OpenSeaヘルプQ&A

Airdropとは?

OpenSeaヘルプQ&A

 

こちらでは、Airdropについて解説します。

 

無償で配布することをAirdropと呼びます。

Airdrop(エアドロップ)とは、仮想通貨(暗号資産)の世界において無償で配布する意味です。

※配布する側はガス代(手数料)を負担している場合もあります。

直訳すると空から降ってくる「空気落とす」「空中落ちる」「空中投下」です。

Air=空気、空中

Drop=落とす、落ちる、投下 

 

なぜ、Airdropをするのか?

仮想通貨(暗号資産)において、 資金調達をしたいプロジェクトは、マーケティング活動における”トークン” “NFT” をAirdropすることがあります。

マーケティングとは?

 

また、2021年からNFT取引量が増加傾向になり、無償でNFTを配布するプロジェクトも増え続けています。

https://dune.xyz/rchen8/opensea

 

Airdropの条件、目的とは?

Airdropの条件は、プロジェクトのトークン発行者が決めており、参加方法をホワイトペーパー、ロードマップに記載することがあります。毎日、多数のプロジェクトが立ち上がっているので情報収集は大切です。

受け取り方法は、仮想通貨(暗号資産)が入ったウォレットアドレスを指定のフォーマット、Googleフォームに入力する。問題がなければ数日後には届くでしょう。

Airdropされた「トークン」「NFT」はキャンペーンの一環として配布されていることが多く、基本的には少量です。トークンが上場すれば信用の担保が確保され、資金調達が用意になるため、プロジェクトの規模拡大が期待できます。

一定数の資金が確保できればプロジェクトの“サービス” ”質” “使いやすさ” が向上します。そうすると利用するメリットが生まれるので、期待感からユーザーの増加へ繋がります。

利用者が増えることによって、活発的に取引が始まると流動性が上がります。将来、価格がATHすれば、莫大な資産を築く可能性があります。

トークンまたはNFTの”価値” が上がっても売らずに持ち続ける方もいます。理由としては他にも利用方法があるからです。

配布されたトークンはコミュニティのプロジェクトを進める上で、重要な役割を持っています。例えば、企画やプロモーションなどの進め方について、公平かつ、フラットに議決権を行使するために使われることがあります。

このように、ご自身がプロジェクトに関わりながら規模拡大に貢献し、さらに ”価値” を上げることで大きなリターンが見込まれるからです。

人気のプロジェクトによっては応募が殺到するため、Airdropを抽選にかける場合があります。

最新のAirdrop情報サイト

Airdrop Alert.com

https://airdropalert.com

※プロジェクトによってはSCAMもあるため、ご自身の判断で心がけましょう。

スポンサーリンク

-OpenSeaヘルプQ&A
-,