Crypto

【ガス代安い】Umbria Networkとは?ポリゴンとイーサリアムの間をブリッジする方法

Crypto

 

ナカムです。

本日は「Umbria Networkの使い方」を解説します。

本記事で分かる内容

•  Umbria Networkとは?

•  ポリゴンとイーサリアムの間を安くブリッジする方法とは?

今回は、ポリゴン(Polygon)とイーサリアム(Ethereum)のブリッジを中心に紹介します。

公式サイト:https://umbria.network

Twitter:https://twitter.com/@NetworkUmbria

※補足としてポリゴンは、ウォレットやDEXなどで「WETH」という表示がされているので注意が必要です。

 

おすすめの取引所
国内取引所 bitFlyer
国内取引所 Coincheck
国内取引所 Huobi Japan
海外取引所 Binance
海外取引所 BYBIT
海外取引所 Coinbase

 

○ポリゴンの注意点

先に、大切なお話しをします。

結論:ポリゴンとイーサリアムは別物です。

なので、ポリゴンをイーサリアム受け取りのウォレットまたは取引所に直接送ると、資産が無くなります。

イーサリアムとポリゴンは全くの別物と認識をしてくださるといいです。

ポリゴンを取引所へ直接送金するとGOXするので注意が必要ですね。

 

詳しくは下記を参照。

次に、ポリゴンとイーサリアムの間を安くブリッジできるUmbria Networkについて解説します。

 

□Umbria Networkとは?

出典:Umbria Network

Umbria Networkは、簡単にいうと異なるブロックチェーンに変えることができる場所です。

いわゆる、DEX(分散型取引所)と呼ばれており、さまざまなチェーンにブリッジができるサービスですね。

例えば、ポリゴンチェーン、イーサリアムチェーン、バイナンススマートチェーンは、全くの別物です。

イーサリアムのNFTは、ポリゴンで購入はできないですよね。逆のパターンも同じです。

そして、ポリゴン←→イーサリアムをブリッジするためには手数料(ガス代)が必要になります。

手数料のガス代といえども、支払う値段が高いと負担になりますよね。

Umbria Networkでは、手数料のガス代を安く済ませながら異なるチェーンにブリッジができます。

 

○対応のブリッジ資産

現在、対応しているブリッジの資産は次の通りになります。

出典:Umbria Network

出典:Umbria Network

 

○人気のブリッジ

人気のブリッジは次の通りです。

イーサリアム(ETH) ポリゴン(MATIC)
Polygon→イーサリアム PolygonからイーサリアムにETHをブリッジする MATICをPolygonからイーサリアムにブリッジする
イーサリアム→Polygon イーサリアムからPolygonにETHをブリッジする MATICをイーサリアムからPolygonにブリッジする
Binanceスマートチェーン→イーサリアム BinanceスマートチェーンからイーサリアムにETHをブリッジする
イーサリアム→Binanceスマートチェーン ETHをイーサリアムからBinanceスマートチェーンブリッジする

※ポリゴンからイーサリアムにブリッジするには、「MATIC」が必要です。

MATICを手に入れる方法は、こちらの「【簡単】polygonチェーンのWETHとMATICを手に入れる方法5選」に解説をしています。参考までにです。

 

Umbria Networkは、ポリゴンチェーン使ったプロジェクトと連携を進めていますね。

実は、日本でもおなじみのCRAZY BEARSとUmbria Networkはパートナーを組んでいます。

CRAZY BEARS

出典:Umbria Network

 

ここから本題です。

ポリゴン←→イーサリアムにブリッジする方法を解説します。

 

□Umbria Networkのブリッジ手順

Umbria Networkの公式サイトにアクセスします。

公式サイト:https://umbria.network

※補足として、ポリゴンをブリッジする場合はウォレットのネットワークをポリゴンに切り替えます。イーサリアムをブリッジする場合はイーサリアムネットワークに切り替えます。

 

①「Bridge(ブリッジ)」をクリックする。

公式サイト:https://umbria.network

 

②左下または右上の「Bridge Assets」をクリックする。

 

③「Bridge」の画面で、好みのチェーンを選択します。

※「Send From」→「Receive On」にブリッジです。

 

□イーサリアムからポリゴンに「Bridge」する

イーサリアムからポリゴンにブリッジする方法を解説します。

 

①「Ethereum Mainnet(イーサリアム)」から「Polygon Pos Chain(Polygon)」のブリッジに表示を切り替える。

 

②ブリッジ先の「ETH」を確認する。

 

③数量を入力する。

 

④「Send(Metamask)」をクリックする。

 

⑤「SEND」をクリックする。

 

⑥MetaMaskが起動するので「確認」をクリックする。

上記の通りで、ガス代が「0.000102 ETH」という安い状態でポリゴンにブリッジすることが可能です。

 

※補足として、ブリッジの数量を「MAX」にするとガス代が足りなくなるので、少しだけ減らした状態がいいです。

 

□ポリゴンからイーサリアムに「Bridge」する

ポリゴンからイーサリアムにブリッジする方法を解説します。

先ほどのイーサリアムからポリゴンにブリッジした選択欄をそれぞれ反対に変えるだけです。

※ポリゴンからイーサリアムにブリッジするには、「MATIC」が必要です。

MATICを手に入れる方法は、こちらの「【簡単】polygonチェーンのWETHとMATICを手に入れる方法5選」に解説をしています。参考までにです。

 

①「Polygon Pos Chain(Polygon)」から「Ethereum Mainnet(イーサリアム)」のブリッジに表示を切り替える。

 

②ブリッジ先の「ETH」を確認する。

 

③数量を入力する。

 

④「Send(Metamask)」をクリックする。

 

⑤「SEND」をクリックする。

 

⑥MetaMaskが起動するので「確認」をクリックする。

上記の通り、ガス代が「0.001465 MATIC」という安い状態でイーサリアムにブリッジすることが可能です。

 

□Umbria Networkを使ったポリゴンとイーサリアムのブリッジまとめ

ポリゴンとイーサリアムのブリッジ解説は以上になります。

Umbria Networkを使えばブリッジのガス代を安く済ますことができます。

めちゃくちゃでいいですよね。

余談ですが、もっと幅広いチェーンにブリッジができる「Rango Exchange」というのもあります。

詳しい使い方は、「超簡単にブリッジ スワップができるRango Exchangeの使い方【クロスチェーン】」の記事で解説しているので参考までにです。

それでは、また。

公式サイト:https://umbria.network

Twitter:https://twitter.com/@NetworkUmbria

スポンサーリンク

-Crypto