OpenSeaヘルプQ&A

ステーブルコインとは?

OpenSeaヘルプQ&A

 

 

こちらでは、ステーブルコインについて解説します。

 

ステーブルコインを一言でいうと “安定した価格の仮想通貨(暗号資産)” です。

※仮想通貨(暗号資産)の表記をクリプトと使わせてもらいます。

一般的にクリプトで有名なビットコインやイーサリアムは価格の上昇下降が激しいため、原状では決済の手段として利用が少ないです。

アメリカの「ドル」や中国の「元」、日本の「円」、といった法定通貨と比較する上で、価格の安定は課題として議論が度々、交わされています。

そのなかでステーブルコインは課題を解決する手段として開発がされ発行されました。

 

ステーブルコインの購入方法

クリプトの価格変動に一喜一憂される方は多いと思います。

ステーブルコインは価格が安定しているので資産防衛の一つとして購入が拡大しています。

また、DiFi(分散型金融)で資産運用としても利用されています。

ステーブルコインの例

前提としてステーブルコインは価格を安定させる仕組みの違いから主に4種類に分けられます。

次に4つなります。

•  法定通貨担保型

•  暗号資産担保型

•  無担保型

•  コモディティ型

 

次は種類別に解説をします。

 

法定通貨担保型

法定通貨担保型は、ドルや円の法定通貨を担保にコインを発行し、変換比率を固定するステーブルコインです。

交換比率を1ドルに固定したステーブルコインであれば、「1ドル=1ステーブルコイン」を交換できます。

ドルと同じ価値の交換手段としてビットコインやイーサリアムなどのクリプトの交換も可能になります。

ステーブルコインの価値が保証される理由は、ステーブルコインの発行元が発行枚数と同じ量の法定通貨を保有することで信用を担保されているためです。

ただし、ステーブルコインの発行枚数と担保する法定通貨の枚数が一致しないコインもあるので100%の信用を担保できているわけでもないです。

つまり、必ずしも絶対信用ができるとは、言い切れないため、どの種類のステーブルコインを利用するのか、を見極める必要があります。

 

暗号資産担保型

特定のクリプトを担保にしたステーブルコインです。

法定通貨担保型と比較して解説をします。

違いとしては、法定通貨担保型はドルと連動していますが、暗号資産担保型はクリプトの価格に連動しています。

つまり、上昇下降が発生するステーブルコインです。

ステーブルコインのメリットである “価格の安定” とは、少し考え方が外れますが日本の ”円” を管理している中央集権の日銀に依存することがないので “分散型”の性質を保つことがあります。

このステーブルコインは、クリプトの分散型と同じ性質を持ち合わせながら連動を保つことが可能になっています。

代表的な暗号資産担保型のステーブルコインはDAIがあります。

 

無担保型

無担保型は、ドルや円の法定通貨やクリプトを担保としないステーブルコインです。

発行元がコインの供給量を調整することで法定通貨と同等の価格を目指すステーブルコインです。

仕組みについて解説します。

コインの価格が上がっている場合は追加でコインを発行し、全体の供給量を増やすことで価格を押し下げることにつながります。

逆にコインが下がっている場合は、供給量を減らし全体の量を減らすことで価格を押し上げます。

そうすることで、安定した価格を保つことができるのです。

仕組みとしては、アルゴリズムにより価格の自動調整がおこなわれています。

アルゴリズムとは?

計算可能なことを計算することです。

Wiki参照

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルゴリズム

 

日本語訳にすると、「電子計算機」と呼びます。

簡単にいうと、手順や計算の方法です。

もう少し簡単にかみ砕くと「やり方」と言います。

定義としては、ある特定の問題を解く手順において、単純な計算や操作の組み合わせ。

ITの分野における、コンピューターにプログラムの形で実行させることができるように定式化されたこと。

電子計算を人の手でやるには大変な作業です。

 

コモディティ型

金や貴金属などのコモディティ価格と連動するものです。

コモディティとは?

ある物において、特徴と個性がない状態を指します。

例として、日本の株式会社エクスチェンジャーズが提供しているプラチナの価格と連動したステーブルコイン「xcoin Platinum」を発行しています。

コインの保有者は、現物のプラチナやゴールドを保有するのと同等の効果が得られます。

EXC社は、x-Platinumの発行残高に相当するプラチナ、地金を保有し、市場価格は常にプラチナ価格と連動しています。

xcoin Platinum参考

https://xcoinwallet.org/ja/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000067507.html

 

ステーブルコイン紹介

法定通貨として世界で最も取引が多いドルに連動するのは「Tether(テザー)/USDT」です。

また、2018年から発行開始した「USD Coin/USDC」は上場企業のCoinbaseとCircleに関わりを持っているためUSDTと同様に信頼されています。

その他には「True(トゥルー)/TUSD」、クリプトの世界で通貨を利用していると、よく「USDT」の表示を見かけると思います。

USD Coin/USDCは、イーサリアムベースのステーブルコインです。

スポンサーリンク

-OpenSeaヘルプQ&A
-,