仮想通貨

仮想通貨が不安な人の特徴とコインチェック取引所の口座開設方法コツ

仮想通貨

 

この記事は、仮想通貨の取引所を運営している Coincheck(コインチェック)について、口座開設方法や購入方法のことが誰でも分かりやすいように、まとめてあります。
最近、流行っているビットコインを購入してみたい。

口座開設、買い方はどのようにするのか分からないし不安です。

仮想通貨は興味があるので買って見たい。

けれども怪しいし安全かな。

誰でも初めてのことは不安な気持ちがたくさんあります。

仮想通貨を投資してみたい方や興味がある人たちは多いでしょう。

取引所の中でも Coincheck(コインチェック)は国内で口座を作る方が年々、増えています。

理由としては、スマホアプリのデザインがシンプルで非常に使いやすいからです。

それでは、「ビットコイン」を簡単に紹介しながら、 Coincheck(コインチェック)の使い方について解説していきます。

 


○ ビットコインはブロックチェーンの台帳に分散記録される仮想通貨の一つ

Coincheck(コインチェック)はマネックスグループが主要株主の仮想通貨交換事業者

○ 暗号資産取引アプリのダウンロード国内No.1を記録し、300万を突破した取引手数料無料

※対象期間 : 2020年1月~12月 データ協力 : AppTweak

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

ビットコインの取引所、 Coincheck(コインチェック)について人気の理由を「4つのポイント」で進めていきます。

 

こんな方におすすめ

  • ビットコインについて
  • コインチェックが人気の理由
  • 仮想通貨の取引について
  • コインチェックの口座開設方法
  • スマホアプリから簡単操作

 

ビットコインとは?

ビットコインBitcoinは、2008年にサトシ・ナカモトという名前を使った無名の人物またはグループによって発明された暗号通貨(仮想通貨)です。

また、全ての取引履歴がブロックチェーンと呼ばれる台帳に分散され、記録されています。

世の中では、ビットコインといえば仮想通貨と認識されていますが、その他にもイーサリアム・リップル・ネム・ライトコイン・ビットコインキャッシュなどがあり、2021年現在、世界中で2,500種類以上の仮想通貨が存在します。

 

仮想通貨の取引方法とは?

仮想通貨は、株や外資と同じように取引が可能です。

誰でも簡単にできるので安心して取引を行うことができます。

 

仮想通貨を始める順序

Coincheck(コインチェック)ではスマホアプリのデザインがシンプルで非常に使いやすいため、簡単に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」などの購入が可能です。

次に簡単な仮想通貨を始める手順について紹介します。

 始める順序 

① 取引所のアカウント作成と口座開設

② 口座にお金を入金

③ 仮想通貨を選ぶ

④ 仮想通貨を購入

 

4つのステップ通りに進めると仮想通貨の取引は可能となります。

 

Coincheck(コインチェック)が人気の理由とは?

コインチェック

国内の仮想通貨取引アプリでダウンロード数No.1の「Coincheck(コインチェック)」の取引所サービスを紹介します。

 

コインチェック株式会社(Coincheck, Inc.)

設立:2012年8月28日

暗号資産交換業登録:関東財務局長 第00014号

銘柄数:17銘柄

取引額(取引所):0.005BTC以上 かつ 500円(相当額)以上

提供サービス

暗号資産取引所・販売所Coincheck

Coincheck貸仮想通貨サービス

Coincheckつみたて

Coincheck NFT(β版)

Coincheckアンケート

Coincheckでんき

Coincheckガス

株主総会支援サービスSharely

miime(ミーム)

 

現在、Coincheck(コインチェック)マネックスグループが主要株主です。

法に基づいた正式な取引所の許可済み。

金融庁:仮想通貨交換業者登録

 

Coincheck(コインチェック)は17種類の仮想通貨が売買できる

現在、Coincheck(コインチェック)では、国内最多である「17種類」仮想通貨の取引が可能です。

ビットコインの他には人気のイーサリアムやリップル、ライトコイン、最近話題の「NFT」まで取り扱っています。

取り扱い銘柄は次の通りです。

 取り扱い銘柄(17種類)

◯ ビットコイン(BTC)

◯ イーサリアム(ETH)

◯ イーサリアムクラシック(ETC)

◯ リスク(LSK)

◯ ファクトム(FCT)

◯ リップル(XRP)

◯ ネム(XEM)

◯ ライトコイン(LTC)

◯ ビットコインキャッシュ(BCH)

◯ モナコイン(MONA)

◯ ステラルーメン(XLM)

◯ クアンタム(QTUM)

◯ ベーシックアテンショントークン(BAT)

◯ アイオーエスティー(IOST)

◯ エンジンコイン(ENJ)

◯ オーエムジー(OMG)

◯ パレットトークン(PLT)※取引所のみ売買可能

 

コインチェック(Coincheck)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

また、最低取引額は500円相当から可能となっているため、初心者でも少額から投資ができます。

アプリのデザインがシンプルで使いやすい

アプリのデザインはシンプルなデザインを基調にされているため、表示が分かりやすく初心者でも簡単に操作ができます。

今まで投資をしたことがない方でも、表示されているチャートの価格を見ながら希望のお金を入力すれば仮想通貨の取引が可能です。

 

 

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは他の仮想通貨取引所よりも表示が一番わかりやすく操作が簡単なので高い評価を受けています。

画面上に「17種類」の仮想通貨が表示されているので、価格がすぐに分かります。

購入は、銘柄を選択して日本円or通貨の入力後に「ワンクリック」で完了です。



現在、多くの方がスマホアプリで仮想通貨取引を行っています。

Coincheck(コインチェック)はアプリを使うと操作性や見やすさが実感できるでしょう。

アプリダウンロード数No.1になっている訳は、使いやすいのが支持を集めています。

※対象期間 : 2020年1月~12月 データ協力 : AppTweak

 

Coincheck(コインチェック)は初心者でも簡単に購入できる

仮想通貨取引、初心者の方は「どこで?」「なにをすれば?」いいのか迷ってしまう方が多いです。

取引所の中でもCoincheck(コインチェック)は、シンプル操作で全てが完了します。

株や外資などの取引経験がない方でも、非常に分かりやすい表示のため、簡単に仮想通貨の購入ができます。

Coincheck(コインチェック)が人気の理由は、このように簡単な操作ができるからです。

 


○ ビットコインはブロックチェーンの台帳に分散記録される仮想通貨の一つ

Coincheck(コインチェック)マネックスグループが主要株主の仮想通貨交換事業者

○ 暗号資産取引アプリのダウンロード国内No.1を記録し、300万を突破した取引手数料無料

※対象期間 : 2020年1月~12月 データ協力 : AppTweak

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

Coincheck(コインチェック)は日本円で購入できる

Coincheck(コインチェック)は取り扱っている仮想通貨を日本円で購入することが可能です。

日本の取引所では、ほとんどが日本円で仮想通貨を購入ができます。

ただ、アルトコインの種類によってはビットコインでしか購入ができません。

ビットコインでアルトコインを購入するときは、「日本円」→「ビットコイン」→「アルトコイン」と購入するタイミングで手数料が発生します。

Coincheck(コインチェック)では取り扱っている仮想通貨の全てが日本円orビットコインで購入することができるので、手数料がかからずに購入できます。

 Coincheck(コインチェック)のメリット 

1. アルトコインが日本で購入できる

2. 手数料がかからない

3. 取り扱い銘柄が多い

 

Coincheck(コインチェック)の手数料について

Coincheck(コインチェック)無料の手数料と有料の手数料があります。

どのようなことに対して手数料が発生するのか?

大切な手数料について解説します。

仮想通貨の取引所手数料は無料

取引所の手数料は無料です。

Coincheck(コインチェック)は有名なビットコインやイーサリアムを含めて仮想通貨の取引所手数料が「無料」です。

取引所手数料は取引コストを削減できるのでありがたいです。

また、手数料には次の2つがありますが「Maker」「Taker」とも無料に設定されています。

 取引所手数料 

◯ Maker手数料:指値注文が注文板に並び、約定した際適用

◯ Taker手数料:注文が板うえに並ばず約定した際に適用

 

銀行振込手数料・日本円出金手数料・仮想通貨/入金手数料

通常、仮想通貨/入金手数料は無料ですが銀行振込の振込手数料は自己負担になっています。

 

Coincheck(コインチェック)の振込先は次の2つとなっています。

◯ GMOあおぞらネット銀行

◯ 住信SBIネット銀行

 

入金方法の「銀行振込」は振込先と同じ「GMOあおぞらネット銀行」「住信SBIネット銀行」の同行から振り込むと振込み手数料は「無料」です。

 

GMOあおぞらネット銀行(税込)

 

住信SBIネット銀行(税込)

他の銀行からでも振込手続きはできますが手数料が割高いなので、この2つから振込するとお得です。

スプレッド

スプレッドとは「見えない手数料」と言われています。

短期の売買を繰り返すと手数料だけたくさん取られてしまう恐れがります。

仮想通貨の取引をする上で手数料やスプレッドの確認は必要です。

Coincheck(コインチェック)は「スプレッド」の手数料が広めに設定をされています。

 スプレッドとは? スプレッドとは買値と売値の差額のこと

 

例えば、1ビットコインを次のような価格で売買できる場合を想定します。

• 1ビットコインの購入価格:300万円

• 1ビットコインの売却価格:290万円

 

このような場合は「300万円ー290万円=10万円」の計算になります。

スプレッドとは、取引所の実質的な手数料です。

仮想通貨に関わらず、投資などの金融商品は「購入価格」よりも「高い価格」で売らないと利益が出ないです。

そのため、スプレッドの幅が10万円の場合は購入価格よりも10万円以上で売る必要が出てきます。

また、スプレッドは日々、変動をします。

スプレッドが変動する時はいつ?

仮想通貨のスプレッドは基本的に一定ではないです。

スプレッドが変動する時はいつでしょうか?

 スプレッドの変動時期 

1. 仮想通貨の価格変動が大きい

2.  仮想通貨の流動性が低い

 

スプレッドの流動性とは?

「買う注文」と「売る注文」が多く発生している状態です。

また、投資で市場に出回る資産の交換を示すものです。

ビットコインは仮想通貨の中でも人気があるため、取引をする人が多いので流動性は高いとされます。

一般的に、流動性が高いとスプレッドは安定していますが、逆に流動性が低くなるとスプレッドは広がる傾向です。

流動性が高い状況は買い注文や売り注文が多くあるためです。

 

仮想通貨の市場の影響による価格変動とは?

投資とは、価格が急激に上下するとスプレッドは大きくなる傾向にあります。

逆に価格が安定していればスプレッドは小さくなる傾向です。

また、購入する方が、売却する方よりも圧倒的に多い場合、売却が成立せずに価格が上がります。

これにより、スプレッドも広がると考えられます。

投資の中でも仮想通貨は価格が急激に上昇下降するため、スプレッドは大きくなる傾向にあります。

逆に価格が安定していればスプレッドは小さくなる傾向です。

また、取引量が少ない仮想通貨もスプレッドが広がりやすい傾向です。

特にアルトコインはビットコインに比べると取引の量が少ないため、スプレッドが広がりやすです。

アルトコインの中でもイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)のように取引量が多いアルトコインはスプレッドが小さいです。

取引量の少ないアルトコインほどスプレッドが大きい傾向にあります。

スプレッドは「見えない手数料」となっていますので、意識をして賢い取引を行いましょう。

 

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

Coincheck(コインチェック)口座開設の手順

Coincheck(コインチェック)口座開設の方法について手順を解説します。

口座開設は次の流れで行います。

1. アカウント登録

2. メールアドレスとパスワード入力

3. SMS認証

4. 個人情報入力

5. 本人確認

6. 二段階認証の設定

6つのステップで簡単に口座は完了します。

本人確認書類の提出とIDセルフィーなどの手続きがあります。

流れにそって進めるだけなので難しくはないです。

 

アカウントの登録

コインチェック

 

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨の購入や売却を行ったり、送金するには「アカウント登録」と「口座開設」の必要があります。

口座開設を行なった後に、Coincheck(コインチェック)口座にお金を振り込むだけで、仮想通貨の取引がすぐに可能です。

また、ユーザー同士で仮想通貨の送金したり受け取ることもできます。

まずはアカウントの登録を行います。

1. コインチェックのサイトへ入る

2.「口座開設(無料)はこちら」をクリック

3. メールアドレスとパスワードを入力後に登録するをクリック

4. URLのメールが届くのでURLをクリック後にアカウント登録完了

 

 

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

SMS認証

電話番号を使ってSMS認証します。

画面に表示されている「空欄」へ携帯電話番号を入力後、「SMSを送信する」をクリックします。

SMSに送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckの画面上で入力すれば完了です。

個人情報の入力

 

次に本人確認のページから情報を入力します。

「居住国」「国籍」「氏名」「カナ氏名」「性別」「生年月日」「郵便番号」を入力します。

「外国PEPs」に該当する方は取引ができないので、「該当しない」をクリックします。

 

本人確認方法

本人確認方法についてはWEBとアプリで異なります。

 

Coincheckの本人確認は「iOS / Androidアプリからの申し込み」と「WEBからの申し込み」の2種類あります。

Webからのお申し込みは、審査後に利用が可能です。

ハガキの申し込みは、ハガキの受け取り後に利用が可能です。

アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すれば、すぐに利用ができますのでアプリからの本人確認がオススメです。

 

アプリからの本人確認

 

Coincheckアプリからの申し込みは、SMS認証後に本人情報登録と本人確認書類の提出が必要です。

「氏名」「性別」「生年月日」「住所」などの基本情報を間違い内容に注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードします。

使用ができる本人確認書類は次の通りです。

 

本人確認書類

◯ 運転免許証(表面と裏面)

◯ パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)

◯ 在留カード(表面と裏面)

◯ 特別永住者証明書(表面と裏面)

◯ 運転経歴証明書(表面と裏面)

◯ 住民基本台帳カード(表面と裏面)

◯ 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)

※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類として利用不可

 

かんたん本人の確認方法

かんたん本人の確認方法について。

流れは次の通りになります。

手順①

「表と裏面を撮影」ボタンから、本人確認書類の表と裏の写真を撮影する。


パスポートを撮影する場合は、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影し、「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影する。

順序②

顔と本人確認書類表面の撮影をする。
ご自身の顔と書類表面が「イラストの位置」に画面で写るように本人確認書類を手に持って撮影する。


アプリの画面案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりする。

 

順序③

顔と本人確認書類の厚みの撮影をする。

アプリの画面に「顔と書類を写す」書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影する。

撮影が終われば「現在確認中です」と表示され、審査完了までしばらく待ちます。

審査が完了し、1〜2営業日後に承認となればCoincehckから連絡がくるのですべての機能が利用できます。

 IDセルフィーの注意点 

アプリ画面に「顔と本人確認書類」を写す時は、後ろが白い場所での撮影をオススメします。

本人確認書類を手に持つ時は、「アゴの下辺り」で写すと画面の認識がしやすいです。

 

 

セキュリティを強化する二段階認証の設定方法

Coincheck(コインチェック)は、安全な取引を行なってもらうためにセキュリティ認証の強化としています。

SMS・Googleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証が採用されています。

 

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ



二段階認証は、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止することが目的にされています。

設定方法については、Coincheckの「設定→「二段階認証」へ進み行います。

Coincheck(コインチェック)売買の取引方法

Coincheck(コインチェック)での「口座開設」と「二段階認証」の設定が完了すれば、あとは入金で仮想通貨の取引が可能となります。

口座開設されると専用のウォレットが作成されます。

Coincheckの「GMOあおぞらネット銀行」「住信SBIネット銀行」宛てに銀行振込をします。

アカウントに入金金額が表示されると購入ができる状態です。

Coincheck(コインチェック)入金方法

Coincheck(コインチェック)での入金方法について解説します。

一番、多い入金方法は「Coincheckアプリ」を使った入金です。

主に次のような3つの入金方法があります。

 入金方法 

◯ 銀行口座から入金

◯ コンビニ入金

◯ クイック入金

 

 

銀行口座から入金

Coincheck(コインチェック)の銀行振込を日本円で入金する時は、アプリ画面の「入出金」をクリックします。

次に「銀行口座から入金」をクリックします。

Coincheck(コインチェック)は「GMOあおぞらネット銀行」「住信SBIネット銀行」宛てに銀行振込をします。

 

GMOあおぞらネット銀行

 

住信SBIネット銀行

※振込人名義の項目は「ユーザーID+お名前」の入力が必要
※住信SBIネット銀行を使って振込する場合は、「ユーザーIDは不要」

「GMOあおぞらネット銀行」or「住信SBIネット銀行」の口座を持っていると振込手数料が「無料」なのでお得です。

 

コンビニ入金

Coincheck(コインチェック)のコンビニ振込をする時は、アプリ画面「入出金」をクリックします。

次に「コンビニ入金」をクリックします。

コンビニの入金については、4つから選択が可能です。

 

①コンビニを選択すると次の表示画面へ移動します。

②入金したい金額を入力後に「支払い情報」の発行します。

 

コンビニ入金のファミリーマート画面

 

コンビニ入金は、銀行口座を使わなくても利用ができます。

入金方法は簡単ですが、別途「手数料」が必要になってきます。

 

ネット銀行から入金をするのが不安な方は安心して購入ができます。

Coincheck(コインチェック)の入金方法を気軽にしたい方は、「コンビニ入金」を活用ください。

クイック入金

Coincheck(コインチェック)のクイック入金をする時は、アプリ画面「入出金」をクリックします。

次に「クイック入金」をクリックします。

クイック入金は、「ペイジー決済」を利用してネットバンキング・ATMから入金ができます。

クイック入金

 

クイック入金は、「ペイジー決済」を使って利用ができます。

入金方法は簡単ですが、別途「手数料」が必要になってきます。

 

ネット銀行から入金をするのが不安な方は安心して購入ができます。

Coincheck(コインチェック)の入金方法を気軽にしたい方は、「クイック入金」を活用ください。

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨を購入する方法

 

仮想通貨を購入方法について

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨を購入方法について解説します。

口座開設をした後に入金完了すれば、次は購入です。

①取引したい仮想通貨を選択して購入数量を指定すれば購入に必要な金額が表示されます。

②金額の確認後にOKボタンをクリックすれば購入が完了です。

 

購入方法については、「日本円」or「交換する通貨」の2種類から購入が可能です。

 購入方法は2種類 

◯ 日本円

◯ 通貨

 

仮想通貨の取引所を選択について

取引所については、「販売所方式」or「取引所形式」の2種類から購入が可能です。

 取引方法は2種類 

◯ 販売所方式

◯ 取引所形式

 

スマホアプリ「販売所」の購入方法

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは「販売所方式」に対応しています。

取引所方式の購入は、パソコンからの取引になります。

アプリを使った簡単な仮想通貨の購入方法を解説します。

 販売所の購入方法 

① アプリ画面の「販売所」をクリックする

② 仮想通貨の銘柄をクリックする

③ 銘柄画面の「日本円or通貨を選択」して金額の入力後に「◯◯◯で◯◯◯を購入」クリックする

 

①「販売所」をクリックする

②「銘柄」をクリックする

 

③「日本円or通貨を選択」して金額の入力後に「◯◯◯で◯◯◯を購入」をクリックする

 

仮想通貨を購入すれば取引は完了です。

Coincheck(コインチェック)のアプリ画面に表示されている販売所は、17種類の仮想通貨が購入できます。

取引は誰でも簡単に可能です。


○ ビットコインはブロックチェーンの台帳に分散記録される仮想通貨の一つ。

Coincheck(コインチェック)マネックスグループが主要株主の仮想通貨交換事業者。

○ 暗号資産取引アプリのダウンロード国内No.1を記録し、300万を突破した取引手数料無料

※対象期間 : 2020年1月~12月 データ協力 : AppTweak

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

パソコン「販売所」or「取引所」の購入方法

「販売所(購入)」画面

 

「取引所」画面のトレードビュー「成行注文」or「指値注文」

 

Coincheck(コインチェック)のパソコンからは「販売所方式」or「取引所方式」の両方に対応しています。

また、パソコンを使った「現物取引」については、手数料が安いので取引を短期的に繰り返す方にオススメです。

パソコンを使った仮想通貨の購入方法を解説します。

パソコン「販売所」購入方法

 販売所の購入方法 

① パソコン画面の「販売所(購入)」をクリックする。

② 仮想通貨の銘柄をクリックする。

③ 銘柄画面の「日本円or通貨を選択」して金額の入力後に「購入する」をクリックする。

 

①「販売所」をクリックする

 

②「銘柄」をクリックする

③「日本円or通貨を選択」して金額の入力後に「購入する」をクリックする

 

パソコン「取引所」現物取引の購入方法

 取引所の購入方法 

① パソコン画面の「左上(Exchange)」をクリックする

② 仮想通貨の銘柄をクリックする

③指値注文:銘柄画面の「レート」「注文量」の欄に価格と注文量を入力して「注文する」をクリックする

④ 成行注文:トップページから「トレードビュー」を選択後に右側の「成行注文」をクリックする

⑤「注文量」を入力し、「買い成行注文」をクリックする

※「トレードビュー」から「指値注文」「逆指値注文」の買い注文が可能

 

Coincheck(コインチェック)のパソコン「取引所」現物取引で購入できる銘柄は次の4種類です。

 現物取引の銘柄 

◯ ビットコイン(BTC)

◯ イーサリアムクラシック(ETC)

◯ ファクトム(FCT)

◯ モナコイン(MONA)

◯ パレットトークン(PLT)

 

指値注文

①「Exchange」をクリックする

 

②「銘柄」をクリックする

③ 指値注文:銘柄画面の「レート」「注文量」の欄に価格と注文量を入力して、「注文する」クリックする

 

Coincheck(コインチェック)のパソコン「取引所」では、注文が一覧表示されている「板(買い板/売り板)の情報を見ながら相場状況を判断することが必要です。

また、板の数字を直接クリックすると「レート」の欄へ価格が自動的に入力されます。

次に「注文量」を入力すると概算の日本円が表示されるので、後は「価格」「数量」欄の数字入力間違いがないか確認します。

注文する」クリックして確定後に、価格と指値が一致すれば取引が成立します。

 

成行注文

① 成行注文:トップページから左下の「トレードビュー」をクリックする

 

② 選択後に右側の「成行注文」をクリックする

③「注文量」を入力し、「買い成行注文」をクリックする

 

また、「トレードビュー」から「取引所」へ戻るには、上部の「アカウント」→「取引所」をクリックします。

 

Coincheck(コインチェック)のリアルタイムチャート

Coincheck(コインチェック)はパソコンとスマホの両方から仮想通貨のリアルタイムチャート(相場)・レート(価格)が確認できます。

銘柄別に表示されているため、大変分かりやすいです。

パソコンからのリアルチャート確認

パソコン画面からリアルチャート(相場)・レート(価格)を確認しながら過疎通貨の購入が可能です。

表示されている画面から仮想通貨を購入する場合は、下部の「◯◯◯(◯◯◯)を購入する」をクリックすると、販売所へ移動します。

 

①「日本円or通貨を選択」して金額の入力後に「購入する」をクリックすると完了です。

 

② リアルタイムチャートから銘柄の変更を行いたい場合は、下の「仮想通貨/日本円のチャート」をクリックします。

 

スマホからのパソコンからのリアルチャート確認

Coincheck(コインチェック)のアプリからもリアルチャートは見れます。

いつでも気軽に値動きを見ながら仮想通貨の取引ができます。

 

 

また、スマホでは画面にウィジェットの表示をすれば、すぐに仮想通貨のリアルタイム「値動き」が確認できます。

 

ウィジェットをクリックすると、アプリへ移動後「売買」ができる便利な機能です。

 

 

 

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

Coincheck(コインチェック)のサービス紹介

Coincheck(コインチェック)では、仮想通貨以外でも様々なサービスを提供しています。

ここでは、4つのサービスを紹介します。

 Coincheck4つのサービス 

◯ 貸仮想通貨サービス

◯ Coincheckつみたて

◯ Coincheckでんき

◯ Coincheckガス

 

貸仮想通貨サービス

 

Coincheck(コインチェック)では、保有している仮想通貨の「貸仮想通貨サービス」を提供しています。

仮想通貨を一定期間預かって期間満了後に利用料金を追加して貸出者へ払い戻すサービスです。

忙しい現代人は、常に変動する価格に合わせた取引を続けることが困難です。

このように仮想通貨の売買があまりできない方は「貸仮想通貨サービス」を使うことで期間満了後に利用料分が追加で払い戻しを受けるため、収益を得られます。

Coincheck(コインチェック)の「貸仮想通貨サービス」は、取り扱いしている全通貨で利用することが可能です。

貸出期間については、次の4種類から選べます。

 

仮想通貨を長期的に保有さえれる方にオススメです。

「貸仮想通貨サービス」を利用する場合は、「貸仮想通貨用アカウント」の作成が必要です。

まずは、貸仮想通貨用のアカウントを作成しましょう。

Coincheckつみたて

 

Coincheck(コインチェック)の「Coincheckつみたて」は毎月1万円から、自動的に「つみたて」してくれるサービスです。

仕事やプライベートが忙しくて、「売買」する時間が少あまりない方には「入金から購入まで全て」行えるため、長期的に安心して仮想通貨の投資ができます。

また、現在では次の銘柄が対応しています。

 つみたて銘柄 

◯ ビットコイン(BTC)

◯ イーサリアム(ETH)

◯ イーサリアムクラシック(ETC)

◯ リスク(LSK)

◯ リップル(XRP)

◯ ライトコイン(LTC)

◯ ビットコインキャッシュ(BCH)

◯ ネム(XEM)

◯ ステラルーメン(XLM)

◯ クアンタム(QTUM)

◯ ベーシックアテンショントークン(BAT)

◯ アイオーエスティー(IOST)

◯ エンジンコイン(ENJ)

 

「Coincheckつみたて」の取扱通貨は、順次追加予定です。

仮想通貨の初心者や投資で資産運用を行ってみたい方は「Coincheckつみたて」はオススメです。

 

Coincheckでんき

 

Coincheck(コインチェック)は「ビットコイン決済」プランと「ビットコイン付与」プランの料金プランを2つ用意した「Coincheckでんき」電力サービスを提供しています。

特徴としては、ご家庭の電気代支払いを「現金」or「ビットコイン払い」にすることで「還元」または「割引」を受けることができます。

サービスは次の2通りからプランを選びます。

 Coincheckでんきのサービス 

◯ 電気代を現金払い:料金の最大7%をビットコインで還元

◯ 電気代をビットコイン払い:料金の最大7%割引

 

どちらのプランを選んでも電気料金は実質割引されますが、現金払いをすれば「料金の最大7%還元」ビットコインを受け取ることができます。

今まで通りに電気料金を支払うだけで毎月ビットコインが貯まっていきます。

「Coincheckでんき」はお得なので電力の切り替えがオススメです。

Coincheckガス

 

Coincheckガス」は、Coincheckでんきと同じくご家庭の電気代支払いを「現金」or「ビットコイン払い」にすることで「還元」または「割引」を受けることができます。

サービスは次の2通りからプランを選びます。

 Coincheckガスのサービス 

◯ ガス代を現金払い:料金の最大3%をビットコインで還元

◯ ガス代をビットコイン払い:料金の最大3%割引

 

※現在は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県、茨城県・栃木県・群馬県にお住まいのご家庭で、東京ガス(都市ガス)を利用している方のみご利用できます。

どちらのプランを選んでもガス料金は実質割引されますが、現金払いをすれば「料金の最大3%還元」ビットコインを受け取ることができます。

今まで通りにガス料金を支払うだけで毎月ビットコインが貯まっていきます。

現在、ご家庭で使用中の電気とガスを「Coincheckでんき」+「Coincheckガス」へ2つとも切り替えるだけで支払った分から「ビットコイン」が毎月もらえる「Coincheck(コインチェック)」はオススメです。

 

Coincheck(コインチェック)は17種類 仮想通貨の勉強できる

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨について勉強ができます。

仮想通貨を購入する上で、将来性がある通貨はどれか?

買うと得する通貨は「ビットコイン」?

投資を始めるには、様々な情報が必要です。

Coincheck(コインチェック)では、それぞれの仮想通貨について詳しく紹介されています。

初心者にもわかりやすい解説を受けることができます。

例えば、次のようなビットコインに関する動画です。

 

 

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

 

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨の簡単な購入まとめ

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨の取引を始めたい方のために、アカウント登録や口座開設に必要な手続き方法まで流れをご紹介しました。

また、Coincheck(コインチェック)を使うと「貸仮想通貨サービス」「Coincheckつみたて」「Coincheckでんき」まで幅広いサービスが受けれます。

特に、Coincheckアプリは取引のページが見やすいため、誰でもシンプルに使える仮想通貨取引所です。

 

Coincheckの仮想通貨まとめ

◯ デザインがシンプルで使いやすい。

◯ 取扱通貨は国内最大の「17種類」取引可能。

◯ 多様なサービスが使える。

 

取扱の通貨が多く、取引手数料も「無料」です。

初心者〜上級者まで利用されているCoincheckは総合的に最もオススメです。

必要な機能をそろえていますので、Coincheckを使用して資産運用の一つとして仮想通貨を楽しみましょう。

 

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイト

\口座開設無料・取引手数料無料/

Coincheckで仮想通貨を購入

スポンサーリンク

-仮想通貨
-,