OpenSeaヘルプQ&A

OpenSeaのガス料金はいくらですか?

OpenSeaヘルプQ&A

 

こちらでは、OpenSeaのガス料金について解説します。

 

OpenSeaのガス料金は、イーサリアムブロックチェーンの手数料のようなものです。仮想通貨(暗号通貨)を別のウォレットに送金したり、OpenSea内でNFTを購入したりするなどのトランザクションを行う場合、 イーサリアムブロックチェーン最初のミントと関連するガス料金が発生します。ウォレットには十分な ETHが必要になります。

このガイドでは、OpenSeaでイーサリアムブロックチェーンを使用するときに支払う様々なガス料金について説明します。

ガス料金については次の3種類があります。

• 1回限りの料金

• 定期的な料金

•  ガス代フリーのアクション

 

ガス代はこちらで確認できます。

Ethereum Gas Tracker;https://etherscan.io/gastracker

Etherscan:https://ethgasstation.info

 

1回限りの料金

1. アカウント登録料

OpenSeaでは、1アカウントに対して登録料が発生します。これまで販売したことがない場合は、イーサリアムをリストする前に「アカウント初期化料金」を支払う必要があります。OpenSeaを最初に使う時は、MetaMaskのウォレットに日本円で1万円〜2万円ぐらいのイーサリアムを送金した方が無難です。

※polygonのNFT化と販売にはガス代が不要です。

 

2.トークンまたは契約の承認(WETH、USDCなど)

リストしているアイテムがOpenSeaで作成されたのではなく、カスタムNFT契約を介して作成された場合は、トランザクションを承認する1回限りの承認料金を支払う必要があります。また、初めてオークションに出品する場合は、WETHの取引も承認する必要があります 。初めて仮想通貨を使用するたびに、この商品を繰り返す必要があります。これには、USDC・DAIなど他の通貨が含まれています。

 

 定期的な料金

定期料金として次の場合は、イーサリアムでガス代の料金を支払います。

• NFTの購入

• NFTを誰かに譲渡(または贈与)する

•  申し出を受ける(オファー)

•  リストされたNFTをキャンセルする

•  入札のキャンセル

•  WETH←→ETHに変換する

•  メタデータをフリーズする

•  ETHをブリッジするか、polygonの間でETHを撤回する

ブロックチェーンをイーサリアム選択後に作品を販売すると様々なガス代がかかります。

polygonはガス代が基本的に不要です。

 

ガス代フリーの作業

ガス代フリーの作業いついては次の通りになります。

• コレクションの作成

• 新しいNFT別名「レイジーミンティング」のミンティング

• NFTを固定価格としてリストする

• NFTをオークションとしてリストする

• リストしたNFTの価格を下げる*(WETHは、オファーを受け入れるか作成する場合にのみ必要です)

 

ガス料金は、イーサリアムの流通量によって変動がします。NFTマーケットプレイスが利用されることに比例してガス代がどうしても高騰してしまうのが難点です。

現状のガス代はこちらで確認ができます。

Ethereum Gas Tracker:https://etherscan.io/gastracker

ETH GAS STATION:https://ethgasstation.info

 

ガス料金については、今後ネットワークの混雑によりガス価格が変動するため、取引を確認する前に ETH GAS STATIONなどのWEBサイトを確認することが重要です。ガス料金が高い場合に考えられる解決策としては、あとでガス料金が低いときにトランザクションを再試行することで解決します。

⚠︎ガス料金注意⚠︎

取引のときに十分なガスを使用しないと、取引手数料が失われる可能性があることに注意してください。これについては、多くのユーザーが限られた量しかないNFTを購入しようとしている人気のリリースで発生する可能性があります。

値下げは、ERC721 NFTにのみ適用され、ERC1155NFTには適用されません。

スポンサーリンク

-OpenSeaヘルプQ&A
-