NFT

【悩み解決】Hiddenに届いたNFTを安全に削除する方法を解説

NFT

 

ナカムです。

本日は「NFTを安全に削除する方法」を解説します。

本記事で分かる内容

•  安全に削除する方法

•  NFTのゴミ箱使い方

この記事の目的についてです。

NFTを始めた方は経験があると思いますが、毎日のようによく分からないNFTがウォレットに送られてきますよね。しかも「スパム」「フィッシング」が多い世界です。NFTや暗号資産を盗まれてしまった方が後を絶たない状況です。

そして、Hiddenに届いたNFTを触ってウォレットがハックされる可能性も「ゼロ」ではないので、安全にNFTを削除できるツールの使い方を解説していきます。まず最初に次のようなNFTは触らない方がいいです。

 

□触らない方がいいNFT

次のようなHiddenに届いたNFTは触らない方がいいです。

•  独自コントラクトのNFT

•  ツールで表示されないNFT

•  URL記載のNFT

•  MetaMaskの承認のNFT

上記の通りで独自コントラクトで作成されている場合は、ハッキングのプログラムを組み込まれているかもしれないので放置です。そして、届いたNFTの中に記載されているURLは、アクセスしないようにしてください。アクセスしただけでもハッキングに合う可能性も「ゼロ」ではないです。もし、アクセスしてMetaMaskの承認が起動した場合は、「承認」をしないでくださいね。これは、ハッキングされるかもしれないので要注意です。

実は、ぼくにもクマっぽいNFTがHiddenに届いています。危険なので触らないように放置中です。

とにかく、Hiddenに届いたNFTは触らない方が無難です。しかし、ウォレットにあるだけでも気分的に嫌ですよね。そこでツールを使った削除の方法を後ほど解説していきますね。始めに、OpenSeaのHiddenについて学んでいきます。

※補足としてMetaMaskなどのネットに接続する機会が多いウォレットは取引用として利用する。大切なNFT、暗号資産は保管用のウォレットとして「ハードウェアウォレット」をおすすめします。詳しくはこちらの「【基礎を解説】NFT&暗号資産を安全に保管する方法」をご覧ください。

次は、OpenSeaのHiddenについて解説をしていきます。

 

□OpenSeaのHidden

そもそもの話しになりますが、OpenSeaのHiddenとは何でしょう?これは、OpenSeaの独自機能です。現在、PolygonのNFTを第三者から転送された場合はHiddenに入る使用になっています。ETHの作品については第三者から送られてきた場合、「Collected」に収納されます。

※OpenSeaの仕様は度々、変わりすのご注意ください。

OpenSea公式ツイッターのアナウンスはこちらです。

それでは、安全な削除方法とツールの使い方解説していきます。

 

□HiddenのNFTを安全に削除する方法

ツールは次の「TrashBox for Spams v2(ごみ箱V2)」というのを利用します。

ツールを使ってHiddenに送られてきたNFTを削除できるのは、次のようなものに限定されます。

•  OpenSeaの共用コントラクト

•  Polygonチェーン

現状、上記のNFTは削除が可能です。

機能の概要についてはこちらの記事で紹介されていますので、利用前に読むことをおすすめします。

使い方の手順です。

手順

1. TrashBox for Spams v2にアクセスする

2. MetaMaskに接続する

3. 破棄したいNFTの「捨てる」を選択する

4. 「②THROW OUT」をクリックする

5. MetaMaskが起動してガス代(MATIC)を支払う

6. 「DONE」が表示されたら完了

 

1. TrashBox for Spams v2にアクセスする

2. MetaMaskに接続する

アクセス後に右上の「Connect」をクリックし、MetaMaskに接続します。

 

3. 破棄したいNFTの「捨てる」を選択する

下記のように削除したいNFTの「捨てる」を選択します。複数の選択も可能です。

※間違わないように選択は慎重にしましょう。

 

4. 「②THROW OUT」をクリックする

 

5. MetaMaskが起動してガス代(MATIC)を支払う

 

6. 「DONE」が表示されたら完了

処理が進むと画面が真っ白になる場合がありますので、ブラウザの「リロード」をすると選択したNFTは削除されています。

補足:OpenSeaのHiddenに入っているNFTの中で、「ゴミ箱V2」に表示されていない場合でも削除は可能です。「ゴミ箱V1」に切り替えて削除したいNFTの「ID」を「TolenID」に入力すれば削除ができます。注意点としては、OpenSeaの共有コントラクトのみです。

※「ゴミ箱V2」に表示されていないNFTは基本的に触らない方が無難です。

手順

1. 「ゴミ箱V1」に切り替える

2. OpenSeaのNFTに入り、「Tolen ID」をコピーする

3. 削除したいNFTの「Tolen ID」に入力する

4. 「②THROW OUT」をクリックする

5. MetaMaskが起動してガス代(MATIC)を支払う

6. 「DONE」が表示されたら完了

 

1. 「ゴミ箱V1」に切り替える

2. OpenSeaのNFTに入り、「Tolen ID」をコピーする

 

OpenSeaのNFTに入り、「Tolen ID」をコピーします。ゴミ箱V1の「Tolen ID」に入力します。

3. 削除したいNFTの「ID」を「TolenID」に入力する

4. 「②THROW OUT」をクリックする

「ゴミ箱V1」の「TolenID」にOpenSeaでコピーしたのを入力した後に「②THROW OUT」をクリックします。

 

5. MetaMaskが起動してガス代(MATIC)を支払う

6. 「DONE」が表示されたら完了

 

□Hiddenに届いたNFTを安全に削除する方法まとめ

最後に内容の要点をまとめます。

•  「TrashBox for Spams v2(ごみ箱V2)」を使う

•  ツールで削除できるのはOpenSeaの共用コントラクトとPolygonチェーン

上記のNFTはツールを使って削除ができるので試してくださいね。そして、次のようなHiddenに届いたNFTは触らない方がいいです。

•  独自コントラクトのNFT

•  ツールで表示されないNFT

•  URL記載のNFT

•  MetaMaskの承認のNFT

何度もいいますが、Hiddenに届いたNFTは基本的に触らない方が無難です。しかし、ウォレットに表示されているのは気持ちが悪いですよね。このような時は、ツールを使って削除をしましょう。

最後に、スパムやフィッシングが多いNFT、暗号資産の世界では「自己防衛を高める」ことが必須です。大切な資産はハードウェアウォレットに移動させて保管する方が安全です。

それでは、NFT 暗号資産を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

-NFT