NFT

【悩み解決】NFTトークンを簡単にBurn(バーン)する方法

2022年1月26日

NFT

 

ナカムです。

この記事では、NFTでAirdrop (エアドロ)されたときのBurnする方法について解説します。

 

Burnは、特に難しいことではないので誰でも簡単にできます。

※厳密にいうと、使用されていないアドレスを送ります。

※転送後のスパムNFTもあるため、自己責任です。

 

本記事で分かること

•  いらないNFTをウォレットから出す

•  Burnアドレスへ送る

 

みなさん、MetaMaskなどのウォレットにいつのまにか知らないNFTが入っていることはないでしょうか?

どこかへ投げたいNFTは存在しないでしょうか?

ぼくは、めちゃくちゃたくさんあります!!

毎日と言っていいほど、海外の方から勝手に送られてきますね。

ほとんどが、宣伝用のNFTです。

多いのがGIF作品を何枚も表示して見てもらうNFTです。

戦法?戦略?ですね。

確かに、見てもらえるので賢いと思います。

よく見かけるのが「official」と書かれた作品です。

おそらく、察しの通りです。。。

 

個人的な悩みとしては、ご厚意でエアドロされた作品も基本的に "Hidden" に入るので、いらないNFTと一緒に入っている状態です。

探すのが一苦労します。

なので、早速ですがBurnする方法について解説しますね。

 

Burn(バーン)する方法

 

NFTのToken Standardに記載されているERC-1155、ERC-721でも同じです。

ただし、ETHチェーンはガス代がかかります。

OpenSeaの仕様によってはpolygonチェーンでもたまにガス代が微妙に発生します。

何か対策を進めている気がしますね。

早速方法を紹介します。

 

Burnアドレスへ送る

次のアドレスへ送るだけで終わります。

 

0x000000000000000000000000000000000000dEaD

すごく簡単ですね!

Etherscanでも見てもらった通り、Burnアドレスとして利用されています。

 

こちらのBurn専用、OpenSeaを開いてアドレスのコピペでもできます。

 

次にアドレスがコピーできたらOpenSeaのNFTをひらきます。

そして、宝箱マークの「Transfer」をポチっと押して、先ほどのアドレスをコピーするだけで終了です。

 

特に難しいことでもないので、どこかへ投げたいNFTがあったときには、Burnアドレスへ送りましょう!

そのほか、NFTについての記事と知識が蓄えられる本です。

時間があるときにでも、流し読みすると勉強なります!

 

スポンサーリンク

-NFT
-