OpenSeaヘルプQ&A

アルトコインとは?

OpenSeaヘルプQ&A

 

こちらでは、アルトコイン(オルトコイン)について解説します。

 

アルトコイン(オルトコイン)とは、Alternative Coin(代替通貨)の略語です。

仮想通貨(暗号資産)の先駆けであるビットコイン以外を指しています。また、ビットコインの基盤技術で使われているコードを参考にして開発されたコインです。

世界中で1,500種類以上のアルトコインが存在しており、代表的なアルトコインとしてはイーサリアム、XRP、ライトコイン、NEM、などがあります。

日本発の代表的なアルトコインとしてはモナーコインがあります。

独自のサービスを前面に出して成長を遂げている将来有望なコインです。

 

長所

アルトコインの長所としては、ビットコインの混雑時に送金のトランザクションが遅くなる。

独自の「仕組み」を生み出し、混雑時の解決しているコインも存在します。

また「分散型金融」を発展させ、銀行や証券会社のような役割も果たしています。

他にも金銭通貨として以外の用途を持つ「NFT」「機能性コイン」「トークン」もある。

 

短所

利益を得る観点からでは、ビットコインよりも価格の変動が激しく、大きな利益を得るチことが可能です。

種類によっては、流動性や時価総額が低く、信頼性や安全性に問題があるものも多いため、見極めが難しく投機的な要素も強い。

 

保存方法

ビットコインと同じく仮想通貨のウォレットを使用し、購入したアルトコインを保管します。

また、ウォレットの種類も多数存在する。

(ウォレットの記事リンク)

個人で管理しているウォレットについては、ハッキングされる可能性があるため厳重に管理する必要があります。

スポンサーリンク

-OpenSeaヘルプQ&A
-,