Apple

Apple Watchを使ったiPhone顔認証ロック解除と設定について解説

Apple

 

ナカムです。

 

ナカム
顔認証のフェイスIDロック解除についてです。

 

この記事は、Apple Watchを使った「顔認証ロック解除方法」です。

マスクを付けたままでも、iPhoneのios 14&Apple WatchのwatchOS 7があれば「フェイスIDロック解除」が出来るようになりました。

これは便利なバージョンアップです。

コロナが流行してから、マスク必須の社会となり、iPhone「フェイスIDロック解除」に対してストレスを抱く方は多いでしょう。


設定方法を解説します。

Apple WatchのiPhoneフェイスIDロック解除設定



設定方法については以下の通り。

ここに文章を記載する

 

• iOS 14.5 以降を搭載した Face ID 搭載モデルの iPhone (iPhone X 以降)

• watchOS 7.4 以降を搭載した Apple Watch Series 3 以降

※この機能を使うには、以下の環境が整っていることも必要です。

• Apple Watch が iPhone とペアリングされている。

• iPhone と Apple Watch で Wi-Fi および Bluetooth が有効になっている。

(Wi-Fi ネットワークに接続されている必要はありません)

• Apple Watch にパスコードが設定されていて、「手首検出」が有効になっている。

• Apple Watch を手首に装着していて、そのロックが解除されている。

• 口と鼻がマスクで覆われている。

 

続いてiPhoneの設定です。

• iPhone で設定 App を開きます。

•「Face ID とパスコード」をタップし、パスコード入力します。

• 下にスクロールして「Apple Watch でロックを解除」を表示し、Apple Watch の名前の横でこの機能をオンにします。

• Apple Watch で「手首検出」が有効になっていない場合は、この段階で有効にするように案内されます。

 

APPLE WATCHでロック解除画面、◯◯◯◯のApple Watchボタンを「ON」です。

 

フェイスIDロック解除不具合

マスクを付けている時に、iPhoneのフェイスIDロック解除がたまに実行されません。

おそらく、iosまたは、watchOSの不具合だと推測される。

使っているApple Watch Series 3をwatchOS 7.4に更新してからです。

もし、フェイスIDロック解除が実行されない場合は、以下の通りに設定を変更します。

参考までに。

設定のFaceIDとパスコードをクリック

設定へ入り、FaceIDとパスコードをクリックします。

パスコードを入力

次にパスコードを入力します。

Apple WatchのボタンをON、OFF

APPLE WATCHでロック解除画面、◯◯◯◯のApple Watchボタンを「OFF」→「ON」

 

この方法でもフェイスID解除が直らない場合は、Apple Watchの電源を「OFF」→「ON」にすると、解除が実行される。

端末は不具合が付き物です。

様々な対処方法を取りながら、参考にして頂けるとと幸いです。

 

Apple Watch SE GPSモデル 40mm MYDM2J/A ホワイトスポーツバンド((1214407)【アップル】【アップルウォッチ】【新品】

 

スポンサーリンク

-Apple