NFT

NFTとはクリエイター 作品をファンと共有する未来の形

2022年4月14日

NFT

 

2021年から日本でも話題になっているNFTとは?

なんだか怪しくないです?

言葉だけでは分からないので教えて欲しいです。

このようなこと話しを沢山の方から聞くので誰でも分かりやすく解説をしますね。

 

本記事で分かること

•  NFTとは?

•  NFTの利点とは?

•  NFTの重要なポイント

 

NFTとは?

NFTとは、Non Fungible Tokenの略語です。

日本語に変えると、「非代替性トークン」です。

トークンってなんでしょう?

トークンとは、ビットコインやイーサリアムの暗号資産におけるシステムを間借りする形で存在する通貨です。

ブロックチェーンの技術を利用して発行された暗号資産のことを「トークン」と呼びます。

分かりやすくたとえると、発行されるポイントに近いものです。

NFTとポイントの違う点は「自分で作成」「取引」「売買」など可能になっています。

そして、2021年は間違いなくブロックチェーンの中でもNFTは人気あるトークンの1つです。

トークンはクリエイターが世の中に生み出したオリジナル作品を「ファン」「コレクター」「投資家」と共有するため、地球上で分散化された方法です。

NFTは、たとえば物理的なモノ、コト、サービスやデジタル資産の所有権を保有することができます。

人気のあるNFTプロジェクトは、「アート」「音楽」「アニメーション」「会員権」「ボクセル」などマルチのデジタル資産として活用することが多いです。

最近の新しいプロジェクトでは、実際の物理的資産を提供するNFTが見受けられます。

NFTの所有者に物理的な現物を提供する代表的なプロジェクトは、BAYCがあります。

Bore Ape Kennel Club Dogを所有していたBAYCメンバーは、バスケットボールを購入する機会を与えたNFTをエアドロップしました。

参考記事

https://www.theboredapegazette.com/post/take-a-look-bored-apes-at-art-basel-spotted-the-bayc-x-round21-basketball

 

資産としてのNFT利点

NFTの利点としては、「希少性」です。

鋳造されたトークンはデジタル上の価値を用意に識別できるようになります。

結論:NFTは互換性がないです。

NFTは、物理的な非形資産であり、簡単には交換できないモノです。

物理的で希少性があるものとしては、ダイヤモンド、有名絵画、時計、土地などがあります。

NFTを使うことでモノの所有権を示すことができ、次のような利点があります。

 

希少性を追加するユーティリティー

ユーティリティーとは?

人間にとって役に立つもの、実用性があるもの、有益なものです。

NFTを物理的資産のために鋳造することでデジタル上における希少性が生まれます。

これは、物理的資産の価値が他のモノよりも高くなるため、NFTの保有者にとって利点が出ます。

たとえば、プロジェクト同士のコラボグッズが無料で送られる。

NFTを保有していると実物アートを購入するときに割引価格で手に入れることができる。

物理的な利点以外にも海外のプロジェクトではNFT保有者をパーティーに招待するなどコミュニケーションの時間と場所を提供しています。

これは、ファンの繋がりを "強固" にし "愛着" を高めます。

NFTの良い点は、コミュニティ、組織、チームなどの人間が集合体として集まる場所でいわゆるエンゲージメントの獲得、"結束力" を強くするでしょう。

 

不正行為を止める証明証の利用価値

NFTは、トランザクションにトークンの動きと所有者を追跡するための記録がすべて残ります。

NFTトークン標準になっているイーサリアムのERC-721やERC-1155などは、資産の所有者確認を簡単にします。

トークンの利用方法としては、物理的なモノを購入する前に簡単に本人として確認することができます。

実物を生産している製造会社は、NFTの「鋳造」「販売」することで購入者に所有権の認証を結びつけます。

市場で販売された実物は本物かどうか確認することができるのです。

NFTは、紙、コップ、車、スマホ、服などのように損傷したりすることがないので所有者の真意を確かめる「証明証」として活用が見込まれます。

ブロックチェーンの分散型台帳技術は、情報を台帳に書き込まれるため、偽造や改ざんがきわめて困難です。

「記録」「保管」「証明」を多数の人達で共有する技術として使われています。

 

トークンの重要性

トークンの重要性について解説します。

使われる用途や種類については、レゴブロックのように無限大の可能性を秘めています。

結論:トークンは人間の未来です。

トークンは、人間が使う物理的な資産と紐付けた価値の未来です。

トークンを使った方法は次のように複数あります。

• NFT(非代替性トークン)

• DiFiトークン

• ガバナンストークン

 

NFT(非代替性トークン)

NFTは、希少性が高い資産の所有権を表します。

クリエイターが作成したデジタル上の作品をコピーされたり、知らない場所での共有を困難にすることができる技術です。

クリエイティブ作品をファンと一緒に共有することで関係性を強固にし、価値を高め合うことが可能になります。

これは、「唯一無二」のNFTを使った技術革新です。

 

DiFiトークン

DiFiトークンは、現代社会の銀行と同等システムを目指しています。

暗号資産である、イーサリアムをベースにしたプロトコルが生まれています。

プロトコルとは?

コンピュータのデータ構成や方法の手順をあらかじめ定めた送受信をおこないます。

プロトコルが自動的にトークンの発行をすることで銀行と同等の機能を果たし、「預入」「貸付」「運用」「取引」を可能にします。

 

ガバナンストークン

ガバナンストークンは、コミュニティ内の意見を決定するための議決権として使う仕組みです。

議決権とは?

アイデアや意見について投票を行うことができる権利のことです。

一般的に株式会社では、株主総会が開催されます。

会社の決算発表から株主総会の間に、株主に株主総会の議決権行使書が郵送され、株主はそれぞれ議決権を行使します。

株主が企業を牽制できる数少ない場は、基本的に株主総会のみです。

株主総会では、会社全体の運営方法や資産の使い方など大切なことが決められます。

1つの事案に対して議決権を持つ人が賛成 or 反対の票を入れます、票の数は1人1票ではなく、株の保有数に応じて決まります。

これが株式会社の仕組みです。

ガバナンストークンは、株式会社でいうところの株式と同じような用途として使えます。

保有するトークンが増えれば投票権も増えるので、NFTやDiFiのプロジェクトに直結することは発言権を得ることができます。

 

結論:資産を守るためにNFTは活用されます。

クリエイターやプロジェクトにとって今後の時代は、NFTの活用が増えていくでしょう。

 

最後のポイント

NFTは、大切な資産の所有権を表す技術であり、プロジェクトの未来、クリエイターの未来、そして「ファン」にともに共有する未来の形です。

スポンサーリンク

-NFT