OpenSeaヘルプQ&A

OpenSeaのブロックチェーンはどれにサポートしていますか?

OpenSeaヘルプQ&A

 

こちらでは、OpenSeaがサポートしているブロックチェーンのことを説明します。

 

OpenSeaは、「Ethereum」「Polygon」「Klatyn」の全体でクロスブロックチェーンサポートを提供しています。

 

Ethereum

Ethereum公式サイト

トークン:ETH

イーサリアムは、2015年に発売されたスマートコントラクト機能を備えた分散型のオープンソースブロックチェーンです。イーサリアム(ETH)は、イーサリアムブロックチェーンの仮想通貨です。

OpenSeaでは、イーサリアムブロックチェーンでの取引手数料・トランザクション(ガス手数料)を支払うために使用されます。OpenSeaのガス料金は需要と供給によって決定され、ネットワークの使用状況に応じて変動します。

ガス料金については、次を参照ください。

 

 

polygon

polygon公式サイト

トークン:MATIC

Polygonとは、以前「MATIC」のNetworkとして知られていました。ETH、USDC、DAIなどのイーサリアム通貨とのスケーラブルで安全かつ、トランザクションを提供する独立したブロックチェーンの一つです。

イーサリアムのの1つとして、仮想通貨はイーサリアムのブロックチェーンからポリゴンに「ブリッジ」する必要があります。簡単に考えるとpolygonをイーサリアムの兄弟と考えてください。通貨は似ていますが、2つのブロックチェーンにはわずかなトークンの違いがあります。

OpenSeaは、2021年7月以降、ユーザーがPolygonを使用して、取引手数料を支払うことなくNFTの「作成」「購入」「販売」できるようになり、基本的にガス料金のない市場が生まれました。

 

Klaytn

Klaytn公式サイト

トークン:KLAY

Klaytnは、韓国のインターネット会社Kakaoによって開発されたブロックチェーンです。Klaytnは、2019年6月27日に、次の仕様でメインネットのCypressを立ち上げましした。ユーザーは、Kaikasウォレットのブラウザ拡張機能を使用して、OpenSeaでKlaytnNFTを売買できます。特徴としては、イーサリアムのほぼ1/10の低ガス価格です。

スポンサーリンク

-OpenSeaヘルプQ&A
-