファイル設定は、あとで編集も可能です。

手順

•  ウォレット接続

•  プロファイルと設定の編集

•  NFTの販売

•  NFTの購入

最初にウォレットの接続方法を解説します。

 

○ウォレット接続

1. トップ画面の右上に表示されているアイコンをクリックする。

出典:X2Y2

 

2. MetaMaskに接続する。

出典:X2Y2

 

○サポートされているウォレット

以下のウォレットは、サポートされているので利用が可能です。

•  MetaMask

•  Coinbase Wallet

•  SafePal

•  MathWallet

•  TokenPocket

•  Trust Wallet

•  imToken

上記のようにイーサリアムに対応しているウォレットが利用できます。

補足として、次のことがX2Y2には、記載されていましたのでご注意してくださいね。

※wallet-connect 経由の接続は携帯電話とパッドでサポートされていますが、代わりにウォレット アプリ内で dapp ブラウザーを使用することを強くお勧めします。

wallet-connect 経由でログインする以外に選択肢がない場合は、次のことを確認してください。

•  x2y2.io は常に Safari や Chrome などのフル機能のブラウザーで開きます。

•  他のアプリ内で x2y2.io を開かないでください。Discord、Telegram、Twitter。これらのケースでは、ウォレット接続の既知の互換性の問題が多数あるためです。

•  接続するときは、必ず Ethereum ネットワークを選択してください。

X2Y2:DOCS

次は、プロファイルと通知の設定についてい解説します。

 

○プロファイルと通知の設定

2. ウォレットの接続が終わればトップ画面の右上アイコンをクリックする。

出典:X2Y2

 

3.「設定」をクリックする。

出典:X2Y2

 

4. 「アドレスの確認」をクリックする。

出典:X2Y2

 

5. MetaMaskの「署名」をクリックする。

出典:X2Y2

 

○プロフィール設定

1. プロフィール欄の入力をします。

各項目の入力が終われば、「保存」をクリックする。

※アイコンの設定は、「マイアイテム」をクリックし保有のNFTを選択します。

出典:X2Y2

 

○アイコンのアバター設定

アイコンのアバター設定の解説をします。

1. 「マイアイテム」をクリックする。

 

2.マイアイテム内からNFTを選択後に、「アバターに設定」をクリックする。

出典:X2Y2

 

3. 「アドレスの確認」をクリックする。

出典:X2Y2

 

4. MetaMaskの「署名」をクリックする。

出典:X2Y2

 

○通知

1. 「通知」をクリックする。

出典:X2Y2

 

2. 「Telegram」 「メール」を連携し、好みで通知を「ON」「OFF」に設定する。

「フィッシング対策コード」のコードを入力して「保存」をクリックする。

出典:X2Y2

プロファイルと通知の設定は以上になります。次は、NFTの販売方法について解説していきます。

 

○NFTの販売

X2Y2では、「個別出品」「一括出品」の販売方法があります。そして、現時点の販売条件については次の通りになります。

販売条件

•  独自コントラクト

•  イーサリアム

•  ERC-721

•  OpenSeaで出品

※OpenSeaの標準規格であるERC-1155は、今後実装される見込みです。

現在のX2Y2では、NFTを「販売するだけ」のNFTマーケットプレイスです。なので、販売をするためには「独自コントラクト」「イーサリアム」「ERC-721」のNFT が条件になります。

このような条件を踏まえながらOpenSeaで販売しているNFTは、X2Y2からも販売が可能です。

最初に個別出品の方法を解説していきます。

 

○個別出品

個別出品の方法は次の通りになります。

1. トップ画面の「販売」をクリックする。

出典:X2Y2

 

2. 「アイテム」をクリックする。

出典:X2Y2

 

3. 「固定価格」をクリックする。

出典:X2Y2

 

4. 「価格」「有効期限」を入力後に「リスト」をクリックする。

※指定されたアドレスのみ購入する場合は、「プライベートセール」にアドレスを入力します。

出典:X2Y2

 

○一括出品

一括出品を解説していきます。たくさんの数を出品する場合は、一括出品を活用した方が楽です。

 

1. 販売画面から「一括出品」をクリックする。

出典:X2Y2

 

2, コレクションの「承認」を進める。

一括出品をする場合は、「ステップ1」「ステップ2」の手順を進める必要があるので注意が必要です。

出品する前にコレクションを承認をする必要があります。コレクションごとに一度だけ「10ドル」のガス代がかかります。

承認が終われば販売へ進みます。

出典:X2Y2

 

3. 「承認」をクリックする。

出典:X2Y2

 

4. 「価格」を入力後に「リスト」をクリックする。

出典:X2Y2

 

※OpenSeaに出品されているアイテムを取得できない場合は、「アップデートをリクエスト」をクリックする。

出典:X2Y2

 

○NFTの購入

NFTの購入手順について解説していきます。

X2Y2の購入手順

1.  暗号資産取引所で口座開設

2. イーサリアム/ETHを購入

3. ウォレットのMetaMaskを作成

4. MetaMaskにイーサリアム/ETHを送金

5. X2Y2にMetaMaskを接続

6. X2Y2でNFTを購入

手順は、上記の通りになります。1〜4が終われば早速、X2Y2でNFTを購入していきます。

暗号資産取引所の口座開設、イーサリアムの購入、MetaMaskの作成方法と送金方法については、「【ウォレット基本】MetaMask(メタマスク)の登録方法&使い方を解説」に詳しく書かれているので参考にしてくださいね。

 

具体的な購入方法は次の手順です。

1. 「探す」 or 「ランキング」をクリックします。

 

出典:X2Y2

最初に「探す」から解説していきます。

 

2. アイテムの画像をクリックする。

出典:X2Y2

 

3. 「今すぐ購入」 or 「カートへ追加」をクリックする。

出典:X2Y2

 

※X2Y2で確認されていないコントラクトは、次のような表示が出ますので、注意して作品を購入してください。

出典:X2Y2

 

4. 「購入」をクリックする。

出典:X2Y2

 

5. MetaMaskが起動するので「確認」をクリックする。

 

※資金不足の場合は、「資金不足です:○○○ETH」という表示が出ます。

出典:X2Y2

 

□購入方法の使い方

X2Y2の使い方はすごくシンプルです。リアルタイムのNFTを購入したい場合は、「アクティビティ」をクリックします。

右端に現在の販売時間が表示されています。

※最初の状態は、「オファー」を受ける作品が並ぶので、固定価格のNFTを確認したい場合は、「売買」を消します。

出典:X2Y2

 

固定販売は、「売買」を消す。

出典:X2Y2

 

「売買」を消すと固定価格の出品とオファーのNFTが表示されます。

出典:X2Y2

 

○ランキング

X2Y2で販売しているランキングを確認したい場合は、上部の「ランクング」をクリックする。

出典:X2Y2

 

○検索

特定の調べたいNFTがある場合は、「検索」に情報を入力します。

検索のNFTが表示されるので、クリックします。

※X2Y2の中で検索が表示されないNFTは、購入ができないです。

出典:X2Y2

 

○コレクション内のフィルター変更

特定のコレクション内では、フィルターを変更することで好みの探し方ができます。

出典:X2Y2

 

□保有のNFT確認方法

保有しているNFTの確認方法を解説していきます。

1. 保有しているNFTの確認方法は、トップ画面の右上「マイメニュー」をクリックします。

出典:X2Y2

 

2. 「マイアイテム」をクリックする。

出典:X2Y2

上記の手順を進めると保有しているNFTが表示されます。

 

□X2Y2のまとめ

最後にX2Y2の特徴とは?について要点をまとめます。

•  NFTはイーサリアムのみ対応

•  日本語対応

•  X2Y2トークンを活用

•  ステーキンング報酬

•  売買の取引手数料はOpenSeaよりも低い

•  購入者はプロジェクトのロイヤリティを選択可能

•  カート機能

X2Y2は、イーサリアムのみ対応でしたが先日、マルチチェーンNFTマーケットプレイスであるtofuNFTとの戦略的パートナーシップを発表しました。

今後は、他のチェーンも対応してくるかもしれないです。

そして、X2Y2はNFTマーケットプレイス取引量が多いOpenSeaの競争相手までに成長しています。

最後にX2Y2は、次のようなビジョンを掲げています。

私たちX2Y2 は、真に分散型の NFT 市場を構築し、それをコミュニティに還元するというビジョンを共有しています。

参照:X2Y2 DOCS

X2Y2は、コミュニティと一緒に豊富な機能の改善を続けているので、NFTマーケットプレイスとして注目をしていくべき場所です。

全体的に表示がシンプルで使いやすい場所ですね。

それではまた。

X2Y2:https://x2y2.io/ja

スポンサーリンク

-NFT