NFT

【大切】NFTを成功させるためのマーケティング戦略 9選

2022年4月24日

NFT

 

ナカムです。

本日は「NFTを成功させるマーケティング戦略」を解説します。

先に結論を話します。

NFTマーケティングはブランド化するのに役立ちます。

戦略については、9つに分けて解説を進めますので1つでも参考にしてくださると幸いです。

本記事で分かること

•  マーケティング戦略とは?

•  マーケティング戦略の要件

•  9つのマーケティング戦略

 

毎日、何百もの新しいNFTコレクションが販売され、ますます競争が激しくなっています。

ほとんどのクリエイターは、NFTマーケティングについて理解を深めることなく、自身のNFTを作成して売り込むのに苦労しています。

多くのプロジェクトが立ち上がり、企業の活用が増えている状況で成果を上げるために多くの人達がマーケティングについて考えています。

答えとしては、NFTの「パイオニア」になることです。

※パイオニアとは、先駆けて始める人のこと。

 

NFTマーケティングの戦略は、NFTの販売を促進させ購入者へリーチ拡大し、信頼できる関係性を構築しながら収益を増やすために役立ちます。

NFTマーケットプレイスに関わりながらトレンドを素早くキャッチし、チェーンを含めたアイデアを出していくことで「目的」「目標」「売り上げ」の達成ができます。

NFTマーケティング戦略について思考を深めながら役立つ知識を手に入れましょう。

 

□NFTとは何でしょう?

主要の話しに進む前にNFTとは何を表すのか?どのような表現なのか考えてみます。

NFTとは、ブロックチェーン上で作成されたデジタルである非代替トークンです。

一般的には、NFTマーケットプレイスと呼ばれるプラットフォームを利用して作品の「作成」「販売」「購入」することができます。

種類としては、アート、イラスト、ボクセル、美術館、音楽、動画、ゲームアイテム、会員権、土地などさまざまなものをNFTにすることができます。

NFTについてはこちらの記事で詳しく詳細を書いています。

 

□NFTマーケティング戦略とは?

NFTは常に技術の進化を続けており、個人や企業が1つの手段として活用しています。

なぜNFTマーケティングが必要になってくるのでしょう?

それは、より多くの人達にリーチし、お互いの信頼関係を構築しながら収益に導き出すことができるからです。戦略に関しては、適切なNFTプラットフォームに関わり、現在のトレンドをリサーチしながら良いアイデアを早めに持ってくれば「目的」「目標」を達成できる可能性があります。

 

□NFTマーケティング戦略の学び

NFTは一般層の普及にともない、それぞれの作品をブランド化へ進める必要がりあります。そしてマーケティングはたくさんのプロセスがあり、戦術を進める前に3つの重要な要件を満たすことが必要です。

要件は次の3つです。

•  フレームワーク

•  ユーティリティ

•  ターゲット

大切な要件について具体的に解説しますので学べるポイントを解説しますね。

 

○フレームワーク

フレームワークとは、戦略に活用できる枠組みです。課題解決や目的達成に向けて考えるポイントを特定のパターンに落とし込み、整理する方法です。

結論を先に言うとNFTは独自のスタイルは重要です。

ただ、スタイルを作成するだけでは観衆に届かないのでターゲットにアピールすることを意識する。に思考を整理する方法について紹介します。

 

• 自分の得意なフレームワークを見つける

前提として問題解決や課題解決の適切なフレームワークの使用が重要です。それぞれの思考は異なるため、事柄に共通点を見つけることで自分にあったフレームをワークの大枠を整理する。

 

• 他のフレームワークと比較する

フレームワークを作ることができれば、他のケースに当てはめてみる。どこに課題があるのか?問題はどこに生じているのか?適切なフレームワークに使用になっているのか?思考の整理と確かめることが大切です。

 

• 複数から最適を見つける

得意なフレームワークを見つけた後に他のケースに当てはめ、課題や問題点を分析します。課題に対して複数のフレームワークを検討することで最適なのを選択します。フレームワークの目的は問題点を解決するための最適を見つけることです。

 

○ユーティリティ

ユーティリティは、注目を集めるためにも必要であり、具体的な他の資産を付与することで新しい価値を生みます。フレームワークを備えた作品は実用性がなくても一定数のニーズはあります。ただし、長期的なインセンティブがない場合は飽きられてしまい、競合が多い世界ではうもれてしまいます。

そこで重要になってくるのがユーティリティです。

たとえば、よく見かけるエアドロップは顧客に対して新しい資産を付与する1つのユーティリティでです。そして、コミュニティとの繋がりが密接であるNFTは閉じた空間の中で発揮されやすいです。具体的には、ホルダー限定のコミュニティに入れる「会員権」として価値を提供することによってファン同士の小さな熱狂が生まれます。

ファン同士のコミュニーケーションから、より価値を上げようと内外で新しいコミュニティが作れて小さな熱量から「熱狂」の渦を巻き起こします。コミュニティの力は、大きく発揮されることで長期的な経済圏を持たらします。このように、NFTはユーティリティを活用しながらコミュニティの形成を行い、新しい資産を付与することが大切な戦略の1つです。

 

○ターゲット

ターゲットは誰であるかを常に確認し、戦略を立てることが大切です。

なぜターゲットは必要なのでしょうか?

規模が大きい世界に対して、マーケティングをかけても分散されます。不特定多数に対しておこなうよりは限定している観客に届けるのがターゲットです。フレームワークで得意分野の最適を見つけ出し、ターゲットの焦点を合わせることで観客に適切な効果を持たらします。ユーザーが興味あること、好みや関心に基づいてターゲットを決めながら熱中している習慣、属性をリーチします。

 

リーチをかけるターゲットについては次の通りです。

•  ターゲットの観客は誰なのか?

•  ターゲットはどの場所にいるのか?

•  観客から見たブランドのイメージはいいのか?

•  作品のブランドに対する特徴とアピールはどこなのか?

•  類似する観客の競合はターゲットは?

まずは、ターゲットをリサーチしてみましょう。リサーチ方法は、TwitterやインスタグラムなどのSNSや身近な方に簡単なアンケートを取ったり、意見をいただきながら効果的な戦略を取ることが大切です。

 

□1.NFTマーケットプレイスの参加

まずは、マーケットプレイスに参加することが重要です。「クリエイター」「コレクター」「投資家」「起業家」に観客として見てもらい視聴を増やしていくとリーチが広がります。インタラクションが増えれば売買を成立させることが向上します。

※インタラクションとは、「相互作用」と訳されます。

たとえば、マーケットプレイスの「いいね」「Bit」のアクションは適切に動いてくれるか、観客はよく観察しています。そして視聴されたときに「正しく認知されるか」のフィードバックを受け取ることがでます。

 

○ブロックチェーンの選択

NFTは、イーサリアムを中心とした世界戦であり、戦略によってはさまざまなブロックチェーンの選択をしながらコレクションを提供する必要があります。それは、アート系、ユーティリティ系、音楽系など固有のテーマを適切に区別するのが最善策です。それぞれのブロックチェーンは、特有の文化や文脈があるため、丁寧な手立てを進めていくことでオーディエンスは受け入れてくれます。

 

□2.ソーシャルメディアのマーケティング

現在は主にTwitterの発信を使えば、より良い宣伝活動の効果が得られます。作品画像の投稿やNFTマーケットプレイスのリンクを記載し、シームレスに作品購入まで流れを作ります。新作が出れば、固定投稿へ作品の「背景」「想い」「リンク」を表示させ、継続的に見てもらうことで購入への可能性が広がります。Twitterは主にクリエイター、コレクター、投資家、起業家など円滑にコミュケーションを取る場所でもあります。お互いの信頼関係を構築する手段として大いに発揮します。その他、「Instagram」「TikTok」もNFTを進めているため、ソーシャルメディアのマーケティングは広がっていくでしょう。

 

□3.インフルエンサーのマーケティング

現代社会は、より身近に感じるインフルエンサーの発言を信じているので信用力が高いです。1つの発信から膨大なリーチをかけることが可能になります。インフルエンサーにコラボの話しを持ちかけて情熱を丁寧に説明しながらマーケティングを手伝ってもらいましょう。ただし、人によってはターゲット層が違うため、適切な選択が必要になります。影響力が大きいインフルエンサーにTwitterでリツイートをしてもらうのは、宣伝効果が抜群です。

ストーリー性も加えて発信してもらうと、より魅力が増します。

 

□4.ツールのマーケティング

ツールの中でもDiscordとTelegramを使えば、マーケティングが有効の選択となります。NFTは、人との関係性が密接なのでコミュニティを作り、企画に参加し、普段の活動を1対1や全体に対して共有するなど、より良いリーチを得ることができます。Discordは、画面共有とボイスチャットを使いながら認知させ、オーディエンスの距離を近づけます。

その他としては、NFTツールがたくさんあるので、参考に活量してくださいね。

 

□5.コラボレーションのマーケティング

他のクリエイター、プロジェクトと話し合いの場を作り、コラボレーションすることで何倍にもNFTのブランド力が輝きます。これは相互による化学反応を起こし、1つの大きなクリエイティブが新しく生まれるため、コレクターやクリエイターにとって魅力を提供することができます。

NFTは、購入者の競争において排他的ではないです。

※排他的とは、特定の人や組織、主語主張だけを優遇して他を退けるという意味です。たとえば、仲間、自分、購入者以外に対して「押しつける傾向がある様子」といわれています。仲間、自分、以外のものを除外する傾向がある場合に「排他的」という言葉を使います。

観客は、特別なNFTを提供すると双方の作品を多く購入するきっかけにつながります。市場では、常に魅力的なコラボレーションを待ち望んでいます。プロジェクト、クリエイターは、ある一定のレベルに到達すると、次の層と協力関係を築くことができます。実績や信用を積み上げていくと、最終的には有名人、インフルエンサー、企業、起業家とコラボレーション、さまざまな取引ができるようになります。

 

□6.コミュニティの構築

NFTは、コミュニティの構築が欠かせないです。Twitter、Discord、フェイスブックなど顧客とコミュニケーションを何度も継続することで作品のファンになり、好意を抱くとリーチができます。競争が激しいNFTの世界では、関係性を強固に築くことで「忠誠心」「愛着」を維持します。ブランド力を高めるためにもコミュニティの存在は重要な位置づけです。

 

□7.ダイレクトメールのマーケティング

ダイレクトメールのマーケティングとは奥底に眠っている潜在的な顧客、リピーター、ターゲット層に発信し、連絡を取り合うことです。作品の情報や関連するお知らせを定期的に届けることで認知に繋がり、信用を得ることができます。ホルダー特典や限定商品の案内を配信することで長期的なブランド力の向上が見込めます。

 

□8.生きたブランドに興味を持たせる

人は、1つのブランドがさまざまな場所で活動を続けることでNFTに人間と同じ生命を感じます。保有することで世の中から注目されるので人間の承認欲求を満たしてくれます。また、コミュニティの中で一緒に活動を続けていくと応援したいと大きな関心を持ち続けていきます。

 

□9.広告のマーケティング

広告は、NFTの視聴を増やします。

たとえば、つぎのような広告の使い方があります。

•  街中のデジタル看板

•  メタバースのデジタル看板

•  オンラインプレゼンス

この中でもオンラインプレゼンスは、世界へ広めることを助けてくれます。

※オンラインプレゼンスとは、オンライン上の交流における存在感です。理由として現代社会は大切な家族、友人とつながるためにオンライン上でたくさんの時間を過ごしています。また、仕事の情報交換における交流もオンラインで盛んに広がっています。

オンラインプレゼンスはさまざまな手段で使われ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、Google、Yahooなどの検索、SEO強化により、ブランド力と認知を高めることができます。

 

□NFTマーケティングの戦略のまとめ

NFTマーケティングの戦略は、生きたブランドの魅力を輝かせる活動です。

最後に内容の要点をまとめます

•  マーケティングは「目的」「目標」を達成させる手段

•  ターゲットを決める

•  生きたブランドを見せる

•  NFTのパイオニアを目指す

マーケティング戦略を通して顧客に創造性あふれるアプローチをすることで、お互いの信頼関係を構築し、「目的」「目標」の収益を上げることができます。独自の世界観を創り上げることで先駆者として特徴を出しながら排他的なNFTをターゲットに向けて戦略は大切です。

それでは楽しいNFT LIFEを楽しみましょう。

スポンサーリンク

-NFT