【簡単】誰でも出来る副業、現役の会社員が実践してきたオススメ7選

副業

副業

nakamuです。

この記事は、現役の会社員が実践してきた、オススメの副業について書かれています。

nakamu
nakamu

何故、副業なのか?


日本の会社は年々、”年功序列”と”終身雇用”の減少傾向へ向かっています。

そのため、会社員のお小遣いも減り続けています。 

将来について不安な方も多いでしょう。

この将来に対して不安な方へ、副業の始め方、進め方、選び方などの”悩みと解決”についての記事となっています。

会社員が副業を考える理由について

今のご時世、真面目に会社員を勤め上げても中々、給料がアップしない時代へ突入しています。

一重に日本経済が停滞気味だからです。


nakamu
nakamu

要するに「お金が回っていない」状況。


経済とは、お金を使う人がたくさんいると、回り回って会社にお金が流入します。

そうすると、働いている労働者へお金を給料としてたくさん渡す事が出来ます。

この、お金の流出入が現代社会は減っている為、働いている人に対して給料が中々増えないと言う、”悪循環”。

ただ、中には成果を出して給料アップをしている方もいます。

また、会社員として働きながら副業でお小遣いを増やしている方もたくさんいます。

特に現在の会社は人件費に対してシビアな時代となっていますので、副業をする方が増加傾向。

政府も副業を進めている時代となっており、厚生労働省も法整備も少しづつ進めている状況です。

その他として政府が働き方改革を進めている為、会社側も残業を減らす方向へ舵を切っています。

今までは残業手当を目当てに働いていたサラーリーマンの方も多いかと思います。

政府の副業・兼業の促進

政府も働き方改革を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

様々な企業も徐々にですが副業解禁を進めています。

その辺り、ご自身が勤めている会社の就業規則をご確認して頂けると安心して副業・兼業が可能です。

副業についてい厚生労働省参照

厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革

実現会議決定) を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

厚生労働省

リスクが伴うサラリーマンについて参照


会社員が副業をするメリットについて

皆さんは会社員として毎日仕事に勤めている方が大多数だと思います。副業をするメリットとしての一番は自分の「スキルが低予算でアップ」出来ます。

例えば、スキルですぐに思いつくのが資格

資格を一つ取得するにしても教材を取り寄せたり、勉強会へ行ったり、資格の受験を受けたりと、お金と時間が相当掛かってしまいます。

その辺り、副業でしたら自分の時間と自分の予算次第で、最初はお金と時間を掛けずに、自分のペースで出来ます。自分の予算範囲で副業を行えば、もし失敗してもダメージは少なく済みます。

副業からのスキルアップ

副業と言えども、対価としてお金を頂く、もしくはお金を貰わずに”無料でご自身を売り込む”事が出来ます。ご自身の価値として市場(社会)で必要なスキルを磨く事が出来ます。

しかも、副業で磨いたスキルを会社員の方へフィードバックすれば、仕事へ生かせる事が出来ます。

また副業と会社員のスキルを双方で補いフィードバックすると、それぞれの仕事で好循環が生まれます。

nakamu
nakamu

つまり、ご自身の信用力がアップします。


副業はメリット大です。

もう一つは、現在の日本社会で問題となっている、少子高齢化。

働き手が減っている為、人件費が高騰しています。

その辺り、企業経営者の立場としては、働いている人に対しての給料が重荷となっています。

会社の利益が減りつつあります。

会社側の立場としては、人材育成までお金の余裕が無くなりつつあります。

率直に、ご自身で副業からスキルアップをしていくと勤めている会社側も人材育成費を削減出来る為、大変、有難いと言う訳です。

副業からの転職

副業からご自身のスキルアップをコツコツ続けていくと今まで自分が出来なかった事が出来始めたり、今まで自分が気付かなかったスキルが見つかったりと、大変有意義なものとなります。

また、会社員として転職をする時にも、ご自身の市場価値を意識しながら副業からのスキルアップを行う事によって転職が有利になります。

仕事の引き出しとスキルの武器がたくさんあると、転職活動を行う時など、断然有利です。

副業からのお小遣いアップ

率直に、副業をする事によって、ご自身が自由に使えるお金が増えていきます。

普段の食事代、住まいの家賃代、ローン代、光熱費などは会社員の給料で支払い、安定的に生活が出来ます。

ただ、自由に遊ぶ娯楽費、旅行代などは普段の節約から捻出する方がほどんだと思います。

その辺り、副業をする事で自由に使えるお金が増える

副業をする事で1万〜100万までお小遣いが簡単にアップします。

実際にわたくしは、会社員以外の収入として副業を始めてから月に「10万円〜40万円」お金を自由に使えることが出来ました。



また、副業で稼いだお金を株式・不動産へと繋げて、さらに複利のお金を生み続けています。



結論:副業はメリットしか無いです。

副業、オススメ7選

次のように、様々な副業があります。

①ネット物販

②ブログ

③アフィリエイト

④クラウドソーシング

⑤スキルシェア

⑥バイト

⑦不動産投資


①ネット物販

一番、副業で手取り早いのがネット物販です。

簡単に物を安く仕入れて高く売る。マージンの副業です。

例えば、Amazon・メルカリ・ラクマ・PayPayフリマ・ヤフオクなどで仕入れた後、それぞれのプラットフォームで高く売り、利益を出す。

横から横へ流すだけで、誰でも簡単にお金を稼ぐ事が出来ます。

まずは、それぞれの場所で売っている「値段」と「物」を調べる。

ご自身が興味ある物から少ない数で仕入れ、売ってみる。

これを続けていくと「何処で」「何が」売れているのかが、少しづつ見えてきます。

ネット物販は、誰でも簡単に出来る副業です。

ネット物販についての参考記事です。



②ブログ

ブロブについては文章を書くのが好きな方、文章を書くスキルをアップしたい方には大変オススメな副業です。

ブログは一度、書かくと安定的にお金が入ってくる為、サラリーマンの延長線上で行う事が出来ます。

”好きな時間”に”好きな事を記事”として書く事が出来ますのでストレスも少なく出来る副業の一つとなっています。

ブログのメリットとしては、コツコツ文章を書いていくと、ご自身の文章力スキルアップします。

いつ間にか文章を書く力量が向上

また、ご自身でレンタルサーバーとドメインの契約を行い、ブログのWEBサイトを作ります。

WEBサイトは「CSS」「HTML」使うため、エンジニアのスキルを身に付けることが出来ます。

ブログは本業の会社員でも大変、生かせる副業となっています。

ブログは、ご自身の資産となるため、長期的なお金が入ってくるでしょう。



わたくしのwordpressを使ったブログです。


nakamublog |



レンタルサーバーとドメインはエックスサーバーを使っています。

③アフィリエイト

アフィリエイトとは簡単い言う所、ご自身が書いた文章、ブログなどで企業の転職紹介、商品、サービスなどから対価として広告収入を得る副業です。


まずはブログなどで記事を書いて、企業に対して様々な紹介もしくは誘導をする事で消費者に使って貰います。

まずは、ブログの開設が必要です。

記事の作成については、少しづつ続けていくと、自分の中でテンプレートが出来上がります。

後はコツコツ書いていくだけです。

何事もお金を得るにはコツコツと時間が必要ですが、アフィリエイトでサラリーマンとして別の収入を得る事が誰でも簡単に出来るでしょう。


一般の会社員でも1万〜100万は稼げるのがアフィリエイトです。


nakamu
nakamu

わたくしのアフィリエイト、一部記事は、こちらです。




こちらのアフィリエイトを実際に使っています。


A8.net

人気No.1A8.net は大変オススメです。




もしもアフィリエイト


アクセストレード

アクセストレード パートナーサイト募集


afb

カンファレンスバナー



④クラウドソーシング

わたくし自身も長年、やってきた副業の一つがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは?

企業・個人の方達がインターネット状で仕事をやって欲しい方と仕事を探している方とをマッチングする副業です。

大手の有名所では、

1、クラウドワークス

2、ランサーズ

クラウドソーシングについて

①無料会員登録をする

②自分の得意な事を押す

仕事受注する

④予算を組む

仕事を納品する

無料登録については2分〜5分で終わりますので、まずは無料登録をオススメします。

クラウドソーシングの紹介欄です。

Craudia

⑤スキルシェア

副業として誰でも簡単に行えるのが”スキルシェア”です。

サラリーマンで培ったスキルを副業として収入が得られるのでストレスなく、大変嬉しいお金の稼ぎ方です。

また、わたくし自身も数年利用してきたスキルのフリマと言われているココナラが一番の有名所です。

ココナラではご自身がサラリーマンでのスキルが生かせるのと、サラリーマン以外のスキルアップとお小遣いが稼げる事が出来ます。ココナラでスキルアップをしつつ、お金も稼げる、またサラリーマンへとフィードバックをすれば本業での給料アップも見込めるので大変、有意義な副業となっているのがスキルシェアです。

このスキルシェア、ココナラを使って看護学生から、レポートの代行業を行っています。



⑥バイト

昔も今もサラリーマン以外でお金を稼ぐ手段の一つがバイトです。

バイトのほとんどは時間給となっているので、スキル不要でお金を稼ぐ事が出来ます。

その他として、バイトとして働いている内に、評価が上がりヘッドハンティングをされる事もあります。

その後、思わぬ所で転職先となる場合がります。

デメリットとしては、サラリーマンの就業規則で「囲い雇われは禁止」という会社がほとんどですので、会社側にバレた時には、上手な言い訳が必要不可欠となります。

その辺り、副業としては「ネット物販」「ブログ」「アフィリエイト」「スキルシェア」「不動産投資」が最も有意義なものとなっています。



不動産

不動産投資は、多くの会社員、公務員の方が行っています。

公務員については、制限がありますのでご注意ください。

不動産については主に、二つのお金が入ってきます。


一つは、実際に不動産物件を購入後、家賃を入居者から頂く賃料。

インカムゲインです。

二つ目は、購入した不動産物件を買主へ売買する。

キャピタルゲインです。

インカムゲインとキャピタルゲインについては、こちらの記事が参考になります。



家賃として毎月定期的にお金を頂く。

いわゆる不労所得と言われています。

nakamu
nakamu

不労所得については、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん 貧乏父さん」の本が有名です。



もう少し、不動産について説明します。

最初にですが、どんな副業でもリスクはあります。

特に不動産は、動かすお金が大きいです。

その辺り、コツコツ貯金をして、生活などの余力が出来次第、始める方が無難です。

リスクが、かなり減ります。

さらにリスクを減らす場合については、安い戸建てを購入後、ご自身でDIYをすると良いです。

わたくしも、まずは小さく戸建ての再生を行いました。

詳しくは、こちらの記事です。

不動産のメリットは、会社員の与信力をフル活用が出来る為、現金を頭金にして金融機関から融資を受けることが出来ます。

他の副業と違う所は、他者のお金を使い、不労所得として拡大を続ける事が出来ます。

まとめとして、サラリーマンのオススメな副業

何度も言いますが、副業をする事でご自身のスキルアップが一番のメリットです。

また、副業でのスキルアップがサラリーマンの方へフィードバックが出来る為、会社の方でも給料アップが他の人達よりも見込めます。

サラリーマン×副業=スキルとお金アップ

主な副業の稼ぎ方7つ

①ネット物販

②ブログ

③アフィリエイト

④クラウドソーシング

⑤スキルシェア

⑥バイト

⑦不動産投資



個人的には、ネット物販とクラウドソーシング、スキルシェアなどで、お金をコツコツと稼ぐ。

お金と時間に余裕が出来たら、不動産、ブログ、アフィリエイトへの移行が無難です。

貯金がある程度、貯まってきた時には、是非とも不動産投資、オススメです。

是非とも様々な副業にチャレンジして、自由なお金とスキルを手に入れてみては、いかがでしょう。



また、わたくし自身も実際に行っている他の副業。

株式投資は少しづつお小遣いを増やす事ができますので大変オススメです。

まずは投資について知識を少しづつ増やしながらコツコツ少額でのポイント投資を始めていくと、将来に対しての不安が解消されるでしょう。

もし、少額から株式投資をお考えの方はこちらのLINEポイントを投資として運用が出来るLINE証券は大変オススメです。

余ったポイントから数百円で有名企業の株主となり、投資がお手軽に出来ます。

少額なので誰でも不安なく資産の運用が出来る為、投資初心者には大変ありがたいサービスとなっています。

まずは投資について知識を少しづつ増やしながらコツコツ少額でのポイント投資を始めていくと、将来に対しての不安が解消されるでしょう。

また、LINEPayで簡単に入金が出来ます。

もちろん、LINEポイントが使えます。

LINEポイント1ポイント=1円から利用が出来ますので不安な型でもポイント投資から、気軽に始められます。

LINE証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

しかも、1株から配当金を受けとれます。

スマホ特化のシンプルな取引画面のため、複雑な操作で迷うこともないです。

少額からのポイント投資で初めてのデビュー。

コツコツと貯金のように積み立てて、給与またはバイト以外のお金を増やす、資産形成はいかがでしょうか。

口座開設は無料なので、まず開設をして少しづつ使ってみましょう。

LINE証券