DIY

【重要】戸建、マンション、アパートの通気口(換気口)必要性について

DIY

nakamuです。

先日、RC建物内に設置されている通気口の取り替えを行いました。

nakamu
nakamu

通気口の必要性と交換方法について説明をしていきます!!



取り替え前は開口部に金網が一枚、取り付けつけている状態でした。

金網は掃除の不便さと、見た目のデザインがオシャレではなかった為、新しい通気口の取り替えです。

戸建、マンション、アパートなどの建物は室内の空気を24時間、綺麗な状態に保つと快適に過ごせます。

通気口の役割なども踏まえて、詳しくお話しをしていきます。

通気口(換気口)とは?

通気口とは空気の入れ替えを実施する設備です。

他の名称としては、空気を換気するため「換気口」とも言われます。

「通気口」または「換気口」

通気口の役割は、建物内で空気の入れ替えしている為、設置が壊れていたり、ホコリが網目に詰まっていると、様々なトラブルの原因となります。

また、24時間の換気システムは2003年の法改正で導入が義務化されています。

最近の建物は、建築技術が向上しているので機密性が高いため、空気の逃げ場が少ない状態です。

空気の換気を24時間、入れ替えないとカビや結露の原因となる為、通気口は大事な役割となっています。

特にRCは湿気を含みやす為、通気口は必ず必要となっています。

理由は建物の気密性が高いからです。

通気口の天井タイプと壁面タイプについて

通気口は主に壁面と天井の2種類があります。


天井タイプ

このように、天井に設置されている通気口です。

天井タイプの多くは、バスルーム、トイレなど湿気が含みやすい場所に設置されています。

建物によっては、オフィス内も設置がされています。

壁面タイプ

このように、壁面に設置されている通気口です。

外部からの新鮮な空気を取り入れたり、建物内の空気を逃がしたり、常に循環されています。

建物によっては、壁面の上部、下部の位置に設置がされています。

通気口の取り替えについて

わたくしが先日、取り替えた通気口は壁面タイプでした。

設置場所としては部の壁です。

換気口を取り外すと、開口部の奥に、網の切れ端が残っていました。



ここの物件周辺は、コウモリが飛んでいるので、換気口内に入り込んでは、フンをして逃げて行きます。

そのコウモリ対策として網を設置していたと思いますが、ビリビリに破けていました。

換気口を取り外すと、コウモリのフンが大量にありました。


nakamu
nakamu

フンだらけだ!!



掃除後にもう少し立派なアルミ板のパンチを取り付けました。



開口部に新しい通気口の設置です。


アルミ板のパンチはサイズにカットをして、周りにはシリコーンで固定です。

アルミ板のパンチです。



セキスイ シリコーン

シリコーンはこちらです。

新しい通気口の取り付け方法

新しい通気口の設置は、インパクトドリルを使い、ネジで4点の固定をします。



ネジ止めをする位置を決める時には、マジックなどで穴を開ける目印と付けるか、換気口周辺にマスキングテープを何箇所か貼り付けておき、ズレが内容に準備をします。

何ヶ所かマスキングテープ、養生テープなどで仮止めをするとネジが打ちやすくなります。

わたくしが使っているインパクトはマキタです。



隙間埋めシリコーン

次に、換気口の周辺に隙間があった為、シリコーンで埋めます。



また、このようにマスキングテープを使用し、シリコーンの付着部を調整すると、見た目が真っ直ぐ綺麗に仕上がります。



シリコーンの付着後はマスキングテープを剥がします。

マスキングテープの剥がしを忘れていると、シリコーンが固まってテープが外れないため、注意です。

マスキングテープについては3Mが一番、粘着が強いので使うには便利です。

created by Rinker
¥3,828 (2021/09/24 01:50:08時点 楽天市場調べ-詳細)



シリコーンとマスキングテープについてはネットで購入もしくは、ホームセンターで購入ができます。

通気口取り替え完成

マスキングテープを剥がして軽く掃除します。

このように、隙間なく通気口が設置出来ました。


下側



右側



以前の換気口よりも綺麗な状態となりました。

拭き掃除なども簡単に出来ます。

基本は24時間の換気ですが、念のため開け閉めが出来るタイプを取り付けました。

匂いなどが気になる時には閉める事が出来ます。

万が一、通気口に割れなどの破損がある場合には取り替えをオススメします。

今回、使用した通気口(換気口)のメーカーはナスタです。

快適な住まいには通気口の掃除は必要

最後に、通気口は空気が24時間、流れてないとカビ、結露などの原因になります。

その辺り、通気口の掃除は定期的に必要となります。

掃除方法としては、刷毛でホコリを落としたり、雑巾などで拭き掃除をするだけで良いです。

ホコリで通気口が詰まる前に、適度な掃除をして快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

-DIY
-,