投資

【お金】簡単な不労所得とは?リスクが少ないオススメの4つを解説

投資

 

突然ですが、楽してお金を手に入れたいと思ったことはないでしょうか?  

次のようなお金の悩みをお持ちの方は多いでしょう。

✔️ 簡単に不労所得を手に入れたい

✔️ 楽して不労所得が欲しい

✔️ 働かないで不労所得が欲しい

 

誰でも労働に頼らないで楽してお金が欲しいと願っているでしょう。

不労所得には様々な種類があり、手元で使う費用や欲しい収入学はそれぞれ異なってきます。

この記事では、初心者から詳しい人まで、目的にあった方法を4つの種類別にまとめています。

メリット・デメリットの理解を深めながら、ご自身に合ったベストを見つけることが大切です。

できる限り働かないで不労所得を得るための方法を具体的に解説をします。

 

この記事で分かること

  • 不労所得について
  • 不労所得の4選について
  • 不労所得のメリット・デメリット

 

不労所得とは?

 

不労所得とは、どのような意味でしょうか。  

字のごとく、「労働」に頼らないで所得が得られることです。

 ほとんどの方は会社で労働をしながら毎月の給料をもらい生活しています。  

ライフサイクルでは、「家の購入」「車の購入」「交際費」「教育費」などの出費が増えていきます。  

 

給料を増やして、欲しいもの買いたいな…
悩み

 

実は、この20年間、日本の給料は上がっていないため、年収を増やすのが難しい時代になっています。

 

ナカム
常に将来のことを考えながら、生活が楽に過ごせる不労所得の意識を持つことは大切です。

 

人間は健康面でも、いつ体調が悪くなって働けない状態になるのか分かりません。

生きていくと必ず体が老いていくため、労働は一生続けていけないですね。

 

不労所得はどのようにするの?

不労所得でお金を稼ぐには、知識や情報が必ず必要になります。

方法としては、労働をしないで収入が増やせる次の2つを進めていく必要があります。

ポイント

✔️ 仕組み作りお金に働いてもらう

✔️ お金に働いてもらう

 

最初は皆さん同じく分からないことが多いです。徐々に知識を付けながら実務で経験を積んでいくと働かなくても不労所得の収入が誰でも得ることが可能です。

ただし、一番大変な部分は「安定」と「維持」をすることです。

不労所得を得ることができた場合でも本業の仕事やプライベートなどの影響で続けることが徐々に難しくなります。

人間は一日、24時間しかありません。

無理を避けるためにも、不労所得の方法を慎重に判断しましょう。

 

楽ができる不労所得のオススメ4つ

4つの不労所得について紹介をします。

主な不労所得

✔️ 株式

✔️ 投資信託

✔️ ブログ・YouTube・WEBサイト運営

✔️不動産投資

 

紹介をした例は、誰でも始めやすい所得です。

この中でも「株式」は1番、多くの方が気軽におこなっています。

最近では、YouTubeで収入を増やす方が増えてます。

また、現在も不動産投資が王道の不労所得になっています。

具体的に不労所得を得るための簡単な方法について解説していきます。

 

不労所得①:株式

株式は、不労所得の中でも気軽にできるため、人気がある投資です。

 

疑問

株式投資とは?

 

答え

日本やアメリカなどの証券取引所に上場している企業が発行している株式を購入し、株価が上がれば税引き後の利益が自分の収入として得ることができる不労所得です。

 

次に株式投資の具体的な収入方法について解説します。

主に3つの収入源があります。

株式の収入源

✔️ 株式の売却

✔️ 株式の配当金

 

株式投資は不労所得と言われる理由があります。

 

理由

1つ目は、株式を購入した時よりも高く売ることができれば、大きな利益を上げることができます。

 

理由

2つ目は、株式を長期間もっていると配当金が定期的に入ってきます。

キャピタルゲイン・インカムゲイン

株式や投資の世界では次のような用語がよく出てきます。

用語

✔️ キャピタルゲイン

✔️ インカムゲイン

 

株式を購入した時よりも高く売って利益を出す。

 

メモ

株式を長期保有して配当金から利益を出す。

 

メモ

これをキャピタルゲインと言います。

 

株式投資は、お金を使って購入するだけで収入が増える不労所得です。

ココがポイント

株式投資は、日本やアメリカなどの証券取引所に上場している企業が発行している株式を「お金」or「ポイント」で購入し、株価が上がれば税引き後の利益が自分の収入として得られます。

 

 

株式投資のメリット

株式投資は3つのメリットがあります。

株式のメリット

✔️ 年に数回、配当金がもらえる

✔️ 商品・サービスの株主優待がもらえる

✔️ 経済情報に詳しくなれる

 

メリット①

1つ目のメリットは、「配当金」として一定額のお金が得られます。

 

疑問

配当金とは?

 

答え

企業が利益の一部を株主へ還元するお金です。

 

株式投資は、長期的に保有していると配当金がもらえるため、誰でも簡単に不労所得が得られます。

一般的に、日本株式の配当金は「年/2回」、アメリカ株の配当金は「年/4回」発生します。

株式の銘柄を上手に運用すると配当金が毎月、入ってくる方法もあります。

 

 

メリット②

2つ目のメリットは、配当金と同じように長期間、株式を保有していると株主優待が得られます。

 

疑問

株主優待とは?

 

答え

企業から自社の商品・サービスを受け取れる優待券です。

 

企業によっては、株主優待の内容がそれぞれ変わります。

例えば、株主優待で人気のオリックスやJTは「カタログギフト」を受け取ることができます。

また、ギグワークスは流行りのビットコインを株主優待としてもらえるため、人気の銘柄になっています。

株主優待はもらえると嬉しいです。

株式投資は優待目的で株式投資をしている人もいます。

 

メリット③

3つ目のメリットは、日本経済や世界経済の情報に詳しくなることができます。

株式を購入した企業の主力商品は、世の中で期待通りに売れているのか?なぜ、株式は下がったのか?上がったのか?株式は常に、世界経済の影響を受けるため、ニュースやネットの経済情報をチェックすることが大切です。

最新の情報を知ると影響が出ている一部分が見えてきます。気がつくと政治や社会情勢などについて詳しくなっているでしょう。

 

ココがポイント

企業の業績を確認しながら配当・株主優待がもらえる株式を購入する。

 

株式投資のデメリット

株式投資は3つのデメリットがあります。

主株主投資のデメリット

✔️ 配当金・株主優待が廃止になる可能性がある。

✔️ 株式の価値がゼロになる可能性がある。

 

株式投資のデメリットは、企業の業績次第では「配当金」「株主優待」が廃止になる可能性があります。

また、倒産すると株式の価値がゼロになってしまう可能性もあるため、投資をしている企業の業績をチェックすることが重要です。

株式投資はリスクもあるので注意が必要です。

3つ目のメリットを紹介をした通り、企業の業績を確認しながら常に「ニュース」「経済」の情報を知ることが大切です。

 

ココがポイント

損失を出さない為にもニュース・経済情報を常にチェックする。

 

注意ポイント

元本保証がされていない為、上手に運用が進まない場合は、購入したときよりも損をする可能性あります。

 

株式の具体的な購入方法

具体的に株式の購入について解説をします。

まずは、証券会社の口座開設を行います。

有名な証券会社については次の通りです。

おすすめ  証券会社  手数料  ポイント
楽天証券 55円 楽天
SBI証券 55円 Tポイント
LINE証券 0円 買い LINE
松井証券 0円 松井証券
DMM 株 55円 DMM株

 

株式は証券会社によって「お金」or「ポイント」で購入することができます。

例えば、人気のネットショップ「楽天市場」で購入した商品やサービスのポイントが還元された後に「楽天証券」の中でポイントを使って株式購入が可能です。

また、楽天カードで支払った分からポイント還元がされるため、こちらも株式のポイント購入資金になります。

注意としては、期間限定ポイントは株式の購入ができないです。

その他には、LINE VISA クレジットカードで買い物した後にポイントが還元されます。

このポイントを使って「LINE証券」の株式が購入が可能です。

LINE証券は「1株」から購入することができるため、初心者でも気軽に株式ができるでしょう。

このように、コツコツ貯めたポイントを資金として株式の購入をすれば、株の上昇で利益が出ます。

また、配当金や株主優待を受け取ることもできます。

これをポイント株式といいます。

 

ココがポイント

買い物の還元でもらったポイントは、株式の運用に使える。

不労所得②:投資信託

 

投資信託は、投資の未経験者にとって「優しい不労所得」です。

 

疑問

投資信託とは?

 

答え

プロの専門家にお金を運用してもらい、購入した金額で運用益を上げる投資です。

投資信託は、投資家から集めたお金を資金としてまとめて、運用の専門家が株式・債券などに投資運用する金融の商品です。

また、投資信託のことを別名、ファンドと呼びます。

疑問

ファンドとは?

 

答え

多数の投資家から集めた資金を一つにまとめ基金にして収益を還元する仕組みです。

運用については、身近な「銀行」「証券会社」「保険会社」などの販売会社を通して購入します。

引用:一般社団法人投資信託協会 そもそも投資信託とは?

 

また、集められたお金は、資産管理を専門とする「信託銀行」に保管してもらい、運用会社はどのように投資するかを考え実行します。

 

そして、お金を管理している信託銀行に指図することで運用が成り立っています。

引用:一般社団法人投資信託協会 投資信託の仕組み

 

投資信託が運用益を上げることができた場合は、投資した額に応じて「分配金」として不労所得が得られます。

 

ココがポイント

経済や金融について詳しい投資のプロが運用してくれるため、安心して不労所得ができる

 

投資信託のメリット

投資信託は4つのメリットがあります。

主投資信託のメリット

✔️ 初心者でも投資ができる。

✔️ プロの専門家が運用してくれる。

✔️ 少ないお金から始められる。

✔️投資の知識がなくてもできる。

 

投資信託は、知識がなくてもプロの専門家が代わりに運用をしてくれるので初心者に向いている不労所得です。

また、投資信託の商品は最低100円〜程度から少額で投資を始めることが可能になっています。

安心して投資信託を始めることができます。

 

「ほぼ、ほったらかし」で不労所得の収益を得ることが可能です。

 

運用してくれる投資は分散されていることが一番の魅力です。一般的には、株式投資を行うと1つの銘柄にお金を投資しますが、投資信託は分散投資をメインにしています。

 

ココがポイント

投資の知識に自信がない初心者にとって少額から始めることができる「優しい不労所得」です。

 

投資信託のデメリット

投資信託は2つのデメリットがあります。

投資信託のデメリット

✔️ 元本保証がないので積み立てる必要がある。

✔️ 運用の手数料がかかる

 

投資信託は、運用を任せているので経済の状況によっては購入した時よりも下がってしまい、損することもあります。

損をしない為にも「コツコツの積み立て」が必要になってきます。

また、プロの専門家に運用をお願いしているので手数料が別途かかってきます。

ただし、現在では投資信託の商品が5,400本以上あるため、証券会社同士の競争が激しく、手数料が値下げ傾向です。

※引用:金融庁 投資信託説明資料

 

投資信託は、株式と同じく企業の業績や景気によって運用が上昇下降するのでリスクを下げるためにも、貯金のように購入を一定額、積み重ねていく必要があります。

投資信託は、毎月の積み立てをすることでリスクが減少します。

生活する上で負担なく、ジュース1本買うお金を運用へ回し続けると、いつのまにか積み重ねたお金が増えているでしょう。

 

注意ポイント

元本保証がされていない為、上手に運用が進まない場合は、購入したときよりも損をする可能性あります。

 

投資信託のの具体的な購入方法

具体的に投資信託の購入について解説をします。

まずは証券会社の口座を開設した後に、お金を作った専用の口座へ入金します。

次に好みの投資信託商品から選択を行い、購入の流れとなります。

有名な投資信託が購入できる証券会社は次の5です。

証券会社

おすすめ  証券会社  手数料  ポイント
楽天証券 55円 楽天
SBI証券 55円 Tポイント
LINE証券 0円 買い LINE
松井証券 0円 松井証券
DMM 株 55円 DMM株

 

また、投資信託は証券会社によって「お金」or「ポイント」で購入することができます。

例えば、人気のネットショップ「楽天市場」で購入した商品やサービスのポイントが還元された後に「楽天証券」の中でポイントを使って株式購入が可能です。

楽天カードで支払った分からポイント還元がされるため、こちらも株式のポイント購入資金になります。

注意としては、期間限定ポイントは株式の購入ができないです。

このように、投資信託はコツコツ貯めたポイントを使って購入すれば、プロの運用で利益を出すことが可能です。

投資信託の「分配金」から、さらに不労所得が増え続けるでしょう。

 

ココがポイント

還元でもらったポイントは、投資信託の運用に使える。

ポイント運用は株式と同じように、手元にお金があまりなくても運用ができるため、大変オススメです。

まずは、あらかじめ証券口座を開設しておくことが良いでしょう。

 

不労所得③:YouTube・ブログ・WEBサイト

YouTube・ブログ・WEBサイトは最近、人気がある不労所得です。

インターネットを使って広告料から収入を得ることができます。

 

疑問

広告料とは?

 

答え

動画・WEBサイトに表示されている広告のクリックまたは商品を買ってもらうことで、お金がもらえる。

YouTube、ブログ、WEBサイトの見てると端の方に商品やサービスの表示をよく見かけます。

このような表示をされている広告を通して運営者へお金が入ってくる仕組みです。

インターネットの世界で有名な広告は、Googleアドセンスです。

 

疑問

Googleアドセンスとは?

 

答え

運営者のYouTube・WEBサイトに広告を掲載することで収益を得るGoogleの広告配信サービスです。

 

広告配信サービスをGoogleアドセンスと呼びます。

Googleアドセンスの仕組みについて

まずは、YouTube・WEBサイトの収益方法を具体的に解説します。

ご自身のYouTube・WEBサイトを立ち上げたあと、動画やWEBサイトのページ内にGoogleアドセンスの広告を表示します。

動画やWEBサイトを見ている人達が表示されているGoogleアドセンスの広告をクリックすると、YouTube・WEBサイトの運営者に対して広告料の一部が収入として発生する仕組みになっています。

YouTube、ブログ、WEBサイトではGoogleアドセンス以外にアフィリエイト広告から収入を得ることができます。

 

疑問

アフィリエイト広告とは?

 

答え

アフィリエイト広告とは、YouTube・ブログ・WEBサイトを通して、運営者が商品やサービスを紹介すること購入してもらう「成果報酬型」の広告です。

 

運営者が表示したアフィリエイト広告を通して、見てくれた人達が商品やサービスを購入した場合に「◯◯%」の収入が得られます。

アフィリエイト広告の仕組みについて

アフィリエイト広告でお金が発生する仕組みについて解説します。

企業が自社の商品・サービスなどを消費者に購入して欲しいため、広告を作っている会社へお金を払って運用のお願いをします。

次に、広告料から収益を出したい、YouTube・ブログ・WEBサイトの運営者は広告の表示をします。

ここで、広告を通して実際に購入されると企業・広告会社・運営者に対して、それぞれ収益が発生する仕組みになっているのです。

また、広告表示を作っている会社のことをASPと呼びます。

 

疑問

ASPとは?

 

答え

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダー(Affiliate Service Provider)の略称です。

 

広告を掲載してもらいたい企業と運営者のサイトで広告を掲載したい人(アフィリエイター)を仲介する役割です。

YouTube・ブログ・WEBサイトは、企業の広告を紹介することで収益が出せる仕組みです。

 

ココがポイント

広告から自動的にお金が発生するので楽ができる不労所得です。

 

自分で作り出す安定的な収入を「ストック型ビジネス」といいます。YouTube・ブログ・書籍(印税)・音楽(著作権)などでお金が入ってくるビジネスです。その中でも比較的、誰でも始めることができるのはブログでしょう。一般的にブログは個人の生活で経験したことを日記として情報発信します。

実は昔からブログが副収入として入ってくると認知されています。ただ、ブログを初めたけれども、どのようにして、お金がもらえるのか?仕組みが分からない人は多いです。日記のように文章を書くだけでは収益や成果がまったくでません。

ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐには、次の有名ASPがオススメです。

ASP

A8.net

もしもアフィリエイト

afb(アフィb)

アクセストレード

 

YouTube・ブログ・WEBサイトのメリット

YouTube・ブログ・WEBサイトは、メリットが3つあります。

YouTube・ブログ・WEBサイトのメリット

✔️ 少ないお金で始めることができる

✔️ スキルがアップする

✔️ インターネットで稼ぐ知識が増える

 

YouTube・ブログ・WEBサイトのメリットは広告から自動的に収入を得ることができます。

 

メリット①

1つ目のメリットとして、インターネット世界では基本的に無料の運営ができます。

疑問

無料の運営とは?

 

答え

YouTubeは、Googleが運営しているので利用者は無料で使える。

ブログは、ブログ会社が運営しているので利用者は無料で使える。

 

例えば、YouTubeやブログは運営会社が全て運用管理をしているので利用者は、登録をするだけで始めることが可能です。

ただし、ブログの場合は運営会社によって「Googleアドセンス」「アフィリエイト広告」を自由に表示することができません。

自由に広告を表示したい時は、ご自身でブログのサイトを運営すると良いでしょう。

方法としては、レンタルサーバー契約・ドメイン契約を行い、WordPressでWEBサイトを立ち上げ後、ブログ化することで「Googleアドセンス」「アフィリエイト広告」を自由に利用できます。

 

メリット②

2つ目のメリットとして、スキルがアップします。
 

疑問

スキルアップとは?

 

答え

動画編集・ライティング・WEBデザインなどのスキルがアップする。

YouTubeでは、「動画撮影」「動画編集」のスキルアップが可能です。

また、ブログでは「文章」「文章編集」のスキルアップがします。

両方とも必ず、全体の「構成」が必要になるため、アイデアや表現などを「組み立てる」スキルがアップするでしょう。

YouTube・ブログに関しては、見てくれる人たちが「面白い」「悩みの解決になった」と感じてもらえる構成が重要です。

WEBサイトについては、サイト全体のデザインや独創的なクリエイティブのスキルがアップします。

インターネットが広まってからサイトを作るのは、当たり前になっている時代です。

WEBサイトのデザインは、若者の人気スキルになっています。

 

メリット③

3つ目のメリットとしては、インターネットで稼ぐ知識が増えます。

 

疑問

インターネットで稼ぐ知識とは?

 

答え

インターネットの世界で稼ぐ方法は、ネット広告が主流になっているため、お金の流れが知識として付く。

 

インターネットを使いながらYouTubeやブログなどの運営者は、「Googleアドセンス」「アフィリエイト広告」に登録されている広告を掲載をします。

Googleアドセンスに関しては、広告の閲覧orクリック課金で収益が発生します。

また、アフィリエイト広告は、掲載した広告経由で商品やサービスが購入されると、売上の一部が成果報酬として運営者に還元されます。

このような仕組みをしっかり理解していれば自動的に不労所得が入ってくるでしょう。

広告費の発生について理解しながら運営をすると自動的にお金が入ってくるので嬉しいです。

 

ココがポイント

YouTube・ブログ・WEBサイトは、広告からお金がもらえる。

 

YouTube・ブログ・WEBサイトのデメリット

YouTube・ブログ・WEBサイトは3つのデメリットがあります。

YouTube・ブログ・WEBサイトのデメリット

✔️ 収益が出るまで時間と根気が必要

✔️ 運営会社のルールを無視すると停止処分になる

✔️続けないとお金の発生が低下する

 

デメリット①

1つ目のデメリットとしては、収益が発生するまで時間がかかります。

個人が「ゼロ」の状態から始めると認知が全くされてないため、最初は誰も見てくれません。

つまり、広告収入は限りなく「ゼロ」に近いでしょう。

収益が発生するまで半年〜1年以上かかることも視野に入れながら続けていく忍耐力が必要です。

 

デメリット②

2つめのデメリットとしては、運営会社の規約・ルールを無視すると利用登録しているアカウントが停止処分されます。

運営側は、ほとんどが企業です。YouTubeの場合は、企業のGoogleが運営をしています。

ブログの場合は、サイバーエージェントやライブドアなどの企業が運営をしているので必ず規約・ルールが存在します。

 

疑問

なぜ、規約・ルールがあるのでしょうか?

 

答え

企業には社会的責任と秩序を守る責任があるため、利用者側もルール通りに進めていく義務がある。

 

ブログを使って自由に運営したい場合は、メリットでも解説した通り、ご自身でレンタルサーバー契約・ドメイン契約を行い、WordPressでWEBサイトの立ち上げをオススメします。
 

 

デメリット③

3つ目のデメリットとしては、継続的に続けていかないとお金の発生が低下します。

YouTube・ブログ・WEBサイトは見てくれる方が増えてくると世の中で認知がされているため、広告の収益が発生してきます。

ただし、広告費で収益を出している人達が世の中には、たくさんいるので新しい動画や記事を作成して発信しなければ、必然的にお金の発生が低下していきます。

また、Googleの検索順位もYouTubeやサイトの評価が下がるため、収入が減少するでしょう。

YouTubeの動画のやブログの記事を定期的に発信しながら、コンテンツ作りを継続的に続ける必要があります。個人でインターネットのコンテンツ作りは気力と根気が必要です。

このような作業を一人で進めるには、かなりの労力を使いますが半永久的に自分の資産として残るため、広告料から不労所得を得ることが可能です。

 

不労所得④:不動産投資

 

安定した不労所得を得るために不動産投資はオススメです。

 

疑問

不動産投資とは?

 

答え

不動産投資は、「マンション」「戸建」「アパート」などの不動産を購入して、家賃や売買で収入を得ることができる不労所得です。

次に不動産投資の具体的な収入方法について解説します。

 

主に2つの収入源があります。

不動産の収入源

✔️ 家賃

✔️ 売却益

 

不動産投資は、家賃と売却の2つから収入を得ることができます。

また、不動産投資は昔から不労所得と言われる理由があります。

 

理由①

1つ目の理由は、家賃収入から毎月安定的にお金を得ることができます。

 

理由②

2つ目の理由は、不動産を買った時よりも高く売ることができれば、大きな利益を上げることができます。

不動産投資は、家賃と売却の2種類から不労所得が入ってきます。

 

不動産投資のメリット

不動産投資は4つのメリットがあります。

不動産投資のメリット

✔️ 安定した家賃収入が得られる

✔️ 融資を受けて進めることができる

✔️ 業務委託ができる

✔️老後の年金対策になる

 

不動産投資は賃貸として借主へ貸すことで毎月安定した家賃収入が入ってきます。

不労所得は、安定が何よりも一番重要です。

まず、安定した家賃収入を得るためには、不動産を購入する必要があります。

物件を購入する場合、会社員や公務員は融資をしてもらいやすいメリットがあります。

理由としては、会社員や公務員は毎月、安定した給与がもらえるため、金融機関からの信用が高いからです。

また、金融機関から融資を受ける時の信用を「与信力」といいます。

 

ココがおすすめ

給与が安定していると、金融機関は安心してお金を貸すことができます。

 

つまり、会社員や公務員は金融機関から融資を受けながら、不動産投資を行うことが可能です。

融資を使う不動産投資は、次の記事が参考になります。

 

 

不動産投資の良い所は、家賃の回収や入居者のトラブル、物件の修繕などを管理会社へ委託することができます。

不動産投資は本業が忙しい方でも安定した不労所得が得られる手段です。

現在の日本は少子高齢化が進み、働く人達は減り続けています。

一方で、年金を受け取る側は増えているので将来もらえる年金額が減るかもしれません。

不動産投資は、所有している物件を賃貸として貸し続けている間は、安定した家賃収入を得ることができます。

もし、年金の支給額が減っても将来を心配する必要がなくなります。

本業を忙しくしながら安定した給与+家賃による収入が入ると生活やプライベートが充実するため、不動産投資は人気の不労所得になっています。

 

ココがポイント

不動産投資は、安定した家賃収入を得ることができるので将来の年金対策として活用できる。

 

不動産投資のデメリット

不動産投資は3つのデメリットがあります。

不動産投資のデメリット

✔️ 初期投資のお金がかかる

✔️ 不動産の知識が必要になる

✔️ 空室リスク

 

不動産投資は、最初にたくさんのお金が必要になってきます。

登記費用や物件購入費用に使うお金が多いため、失敗すると取り返しがつかなくなり、あとから後悔しても手遅れになってしまいます。

購入額が大きいので入念なリサーチと不動産に関する勉強は必ず必要です。

何事も勉強は必ず必要です。

不動産投資は、基本的に自己資金+融資を受けて物件の購入を進めていくことになります。

そのため、融資を受けた毎月の返済額よりも家賃収入の方が少ない場合は、毎月の給料から補填しなければいけません。

これでは不労所得と言えないため、必ず数字を使ったシミュレーションが重要です。

また、入居者が退去すれば家賃も入ってこないため、空室リスクによる収入源をできる限り抑える好立地の選択が重要になってきます。

 

ココがポイント

1人で知識をつけるには大変なので、実際に不動産投資を行っている方に相談して入念なシミュレーションをしましょう。

 

 

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン

不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンと言われている不労所得です。

自己資金が少なくても中古ワンルームマンション、中古戸建から始めるとコストを抑えながら、収益を出すことができる不労所得になっています。

現在の日本は少子高齢化にともない、空き家が増加傾向のため中古の不動産物件が100万円~500万円で手に入ります。

ただし、何年も空き家が放置されている物件は状態が悪く、リフォーム代にたくさんのお金がかかる場合もあります。

最近は、DIYが流行っているのでご自身でリフォームをしながら上手に不動産投資のコストを下げている方が多数います。

安い物件でも状態を見極めながら出来る限り、リスクは最小限に抑えることが大切です。

 

ココがポイント

中古物件は安く購入できますがリスクも高いので修繕費用をある程度、見積もりましょう。

 

DIYに関しては「向き不向き」があるため、できないことを無理して行うと壊してしまうので難しい所は専門の方に任せた方が無難です。

 

簡単にできるリスクが少ない不労所得まとめ

様々な不労所得の方法やメリット・デメリット・特徴について紹介してきました。

現代社会はフリーランス・個人事業主のように事業所得を収入源にされている方や会社員・公務員のように毎月の給与で収入を得る人など様々な働き方があります。

どのような働き方でも不労所得を賢く得るためには分散することが大切です。

不労所得を得るための方法はたくさんありますが、ご自身にとって「向き不向き」を選ぶ必要があります。

自分に合っていない状態で、無理して不労所得を作ろうとすればストレスが溜まります。

本業まで影響が出ると本末転倒です。

まずは、ご自身の収入・時間を見つめ直しながら不労所得を得るための「余力資金」「余力時間」についてライフプランを少しでも考えることが大切です。

ある程度の流れが見えてくると必要な「資金」「時間」が明確になります。

本業の収入以外に安定した長期の所得を得ることができれば、景気の波に左右されても不安なく楽しい生活が期待できます。

さまざまな不労所得の方法について紹介をしてきましたが、始めから簡単に収入を増やせるものではなく、皆さん同じく失敗や成功を繰り返して経験を積んでいきます。

ときには、嫌になることもあるでしょう。

まずは、自分に向いている方法を見つけるためにも、とりあえずやってみることをオススメします。

スポンサーリンク

-投資
-,