【事実】不動産で条件が良い家を購入する3つの方法と上手な準備

不動産

不動産

nakamuです。

nakamu
nakamu

条件が良い家は、どのようにして購入ができるの?

上手な方法はあるのでしょうか?

まずは結論からです。

条件が良い物件は早い物勝ちです。

不動産を購入するには人生で数回あるかどうかです。

全く分からないものに対してお金をたくさん使うのは誰でも不安になります。

決断するまで多くの悩みをかかえるでしょう。

たくさんのことに悩んでいる精神状態のまま、早い物勝ちと言われても困惑します。

この記事は、良い物件を購入する準備や確認について3つの方法が書かれています。


悩む時間をできる限り減らしながら良い決断ができる方法について、具体的に解説をします。

前提として、良い条件の物件は他の方も魅力的に感じるため、購入の決断が遅ければ他の方が先に契約を進めていることがある度々あります。

検討の時間はできる限り「短く」「早く」が鉄則です。

ただし、立地や建物をあまり見ないで曖昧に決めてしまうと後から後悔します。

時間をかけて確認すると不安なことは減ります。

不動産は購入まで遅くても早くてもタイミングが難しいです。

条件が良い物件を購入する方法は次の通りです。

条件が良い条件を購入する3つ方法

◯ 相談をたくさんする

◯ 現地へ行く

◯ 購入前の事前準備


誰よりも良い家を買えるための「相談」「確認」「準備」について解説します。

この記事で分かること

家を購入する前の具体策

家を購入する条件の整理

家を購入する資金の準備


条件が良い家を購入する方法

結論としては、できる限り、早く情報をたくさん集めて他者に意見を聞きながら充分に検討を重ねる。

これだけです。

不動産を購入する機会は人生で数回あるかないかの状態です。

決断は大変ですが、なるべく検討する時間を減らしていけるように事前の準備は前もって行っておくと、契約までの流れがスムーズに進みます。

条件が良い家を購入する詳しい具体策 

詳しい具体策については次の2つです。

・事前に準備をすること

・欲しい物件の条件を整理すること

この2つを押さえると、欲しい家が見つかったときにスムーズな行動へ移せるでしょう。

また、物件の申し込みをする前に希望する家の条件を考えておくことで検討の時間を少しでも減らすことができます。

一般的な希望条件で多いのは次の通りです。

多い希望条件

◯ 間取り

◯ キッチン

◯ お風呂

◯ 収納

◯ 庭

◯ ベランダ

◯ 駐車場スペース


次に前提として、100%満足する家は不可能です。

家に住んでみると、生活で使いやすいものに関しては様々な助けになるでしょう。

ただし、実際に住み続けて行くと、ストレスと感じることも出てきます。

例えば次のようなことです。

・設備の使い方

・間取りの吹き抜けで夏は暑いし、冬は寒い

・ベランダが狭い

・玄関の靴箱収納が少ない

・クロスの汚れが目立つ

・キッチンのスペースが狭い

・庭の手入れが大変

・風呂の浴槽が狭い



このように、家の購入前には気がつかなかったことなどがたくさん出てきます。

住宅は、展示場やオープンハウスなどで見て回る場合と、実際に住んでから感じる「生活感」は全く違い、後から後悔することが必ずあります。

できる限り、後悔することを減らすには、ご自身の希望する「部屋数」「キッチン」」「コンロの設備」「収納の広さ」「お風呂の浴槽に関する大きさや色」「庭の広さ」「駐車場に車が2台以上置けるスペース」などを決めることです。


ここだけは、譲れない」順位を決めると、実際に住んだ後でも満足できる良い条件の物件が手に入ります。

家を選ぶ希望条件については、70%ぐらいにおさえることで、住んでから「ストレスなく」「快適に」日々の生活を過ごすことができるでしょう。

資金の準備と計画を立てる

資金の準備を事前に考えておくことで、欲しいと感じた物件が誰よりも早く決断できるでしょう。

住宅の購入はたくさんのお金が必要です。

普段の生活費、娯楽費、通信費、保険代、光熱費などを踏まえた将来的なライフプランを考えた上で、住宅に使えるお金の資金計画を立てると、不安なく老後が過ごせるようになります。

資金の準備と計画の詳しい具体策

家の購入には「住宅ローン」を組まれる方が多いでしょう。

希望条件に近い、物件が見つかったときに他の人よりも先に契約を交わすには、ローン審査を事前に通す必要がります。

もし、同じ物件に対して何人も申し込みがあった場合は住宅ローンの審査で通過した人が優先的に契約を進めます。

また、ローンの審査は金融機関の稟議や申し込み者の「返済能力」「勤め先」などの審査を通すため、時間がかかります。

欲しい物件が見つかってからでは、時間のロスが出てしまうため数カ所、金融機関の方と事前に住宅ローンの相談することをオススメします。

資金の事前準備に必要なもの

購入する前に事前準備を行うと、購入の検討と決断がスムーズに行えます。

家の購入で住宅ローンを考えている方は、事前審査に必要な書類を準備すると良いでしょう。

事前準備は次の通りです。

資金の事前準備

○ 本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカード)

○ 保険証・社員証

○ 収入証明書(源泉徴収票2期分)

○ 印鑑証明書(ローン契約で必要)



紹介した4つを参考にしながら事前に準備することで、欲しい物件が見つかった時に検討の時間が短縮できますので、他の方よりも優先的に契約を交わせる確率が上がります。

条件が良い家を購入する上手な方法まとめ

不動産で条件が良い物件を上手に購入する方法について紹介をしました。

最初に話した通り、「条件が良い物件は早い物勝ち」です。

他の方よりも条件が良い物件を手にいれるには事前に「欲しい物件の条件を整理する」「資金の準備と計画を立てる」ことを先に進めておきます。



家は、縁とタイミング次第のところもありますが、気にいった物件が購入できなくても住宅は、たくさんあります。

もし、買えなくても落ち込む必要はないです。

常に第1候補や第2候補を決めておくことで、いずれは「末永く住む住宅」に巡りあうでしょう。

何事も次の行動へ早く移せるように心がけるのが賢明です。